ジャスティン・ビーバー、卵投げ騒動の隣人との民事訴訟が一件落着

セレブ&ゴシップ

  • twitter
  • facebook
卵投げ事件の隣人との民事訴訟が一件落着したというジャスティン・ビーバー
卵投げ事件の隣人との民事訴訟が一件落着したというジャスティン・ビーバー クランクイン!

 教会に通い、モデルのヘイリー・ボールドウィンと結婚して幸せそうな人気歌手のジャスティン・ビーバー。荒れていた時期の2014年1月に、隣人宅に卵を投げつける騒動を起こし裁判になっていたが、元隣人との長年にわたる民事訴訟に終止符が打たれたという。The Hollywood ReporterやFox Newsなどの海外メディアが報じた。

【写真】「ジャスティン・ビーバー」フォトギャラリー

 ジャスティンは2014年1月、当時の隣人だったジェフリー&スザンヌ・シュワルツ氏宅に大量の卵を投げつけるという破壊行為の疑いで、警察の家宅捜査を受けた。破壊行為に関しては検察との司法取引で保護観察となり、修繕費として8万ドル(約900万円)の支払いを命じられ、応じていた。

 しかしその後、シュワルツ氏が2015年、ジャスティンにツバを吐きかけられた、騒々しいパーティーや薬物の使用、危険運転などで精神的なダメージを受けたとして、2万5000ドル(約280万円)以上の損害賠償を求める訴訟を新たに起こしていた。

 今回、どのような取り決めが成立したのか、詳細は不明。裁判所の関連書類には、「完全決着」したとの記載があったとのことだ。

 2013年から2014年にかけてトラブル報道の多かったジャスティン。すでに精神的な平穏を取り戻し、最近は問題行動の報道もなくなっていたが、長期化していた訴訟が決着して何よりだ。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access