クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

佐久間由衣、映画初主演 『“隠れビッチ”やってました。』公開決定

映画

  • twitter
  • facebook
(左から)『“隠れビッチ”やってました。』に出演する森山未來、大後寿々花、佐久間由衣、村上虹郎
(左から)『“隠れビッチ”やってました。』に出演する森山未來、大後寿々花、佐久間由衣、村上虹郎(C)『“隠れビッチ”やってました。』フィルムパートナーズ/光文社

関連 :

佐久間由衣

村上虹郎

大後寿々花

森山未來

三木康一郎

 女優でモデルの佐久間由衣が、2019年公開の映画『“隠れビッチ”やってました。』で映画初主演を果たすことが発表された。ヒロインを演じる佐久間は「私にとって既にとても大切な作品です」と語っている。

【写真】「佐久間由衣」フォトギャラリー

 本作は、あらいぴろよの同名コミックエッセイを原作に、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『旅猫リポート』の三木康一郎監督が実写化。タイトルになっている“隠れビッチ”というのは、清楚派に擬態した“ビッチ”の事で、メイクはシンプル、髪色は暗め、肌の露出も15%程、戦略的に「隙」と「タイミング」を演出しながら、男性を次々とハントしていく女性を指している。

 異性からモテ続ける事で、承認欲求を満たしてきたひろみ(佐久間)は、相手に思わせぶりな態度を取りながら、体の関係は断るという恋愛を繰り返していた。彼女のゲームのような駆け引きにひろみのシェアハウス仲間であるバイセクシャルの晃(村上虹郎)と恋愛に失敗してばかりの彩(大後寿々花)は驚愕。ある日、同じ職場に気になる相手が現れ、ひろみは初めて自分の本音と向き合うのだが…。

 本作について佐久間は「この作品は、主人公の恋愛模様を描きながらも、そこだけに留まらず『ちょっとした寂しさを抱えて生きる現代の大人の成長物語』だと台本を読んで感じました」とコメント。さらに初主演について「監督や共演者の皆さんといった沢山の方に、役柄同様に支えられながら、新たな経験を積ませて頂きました」と心境を吐露。さらに自身の役柄について「色々な戦略で男性を翻弄する役柄ですが、演じる時には、愛したい。でも愛し方がわからない主人公の寂しさやコンプレックス、彼女の感情の深い心の穴である部分を理解しようと精一杯努めました」と語っている。

 また本作には、村上や大後のほか、俳優の森山未來も主人公を見守る男性・三沢役で出演している。

 映画『“隠れビッチ”やってました。』は2019年全国公開。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access