クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

次週スタート 朝ドラ『おちょやん』ヒロインは杉咲花 女優の道を目指す姿描く

エンタメ

  • twitter
  • facebook
千代の子ども時代を演じる毎田暖乃 『おちょやん』第1週「うちは、かわいそやない」より
千代の子ども時代を演じる毎田暖乃 『おちょやん』第1週「うちは、かわいそやない」より(C)NHK

 NHK連続テレビ小説『エール』が最終回を迎え、次週11月30日からは女優の杉咲花がヒロインを務める『おちょやん』がスタートする。

【写真】『おちょやん』第1週より ヒロイン千代の子ども時代を演じる毎田暖乃

 『おちょやん』はNHK連続テレビ小説の第113作目。明治の末に大阪・南河内の貧しい家に生まれた少女・竹井千代(杉咲)が、奉公に出された道頓堀で初めて見た芝居に心を奪われ、女優の道を目指す姿を描いていく。脚本は池井戸潤原作のドラマ『半沢直樹』『陸王』『下町ロケット』『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS系)などを手掛ける八津弘幸が務める。杉咲は2016年放送の高畑充希がヒロインを務めたNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(2016年)以来の朝ドラ出演となる。

■第1週「うちは、かわいそやない」
 
 大正5年。竹井千代(毎田暖乃)は大阪の南河内で貧しい農家の家に生まれた。幼い頃に母を亡くし、飲んだくれの父テルヲ(トータス松本)と弟ヨシヲと3人で暮らしていた。千代は口が達者な元気な女の子だったが、父の留守中は、小さい弟の面倒を見ながら、生活のため、鶏の世話をしなければならず、小学校にも通えずにいた。隣近所の子どもに陰口を叩かれる日々。そんなとき、テルヲが新しい母親・栗子(宮澤エマ)を連れて帰る。

 NHK連続テレビ小説『おちょやん』はNHK総合にて毎週月曜~土曜8時放送(※土曜は一週間を振り返り)。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access