クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

最高の瞬間が最期の1枚に…撮影されたら死ぬ『ポラロイド』公開&予告解禁

映画

映画『ポラロイド』ポスタービジュアル

映画『ポラロイド』ポスタービジュアル(C)2019 DPC SUB 1A1, LLC

関連 :

ラース・クレヴバーグ

ロイ・リー

 ホラー映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』プロデューサーのロイ・リーが製作を務め、リブート版『チャイルド・プレイ』(7月19日公開)で監督を務めるラース・クレヴバーグがメガホンをとった、絶望のノンストップ・フォト・ホラー映画『POLAROID(原題)』が、邦題を『ポラロイド』として、7月19日より公開されることが決定。併せて、本予告とポスタービジュアルも解禁された。

【写真】ロシア発ホラー『シャッター 写ると最期』フォトギャラリー

 本作は、ラース監督が手掛けた15分のショートフィルム『POLAROID』(2015)がきっかけで制作がスタート。短編がスペインのトレモリノスファンタスティック映画祭で発表されると、“ポラロイドカメラ”=死の装置となる斬新なアイデアと恐ろしさで、「最優秀ショートホラーフィルム賞」を獲得。ハリウッドの目に留まり、セルフリメイクで、ラース監督にとって初の長編にして、ハリウッドデビュー作『ポラロイド』として新たに製作された。

 女子高生のバードは、アンティークショップで偶然、年代モノのポラロイドカメラを手に入れる。シャッターを押せば写真が出てくる、その“新感覚”なカメラに夢中になるのだが、その後、撮影された友人が次々と悲惨な死を遂げる。それらの死の元凶がこのカメラにあることに気付いたバードだったが、自らも写真に写り込んでいることが発覚し…。

 解禁された予告編は、バード(キャサリン・プレスコット)がアンティークショップでポラロイドカメラを見つけたシーンからスタート。友人や密かに思いを寄せるコナー(タイラー・ヤング)たちと楽しい思い出の瞬間を撮り始めるバードだが、後日ポラロイドカメラで撮影した友人の一人が死亡したことが判明。死の連鎖が始まる。その後、被写体の傍に必ず写り込み、死ねば別の被写体に移動する不可解な影を発見する様子や、写真を燃やして処分しようと火をつけると、その写真の被写体の女性にも火がつくシーンも映し出される。

 ポスタービジュアルでは、真っ暗な背景の中、ポラロイドカメラと、シャッターを押す手だけが浮かび上がり、その上には「このカメラで撮れば、最高の瞬間が最期の1枚になる。」というコピーが配置されている。ポラロイドからは、血に染まった集合写真が出てきており、彼らに訪れる悪夢を予感させるビジュアルとなっている。

 映画『ポラロイド』は7月19日より全国順次公開。

映画『ポラロイド』本予告

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

クランクイン!トレンド最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access