リアーナ、便乗ビジネスに激怒 実の父親を不正行為で提訴

セレブ&ゴシップ

  • twitter
  • facebook
実の父親を訴えたリアーナ
実の父親を訴えたリアーナ(C)AFLO

 バルバドス出身の人気歌手リアーナが、父親のロナルド・フェンティと彼の会社フェンティ・エンターテインメントを相手取り、訴訟を起こしたとE!Onlineなどの海外メディアが報じた。フェンティ氏と同社が第三者に対して、リアーナの代理人かのように振る舞っていたという。

【写真】波乱万丈の歌姫「リアーナ」フォトギャラリー

 E!Onlineが入手した裁判関連の書類には、フェンティ・エンターテインメントが第三者や一般に対して、リアーナと提携していて、彼女の代理人を務める権限があることをほのめかし、リアーナの公演を約束して多額の資金を入手する詐欺行為を働いたとしているとのこと。リアーナは父親の会社とは無関係で、虚偽広告やプライバシーを侵害する不法行為があったことを主張しているという。

 リアーナは音楽の他に、「Fenty Beauty」という「Fenty(フェンティ)」の名が付くメイク商品や下着、ファッショングッズなどを販売するビジネスでも成功しているが、父親は関係ないとのことだ。

 リアーナは自身の「名前、評判、営業上の信用、プライバシー」を守るために、訴訟に踏み切ったという。陪審員による裁判を望んでおり、被告が「FENTY」の商標やリアーナを想起させる言葉を使い、商品やサービスの販売や広告、プロモーションを行うことを禁止する判決を勝ち取ることを目指しているという。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access