クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

伊藤淳史『未来へのかたち』特報映像解禁 追加キャストに大塚寧々

映画

  • twitter
  • facebook
映画『未来へのかたち』メインカット
映画『未来へのかたち』メインカット(C)2020「未来へのかたち」製作委員会

関連 :

伊藤淳史

大塚寧々

内山理名

吉岡秀隆

橋爪功

桜田ひより

飯島寛騎

大森研一

 俳優の伊藤淳史が主演を務める映画『未来へのかたち』の公開日が7月3日に決定。追加キャストとして、女優の大塚寧々の出演が発表された。併せて特報映像が解禁された。

【写真】映画『未来へのかたち』大塚寧々の場面写真

 本作は、愛媛県にある小さな焼き物の里・砥部町を舞台に制作された、家族再生の物語。劇中では現存する陶石採掘場や実際の窯元、焼き物などを使用して撮影、職人の熱い思いを描く。伊藤が窯元の主人・竜青を演じている。共演には、竜青の妻・幸子役に内山理名、竜青の兄・竜哉役に吉岡秀隆、竜青の父親・竜見役に橋爪功、竜青の娘・萌役に桜田ひより、窯元で働くアルバイト・武役に飯島寛騎が決まっている。メガホンを取るのは映画『瀬戸内海賊物語』や『ポプラの秋』など地域に密着し、人と人との絆を描いた作品を多く生み出している大森研一監督。

 今回出演が発表された大塚が演じるのは、伊藤らが演じる兄弟の母親役。

 併せて解禁された特報映像は、竜青(伊藤)が「砥部焼のオリンピック聖火台に向けてデザイン勝負をする」と宣言する場面で幕を開け、続いて、まだ竜青と竜哉の兄弟2人が幼い頃、大塚演じる母親が不慮の事故で亡くなり、このことがきっかけで家族がバラバラになってしまう様子が描かれている。突如、町に戻ってきた兄のついたうそで再燃される、職人気質で不器用な親子の対立。もう一度、家族としての絆を再生させることはできるのか?

 映画『未来へのかたち』は、6月に愛媛県先行公開、7月3日より全国公開。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access