『3年A組』今夜スタート、菅田将暉と孤立した29人の生徒…「最後の授業」が始まる

エンタメ

  • twitter
  • facebook
『3年A組―今から皆さんは、人質です―』第1話場面写真
『3年A組―今から皆さんは、人質です―』第1話場面写真(C)日本テレビ

関連 :

菅田将暉

永野芽郁

 俳優の菅田将暉が主演し、ヒロインを女優の永野芽郁が務めるドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)が今夜スタート。謎が連鎖し絡み合う、衝撃のミステリーが開幕となる。

【写真】『3年A組―今から皆さんは、人質です―』第1話場面写真フォトギャラリー

 本作は、卒業式まで残り10日となった魁皇高校、3年A組が舞台の学園ミステリー。生徒たちは、担任の美術教師・柊一颯(菅田将暉)に突然「今から皆さんには、人質になってもらいます」「これから、俺の最後の授業を始める」と告げられる。それは、数ヵ月前に3年A組のある生徒が自殺したその理由を夜8時までにクラス全員が導き出し、不正解の場合は誰か一人に死んでもらうという内容だった。『人質事件』という方法をもって『最後の授業』を行うと決断した一人の教師、そして生徒たちが抱える思い、そして『秘密』を綿密な人間模様と共に描いていく。

 魁皇高校の卒業式まで、残り10日。あとは卒業を待つのみとなった生徒たち。冬から春へ季節を変え始めたこの時、高校生活という一つの舞台は平穏に幕を閉じていくはずだった。担任の美術教師・柊一颯(菅田)は、教卓の前に立ち、いつもと変わらぬ表情で、29人の生徒に衝撃的な一言を言い放つ。「今から皆さんには、人質になってもらいます」と。

 教室の扉には一颯によって特殊な鍵が取り付けられ、自由に開けられなくなっていた。生徒達が戸惑いを感じたその時、廊下の外で一颯が仕掛けた爆弾が爆発。この爆発によって3年A組は孤立し、完全に閉じ込められてしまう。一颯は「これから、俺の最後の授業を始める」と生徒たちに告げ、数ヵ月前に3年A組のある生徒が自殺したその理由を答えるようにと求めるのであった。

 そして、ある生徒が自殺した理由を夜8時までにみんなで導き出し、不正解の場合は誰か一人に死んでもらうと宣告。一颯はクラスの代表として回答役に学級委員の茅野さくら(永野)を指名するのだが…。

 ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』第1話は、日本テレビ系にて本日22時放送(初回30分拡大)。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access