クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

山口もえ、13歳・熊谷俊輝に感心「後で人生相談したい」

映画

  • twitter
  • facebook
映画『家なき子 希望の歌声』公開前トークイベントに登場した山口もえ
映画『家なき子 希望の歌声』公開前トークイベントに登場した山口もえ クランクイン!

 タレントの山口もえが16日、都内で行われた映画『家なき子 希望の歌声』公開前トークイベントに、主人公・レミ役の日本語吹き替えを務めた俳優の熊谷俊輝とともに出席。自身の子どもと同い年である13歳の熊谷の落ち着きぶりに「後で人生相談したいと思います」と感心した。

【写真】シックな装いの山口もえ 『家なき子 希望の歌声』トークイベントの様子

 本作は、世界中で愛され、日本でも繰り返しアニメ化されてきたエクトール・アンリ・マロの児童文学『家なき子』をフランスが長編実写化。どんなに過酷な境遇に置かれても、歌が未来を照らしてくれるーー信じることの⼤切さと無垢な夢の輝きを感じさせる、少年レミの波乱に満ちた旅が感動的に描かれる。

 山口は、この日登壇することとなった経緯を「一番始めに映画のコメントをお願いされたんです。本当に良い映画だったので私の思いの丈を書いてマネージャーに託したんです。そしたら今日呼んでいただけたんです」と説明。「すごくないですか? 自ら営業したみたいな感じで(笑)」と誇らしげに語った。

 一方、テレビやミュージカルの舞台などでその美声を披露し、“天使の歌声”と言われる熊谷。同作を観た熊谷は、「自分の声が劇場で響くのはすごく恥ずかしいんですけど、映像がすごく美しくて、本当に自分がフランスに来たような感覚」としみじみ。続けて「僕も初めて映画で泣きました。笑顔になるようなラストシーンで、すごく感動しました」と自身も涙したという作品の魅力を伝えた。

 また、熊谷と同じ13歳の子どもを持つ山口は「どうやったらこんな子に育つんだろう」「後で人生相談したいと思います」と落ち着いたトークを展開する熊谷に感心。「グレたりしたことないでしょ?」「お母さんに向かってババアとかも言ったことないでしょ」と尋ねると、熊谷は「今のところはないです」と苦笑していた。

 さらに山口は、コロナ禍におけるおうち時間に家族でダンスを踊っていたことを告白。「15分を10日かなんかやると5キロ痩せるっていう。それを家族みんなで毎日お風呂の前に5セット踊るというのをやってました」と打ち明け、MCからその成果を尋ねられると「夫を見ていただければわかるかなと思います」と夫・田中裕二(爆笑問題)の体型をイジり、笑いを誘った。

 映画『家なき子 希望の歌声』は、11月20日より全国公開。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access