クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『青のSP』自傷行為の女生徒 “嶋田”藤原竜也がハグ! 深まる謎…最終話へ期待の声

ドラマ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『青のSP(スクールポリス)ー学校内警察・嶋田隆平ー』第9話場面写真
ドラマ『青のSP(スクールポリス)ー学校内警察・嶋田隆平ー』第9話場面写真 (C)カンテレ

 俳優の藤原竜也が主演を務めるドラマ『青のSP(スクールポリス)−学校内警察・嶋田隆平−』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第9話が9日に放送。藤原演じる嶋田が自傷行為をした女子生徒を抱き締めるシーンなどに反響の声が上がった。

【写真】自傷行為をした双葉(唯藤絵舞)、謎が深まる美月(米倉れいあ)、香澄(鈴木梨央)ら女子生徒たち

 赤嶺中学では、高校受験の進路指導が始まった。親の期待を背負って芸能活動を行っていた井上双葉(唯藤絵舞)は、自分の才能に限界を感じていた。そんな中でクラスメイトから才能がないと度々からかわれ、ついに感情が爆発した双葉は「そんなの私が一番よく分かってる」といい、黒板に頭を何度も打ち付ける自傷行為をしてしまう。彼女の額からは真っ赤な血が…。それを見た嶋田は「大丈夫だ」と繰り返し、双葉を優しく抱き締め、落ち着かせる。

 双葉を迎えに来た母親は、そんな状況でも今日のオーディションはどうするのだと問い詰める。嶋田は母親に「これは親子の問題だ。ただし、子どもを虐待する親は論外だ」「娘を利用して人生の生き直しを図ろうとしているだけだ。こいつは身勝手な母親の犠牲者だ」と言い放つ。

 一方、岡部(遠藤雄弥)による暴行未遂事件の被害者・涌井美月(米倉れいあ)の進路相談にきた父親の態度を見た嶋田は、家庭内に問題があると考え、美月を尾行。すると、図書館では美月と尾崎香澄(鈴木梨央)が建築の話で盛り上がる姿があった。学校ではほとんど話をしない2人。疑問に思った嶋田が調査を開始すると、美月が岡部に襲われたとき、香澄が近くにいたという事実が発覚した。

 そんな中、岡部は、勤務先に暴行未遂事件がバレたことで解雇され、婚約者にも逃げられてしまう。不起訴になった木島(高橋克実)を待ち伏せしていた岡部は「なんでしゃべっちゃったんですか? これじゃ約束が違うじゃないですか」と声を荒げ、拳銃で木島を撃つ。事件のことを聞いた嶋田は「もしかして俺たちは、あの2人にだまされていたのかもしれない」と美月と香澄の顔を思い浮かべるのだった。

 “毒親”がテーマとなっていた第9話。自傷行為をした双葉を嶋田が優しく抱きしめるシーンに視聴者からは「本当は優しい」「キュンキュンした」「めっちゃかっこよかった」「私もぎゅーってされたい」などの声が続出。また、美月と香澄の関係や、暴行未遂事件についても謎が残る展開だが、「2人に騙されてたとは!?」「あの子たちが首謀者なのかなー」「真相気になる」など最終回に向けて期待の声も多く寄せられた。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv