クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

岡田結実、ばっさりショートカットに 1月スタート『女子高生の無駄づかい』主演

エンタメ

  • twitter
  • facebook
金曜ナイトドラマ『女子高生の無駄づかい』ビジュアル
金曜ナイトドラマ『女子高生の無駄づかい』ビジュアル(C)テレビ朝日

関連 :

岡田結実

恒松祐里

中村ゆりか

町田啓太

 女優の岡田結実が主演を務め、共演に恒松祐里と中村ゆりかを迎える新ドラマ『女子高生の無駄づかい』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)が、2020年1月よりスタートすることが発表された。

【写真】『女子高生の無駄づかい』主演の岡田結実 シースルーノースリーブで肌見せ

 原作は、さいのたま女子高等学校(通称:さいじょ)に通う「バカ」「ヲタ」「ロボ」という特徴的な呼び名の3人の女子高生=JKたちが、女子高生活をただただ無駄に浪費する日常を描いた、ビーノによる学園コメディー漫画。2019年にすでにテレビアニメ化もされている。
 
 今回の実写版では、田辺茂範(劇団ロリータ男爵)、矢島弘一(劇団東京マハロ)、角田貴志(劇団ヨーロッパ企画)、山田由梨(劇団贅沢貧乏)、安藤奎(劇団アンパサンド)、玉田真也(劇団玉田企画)といった、ドラマや映画だけではなく、舞台なども手掛ける新進気鋭の脚本家が、毎話交代で脚本を執筆。彼らが描いた世界を、『おっさんずラブ』『民王』の山本大輔、『過保護のカホコ』『同期のサクラ』の日暮謙といったヒットメーカーたちが演出し、キャラクターたちを存分にドラマの中で“遊ばせ”る。

 岡田が演じるのは、今作の主人公「バカ」こと田中望。あだ名の通り、すがすがしいほどのバカで問題児。何事にも物怖じしないが、空気も読めないキャラクターだ。今作の役作りのため、髪をバッサリ切ってショートカットにした岡田は「『バカ』は憎めないキャラで、かつシンプルに面白い。でも“憎めない”という部分を外してしまうと、ただの嫌われ者になってしまうので、そこはしっかりと押さえつつ、何も考えずに挑みたいと思っています」と抱負を語る。

 恒松が扮するのは、「ヲタ」こと菊池茜。アニメや漫画を愛するツッコミ系腐女子で、漫画家を目指して自作の漫画を描いているが、画力・ストーリーは共に壊滅的。今回の役は挑戦だと語る恒松は「これまでここまでの“コメディーの学園モノ”に出演したことがなかったので、お芝居をしていく中で表情や声でもうまく遊べたらいいなと思います。普段はどちらかと言うとボケ派の私が、ツッコミに転じますので、“世界一岡田結実を制御できる女”を目指して頑張ります!」とコメント。

 中村が演じるのは、「ロボ」こと鷺宮しおり。頭は良いが感情が死滅しているため、常にポーカーフェイス。中村は「私と『ロボ』は比較的近いかもしれない。さすがに感情が死滅しているところまでは行っていないですけど(笑)。今回のこの役をいただいたときは、よっしゃ!って思いました!」と明かし、主演の岡田について「お芝居の面でも新しいものをいろいろと投げかけてきてくださるので、私も何かしないと!という刺激をいただきました」と語っている。

 また今作には、さいのたま女子高等学校1年2組の担任・佐渡正敬役で俳優の町田啓太も出演。就任早々生徒たちの前で「女子大生派」と公言する“全力で残念な人”佐渡を演じる町田は「このお話は、女子高生たちが時間を無駄に費やしているお話ですが、実は僕が演じる『ワセダ』は“大人の時間”を一番無駄に費やしているキャラクターです。『こういう大人になっちゃいけないな』と笑いながら見ていただけたらと思います」とメッセージを寄せている。

 新ドラマ『女子高生の無駄づかい』は、テレビ朝日系にて2020年1月より毎週金曜23時15分放送。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access