クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

窪塚洋介、『みをつくし料理帖』角川春樹監督とは「共鳴するものがあった」

映画

 女優の松本穂香が主演を務め、角川春樹監督がメガホンを取る映画『みをつくし料理帖』より、共演の窪塚洋介と小関裕太のインタビュー映像が解禁された。

【写真】映画『みをつくし料理帖』での小関裕太

 高田郁による同名のベストセラー時代小説を実写化する本作は、幾度となく訪れる苦難を乗り越えながら料理に真剣に向き合い、運命を切り開いていく女料理人の成長と不変の友情を描く。『犬神家の一族』(1976)、『セーラー服と機関銃』(1981)、『時をかける少女』(1983)など数々の大ヒット作を生んだ角川監督が、生涯最後の監督作としてメガホンをとる。

 時は、享和二年。大坂。8歳の澪(松本)と野江(奈緒)は、暮らし向きが違えども仲の良い幼なじみだった。「何があってもずっと一緒や」と約束を交わす2人だったが、その約束の夜から大坂に大洪水が襲う。それから時は流れ、澪が東京・神田の蕎麦処「つる家」で女料理人として働く一方、野江は吉原で頂点を極める花魁・あさひ太夫として生きていた。

 今回インタビューに登場したのは、劇中で主人公・澪を温かく見守る2人の男性、御膳奉行の小松原を演じた窪塚と、町医者・永田源斉を演じた小関。二人とも角川監督とは本作が初顔合わせとなる。

 インタビュー映像で窪塚は、出演を依頼された当時を振り返り「やっぱり角川春樹さん、っていう人が…伝説じゃないですか。お会いしてみたいというのもあったし、台本も良かったし。原作の小説がもう素晴らしくて」とコメント。実際に会った角川監督の印象は「想像を超えた、ぶっとんだ方だなと思いました。でもすごく、シンパシーを感じるというか、そういう部分もたくさんあって。最初に会社でお会いしたときに、共鳴するものがあった」と評し、「厳しい強い人ですけど、でもそれを楽しんで、力に変えてやらせてもらってました」と述懐した。

 澪を演じた松本については「初めて本読みで涙をこらえたんです。(松本の)声がすごく良くて。彼女の声だったり、その言霊にすごく心を揺さぶられることが本読み中に多々あって」と振り返り、「いざ現場で衣装を着てる彼女を見た時に、『澪ちゃん!』みたいな。もうそのまんまだったから、なんかちょっとファンみたいになってるな、というか(笑)」と澪を演じる松本の声や佇まいに魅了されていたことを明かした。

 一方、小関はインタビューで、角川監督と演技について「原作に忠実に。原作の中から出てきたような感覚で」と話をしたことを明かした。また、劇中の料理についても語っており、「撮影の中でいただく料理も全部おいしくて。その中でも僕は、しぐれ煮がすごくおいしかったです。(映画に登場する料理は)観ていただいてもおいしいし、実際もおいしいんだよ、ということを知っていただきたいと思います」と笑顔でコメント。本作については「料理も味わい深いし、人の絡みも味わい深い」作品だとアピールしている。

 映画『みをつくし料理帖』は10月16日全国公開。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access