クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』TVアニメ化、7月放送決定! ビジュアル&キャスト発表

アニメ・コミック

  • twitter
  • facebook
TVアニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』7月放送決定
TVアニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』7月放送決定(C)岡田麿里・絵本奈央・講談社/荒乙製作委員会

関連 :

岡田麿里

絵本奈央

河野ひより

安済知佳

麻倉もも

黒沢ともよ

上坂すみれ

土屋神葉

 岡田麿里が原作を務める漫画『荒ぶる季節の乙女どもよ。』のTVアニメ化が決定し、7月より放送することがわかった。併せて、第1弾キービジュアルの解禁に加え、出演するキャスト陣が発表されコメントが到着した。

【写真】TVアニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』第1弾キービジュアル&キャスト陣

 本作は、アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』などで知られる岡田と、漫画『それでも僕は君が好き』の絵本奈央による、「別冊少年マガジン」(講談社)で連載中の同名漫画のTVアニメ化。文芸部に所属する小野寺和紗たち女子高生5人が、“性”に振り回されていく青春群像劇だ。

 発表されたキャストは、小野寺和紗役・河野ひより、菅原新菜役・安済知佳、須藤百々子役・麻倉もも、本郷ひと葉役・黒沢ともよ、曾根崎り香役・上坂すみれ、典元泉役・土屋神葉の6人。出演について河野は「原作を初めて読んだときに、和紗の経験する戸惑いや悩みに共感してばかりだったのと、『こんなに色々なものを曝け出している作品があってもいいのか…!』と衝撃を受けました。和紗を演じると自分も学生時代に味わったことのある感情がたくさんフラッシュバックして、心が爆発しそうな気持ちになります!」と心境を明らかにした。

 安済は「この『荒ぶる季節の乙女どもよ。』の青春のキーワードは『性』。誰もが通る道といいますか、一度は考えてしまう本能的なものに、思春期の少女達がぐちゃぐちゃに振り回されている様子がとにかく青臭くてひたむきで……大変引き込まれてしまいました」とコメント。麻倉は「ひとりひとりが自分の問題や疑問に悩み立ち向かっていく姿には胸がぎゅっとなりました…!」と本作の印象を露わにした。

 また、黒沢は「私が女だからかもしれないのですがパンチのある話なのにたまらなく愛おしくて。私が演じるひと葉は口数が少ないけど内包しているエネルギーは割とあるのではと感じています」と自身の演じるキャラクターについて。同じく原作を読んだ上坂は「思春期という得体のしれないものに思い切り顔をはたかれるような感覚に襲われる作品です。曾根崎さんは自分に重なる部分が多いキャラクターなので、演じるのがとても楽しみです!」と語った。

 そして、今回発表された唯一の男性キャストの土屋は「女性の思春期を正面からとらえる作品は、自分にとって初めての挑戦であり衝撃的でしたが、心の変化に理性的な理解が追い付かないという思春期ならではの戸惑いには、性別を越えた強いシンパシーを感じました」とコメントを残している。

 TVアニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』は、2019年7月より放送。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access