レオナルド・ディカプリオ、マーティン・スコセッシと『悪魔と博覧会』ドラマ化

海外ドラマ

マーティン・スコセッシとレオナルド・ディカプリオがドラマシリーズでタッグか(※『ウルフ・オブ・ウォールストリート』メイキングカット)
 写真提供:AFLO

 2001年の『ギャング・オブ・ニューヨーク』から2013年の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』まで、5本の映画でタッグを組んだ俳優のレオナルド・ディカプリオと監督のマーティン・スコセッシ。6度目は19世紀に実在した連続殺人鬼H・H・ホームズを描く『The Devil in the White City(原題)』になると伝えられていたが、映画ではなくドラマシリーズ化されるという。comingsoon.netが報じた。

関連記事

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access