クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

中川大志、ムロツヨシ&福田雄一監督の信頼関係は「すごい」

エンタメ

  • twitter
  • facebook
新日曜ドラマ『親バカ青春白書』畠山雅治役で出演する中川大志
新日曜ドラマ『親バカ青春白書』畠山雅治役で出演する中川大志(C)日本テレビ

関連 :

中川大志

ムロツヨシ

永野芽郁

福田雄一

 俳優のムロツヨシが主演を務める新・日曜ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系/8月2日より毎週日曜22時30分)より、永野芽郁演じるさくらの恋人候補(?)畠山役を務める中川大志のインタビューが公開された。コント番組でムロと共演してきた中川は、ムロと演出の福田雄一との強い信頼関係を目の当たりにして「『あぁすごいな』と思います」と語る。

【写真】中川大志演じる安心キャラ・畠山雅治のフェイスシールド姿

 本作は、大学の同級生となったたった二人の「父と娘の親子」が、大学生活で絆を深める家族の愛の物語。福田雄一がオリジナル脚本の統括と演出を務める。ゴールデン・プライム帯の連続ドラマ初主演となるムロが、娘が大好きすぎて娘と同じ大学に入学してしまった親バカなシングルファーザーで小説家の小比賀太郎、通称“ガタロー”役、永野がその大事な箱入り娘、小比賀さくら役を務める。
 
 中川は撮影現場の雰囲気について「こういう、学校が舞台で、群像劇で、クラスメイトみんなと一緒にお芝居、ということが久々なのですごく楽しいです。みんなで食堂でワイワイしたり、女の子たちが話してる後ろで僕たちがわちゃわちゃしてるっていう瞬間に『あ~学園ものって感じだなぁ』と思えています(笑)」と楽しんでいる様子。

 コロナ禍の影響については「今回は、準備期間に集まって顔合わせして…と、なかなかできない状況だったので、僕も含めてみんな不安があったと思うんですけど、ムロさんがすごく盛り上げてまとめてくださるので、割とすぐに6人の空気感が出来上がったんじゃないかなと思っています。もしかしたら、これまでのように撮影に入ってたら、ない空気感かもしれないですね。こういう状況下なことも相まって『みんなで頑張ろう』という空気もある気もします」と語った。

 コント番組での共演も多いムロについては「自分も含めて、コントとドラマではしていることが違うし、空気も違うので、印象も違います。でもやっぱり、僕は福田組に初参加なので、福田さんとムロさんの信頼関係は見ていて『あぁすごいな』と思います。長い間一緒にやられてるお二人なので、その点が特に『この現場でしか見られないムロさんだな』と思いますし、そこに安心感がありますね」と話す。

 自身の役どころについては「僕はとにかく、ハタケ(畠山)というキャラクターを、“一緒にいるみんなを包み込むような…男女問わず一緒にいると安心する”キャラにしたいと思っているんです。ハタケには“自分のテンポ”があるのですが、テンポをみんなと合わせなくていいというところがすごく楽しいです」としている。

 日曜ドラマ『親バカ青春白書』は日本テレビ系にて8月2日より毎週日曜22時30分放送。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access