クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ムロツヨシ&永野芽郁、“同級生”父娘に 福田雄一演出『親バカ青春白書』、7月スタート

エンタメ

  • twitter
  • facebook
新日曜ドラマ『親バカ青春白書』でのムロツヨシと永野芽郁
新日曜ドラマ『親バカ青春白書』でのムロツヨシと永野芽郁(C)日本テレビ

関連 :

ムロツヨシ

永野芽郁

福田雄一

 俳優のムロツヨシが主演を務め、女優の永野芽郁が娘役で共演するドラマ『親バカ青春白書』が、日本テレビ系にて7月より毎週日曜22時30分に放送されることが決まった。ムロはゴールデン・プライム帯の連続ドラマ初主演となる。

【写真】新日曜ドラマ『親バカ青春白書』でのムロツヨシと永野芽郁

 本作は、大学の同級生となった、たった二人の「父と娘の親子」が、大学生活で絆を深める家族の愛の物語。核家族の時代からこそ、父であり、母であり、祖父母でもあり、ともだちであり、同級生でもある父と娘の、とってもほほ笑ましい「家族の愛」、令和時代の新しい「親バカ」の形を描く。福田雄一がオリジナル脚本の統括と演出を務める。

 ムロが演じるのは、娘が大好きすぎて娘と同じ大学に入学してしまった親バカなシングルファーザーで小説家の小比賀太郎、通称“ガタロー”。その大事な箱入り娘、小比賀さくらを永野が演じる。

 小比賀太郎は妻を病気で亡くし、現在は父娘二人で仲良く暮らしている。そんな親子に大激変が。女子高育ちで、初の共学となる大学に通う娘を心配しすぎるあまりに、なんと父親が娘と同じ大学・同じ学部に入学してしまったから、さあ大変。ゼミ、サークル、飲み会、合コン、文化祭、バイトと、大学のことある行事に、娘が心配のあまり、首を突っ込みまくる父。そして若者の青春に父親が紛れ込み、40歳のおじさんが、娘や同級生たちよりも、青春生活をとことんエンジョイしてしまう。

 主演のムロは「鬼嫁の旦那役というのは、演じる機会はよくあったのですが、今回は、娘だけを愛する親バカという役柄です。本当に楽しみです。どういう『親バカっぷり』になるかは、福田さんがどういう演出をしてくるかなので、怖さ半面、楽しみ半面です。でも実際、娘と同じ大学に通う親がいたら気持ち悪いですよね。ホームコメディですけど、ホラーかもしれません(笑)」としている。
 
 ムロ自身は大学には「3週間だけ通っていた」といい、2度目のキャンパスライフに関しては「今回は、もっと学食とかを楽しみたいです。出来たら、クラスメイト達と『オレンジデイズ』みたいなことしたいです(笑)」と話す。

 連続ドラマでコメディーを演じるのは初めてという永野は「出演者のみんなと一緒にコケてみたいですね(笑)」と期待。演じる役どころについては「父親の『親バカぶり』に気づいていない、とってもピュアな娘です。父親が同じ大学に入学して、ようやく初めて『あれ、うちのお父さんって親バカなのかな?』と気づく設定です」と説明している。

 新日曜ドラマ『親バカ青春白書』は日本テレビ系にて7月より毎週日曜22時30分放送。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access