クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『麒麟がくる』菊丸・岡村隆史の正体にネット興奮「やっぱりただの農民ではなかった」

エンタメ

  • twitter
  • facebook
岡村隆史
岡村隆史 クランクイン!

 長谷川博己主演のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)の第9回「信長の失敗」が15日に放送され、三河出身の農民・菊丸(岡村隆史)の正体が明かされる展開に、ネット上には「やっぱりただの農民ではなかった」「素性がわかってなんかスッキリ」などのコメントが集まった。

【写真】以前よりその正体に注目が集まっていた菊丸・岡村隆史

 帰蝶(川口春奈)が織田家へ嫁いだことで美濃と尾張が同盟関係を結ぶことに。一方、駿河では今川義元(片岡愛之助)と三河の松平広忠(浅利陽介)が顔をあわせる。息子の竹千代(岩田琉聖)が人質として尾張に留められている広忠に、義元は織田家と戦をするようにけしかける。しかし、広忠は家来と共に山中で何者かに襲撃されて命を落としてしまう。

 画面に広忠や彼の家来たちの死体が映し出されると、そこへ菊丸が姿を表す。菊丸は「広忠様…」とつぶやくと、広忠の死体から彼の刀を抜き取り足早にその場から走り去る。この描写にネット上には「菊丸…なぜここに…?」「走り方が今までと違う〜」といった声が寄せられた。

 場面は変わり、三河の刈谷城へ。竹千代の伯父・水野信元(横田栄司)が「広忠殿を殺めたのは何者じゃ…?」とつぶやくと、そばに控えていた菊丸が神妙な様子で「恐れながら、織田の手の者ではないかと存じ上げます」と応える。そして竹千代の命を案ずる信元に対して、菊丸は「我らは竹千代様の影となり、命に代えてもお守りいたします」と約束する。

 菊丸が信元に使える忍びであったことが判明すると、ネット上には「菊丸は忍びだったか!!」「やっぱりただの農民ではなかったな」などの投稿が殺到し、さらに「菊丸の素性がわかってなんかスッキリした」「菊丸の正体、後々の服部半蔵だったら面白そうだなぁ…」といった反響も相次いでいた。


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access