クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

綾瀬はるか、“最強の義母”が帰ってくる!『義母と娘のブルース』SP放送決定

エンタメ

  • twitter
  • facebook
『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』場面写真
『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』場面写真(C)TBS

関連 :

綾瀬はるか

上白石萌歌

竹野内豊

佐藤健

井之脇海

浅利陽介

浅野和之

麻生祐未

 女優の綾瀬はるかが主演を務めるドラマ『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』が、TBS系にて2020年1月2日21時に放送されることが決まった。

【写真】『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』場面写真

 2018年7月期に放送された連続ドラマ『義母と娘のブルース』は、桜沢鈴による同名の4コマ漫画(ぶんか社)を原作に、主人公のキャリアウーマンが8歳の娘を持つ男性に突然プロポーズされ結婚、畑違いの家事やママ友の世界に足を踏み入れ、娘の母親になろうと奔走する10年間を描いた。本作は、その1年後をドラマオリジナルストーリーで描く。

 主演の綾瀬をはじめ、佐藤健、上白石萌歌、井之脇海、浅利陽介、浅野和之、麻生祐未ら連続ドラマのレギュラーキャストが顔をそろえる。また、連続ドラマの中で病死した亜希子の夫・宮本良一を演じた竹野内豊の出演も決まっている。

 亜希子(綾瀬)の再就職から1年後の2019年秋。突如クビを宣告され大阪から帰京することになった亜希子は、久しぶりに娘・みゆき(上白石)のアパートを訪れる。すると、みゆきのアルバイト先であるベーカリー麦田の店長・麦田(佐藤)が、裸にタオル1枚の姿で風呂場から出てきた。麦田の腕には赤ん坊が。そこへ帰宅するみゆき。「ち、違うんです宮本さん!!」「違うの、お母さん!!」。意味不明な状況に混乱する亜希子。「これは一体どうしたことでしょう!」。こんなドタバタから始まる義母と娘の物語。

 主演の綾瀬は「不器用で、生真面目で、でも愛に溢れた亜希子さんが私自身も大好きです。みなさんに楽しみ、親しんでいただいた作品となり、こうして再び亜希子さんを演じることができます。ありがとうございます。みなさんへの感謝も込めてお正月の一時を温かい気持ちで過ごしていただける作品をお届けできるように頑張ります」とコメント。

 上白石は「みゆきちゃんと一緒にちょっぴり成長した自分をお見せできたらいいなと思います。気がつかないだけで実は毎日起こっている小さな奇跡や、本当の愛の意味について考えていただけたらと思います」としている。

 ドラマ『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』は、TBS系にて2020年1月2日21時放送。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access