クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『BG~身辺警護人~』“島崎”木村拓哉と“高梨”斎藤工がコンビ解消? ネット「辞めないで」

エンタメ

  • twitter
  • facebook
斎藤工
斎藤工 クランクイン!

関連 :

木村拓哉

斎藤工

 木村拓哉が主演を務めるドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第6話が23日に放送され、斎藤工演じる高梨雅也が、木村演じる島崎章に「ここを辞めます」と言い残し出て行ったことに、ネットでは「せっかく高梨さんといいコンビだったのに…ナッシー辞めないで~」など悲しみの声が寄せられている。

【写真】任務中の“高梨”斎藤工 『BG~身辺警護人~』第6話より

 島崎と高梨のもとへ、商店街でカレー屋を営む佐久間華絵(名取裕子)から、懇意にしていた大家が亡くなった途端、「大家さんから相続した息子が建物と土地を売ってしまい、裁判まで起こされた」「息子に出て行けと何度も迫られて主人は心筋梗塞で亡くなった」「夫と二人三脚で頑張ってきた私たちのカレーを護って」との依頼が入る。

 立ち退きを言い渡された日、華絵は「ここから一歩も出ない!」と籠城を決意。華絵から「付き合ってくれるわよね?」と請われた島崎と高梨だが、島崎は今年のらっきょうが漬けられていないことや、カレーが全く仕込まれていないことに気づき「この籠城は騒ぎを起こすことが目的なんじゃないんですか?」と見抜く。

 やがて立ち退きを迫る大家の息子や男たちが強引に押し入ってきて店内はめちゃくちゃに。島崎は「クライアントの目的が何であれ護るのが我々の仕事です」と、高梨と見事なコンビネーションで男たちを撃退する。「あなたたちカレー食べて行って」という華絵の願いに、互いに毒づきながらも「美味しい」「うまい」とカレーを食べる島崎と高梨。その姿を見た華絵は「あなたたちって本当にいいコンビね」と言葉をかける。

 視聴者からの反響が大きかったのが、ここまで何だかんだ言いながらも名タッグぶりを見せてきた島崎と高梨が、まさかのコンビ解消となってしまうシーン。

 「KICKS CORP.」の沢口(間宮祥太朗)から島崎のもとに桑田議員が襲われ、嫌疑をかけられた劉社長(仲村トオル)が逃亡したとの連絡が入る。その直後、島崎に劉社長から「私はやっていない。私を護ってくれ」という電話がかかってくる。高梨は「今日カレー屋であなたとアイツらを追っ払った時、悔しいくらい動きやすかった」「劉社長を護るなら自分はここを辞めます」との言葉を残し島崎警備を出ていってしまう。

 この展開にSNS上では、「辞めんなよぉ」「まるで恋人同士の別れのシーンみたいじゃないか」「悲しすぎる 最終回も絶対誤差なししてほしい!!」「せっかく高梨さんといいコンビだったのに…ナッシー辞めないで~」などの悲しみの声があがっている。


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access