クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

【バイプレイヤーズ百名鑑】六平直政「なかなかない本人役に少しドキドキ」

ドラマ

『バイプレイヤーズ』シリーズ新プロジェクトに出演する六平直政

『バイプレイヤーズ』シリーズ新プロジェクトに出演する六平直政(C)「バイプレイヤーズ2021」製作委員会/(C)2021「映画 バイプレイヤーズ」製作委員会

 日本を代表する名脇役たちが本人役で登場するドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズ(テレビ東京系)。2021年、新プロジェクトとして、ドラマ第3弾『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)と、映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』(4月9日公開)が始動。総勢100名以上が出演する本作を彩る、個性豊かで豪華すぎるキャスト陣をチェックしていこう。

【写真】『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』に出演する六平直政

◆File No.066 六平直政

 都会から離れた森に囲まれた大きな撮影所“バイプレウッド”。この辺ぴな撮影所に、各局の連ドラや映画作品が一気に集まってしまったことで起きる大騒動を描く新作。第9話で六平は、大河ドラマ『宮本武蔵』に出演する、強面を活かして極道役から三枚目まで演じ分ける、普段はおしゃべりで優しいが、仕事では自分にも他人にも厳しいらしい俳優“六平直政”役を演じた。

 『バイプレイヤーズ』シリーズは初出演となる六平。「出演オファーを聞いた時は、素直に嬉しかったです。私も長年バイプレイヤーをやっており、以前からバイプレイヤーズを拝見していて、出演されている役者さんをうらやましく思っておりました」と振り返り、「全員、昔から何度も共演しているので、オファーを頂いて感謝しております」とコメント。

 「45年前からその踊りを拝見していて大好きな役者でもある田中泯さんと、以前より仲良くさせていただいている伊武(雅刀)さんとの共演なのでとてもワクワクして撮影が楽しみでした」と語る六平は「二人に御会いして、色々楽しい御話を伺いながらとても勉強になる御二人の演技を見ながらの撮影だったので、とても楽しい現場でした。最後のシーンで、舞台で親子役をやった前田敦子さんが登場して、懐かしく盛り上がりました」と撮影を満喫した様子を見せる。

 六平ほどのベテランだが「本人役をやることは、中々無いので少しドキドキ」したそうで、「泯さん、伊武さんの演技を見ながら自分なりのアイデンティティーが出せればいいなぁと思いながら、元気にやろうと思いました」と語る。

 作品の魅力を尋ねると、「普段はバイプレイヤーとして演技されている名優の方たちが、演技しながら自分たちがいつの間にか作品の主役になっていることが最大の魅力だと感じています」と教えてくれた。

★六平直政/1954年4月10日東京都出身。劇団状況劇場を経て、新宿梁山泊の旗揚げに参加。重厚な芝居からコミカルな役どころまで幅広く演じ、NHK大河ドラマ『八重の桜』、『JIN‐仁‐』シリーズ(TBS系)、『テセウスの船』(TBS系)、映画『極道の妻たち』シリーズ、『ゴジラ×メカゴジラ』シリーズ、『20世紀少年』シリーズ、『キングダム』などで活躍。近年は『プレバト!!』(MBS・TBS系)で水彩画の才能を発揮し、人気を集める。

●『バイプレイヤーズ』第9話プレイバック

 大河ドラマ『宮本武蔵』の主演に抜擢された岡山天音は、田中泯や伊武雅刀らと稽古を始めていた。そんな中、前田敦子からテレ東のドラマ『刑事曲者』が連ドラになることを聞き、オファーを断ることが出来ず二刀流で出演することに! 2つの作品でクセの強い先輩俳優に振り回され、どんどん芝居が出来なくなる岡山に悲劇が…。果たして無事に撮影を乗り切ることはできるのか!?

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv