クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『真犯人フラグ』“バタコさん”の狂気と意味深ゼリフに「怖すぎ」「あと一人って誰」

ドラマ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『真犯人フラグ』第9話より
ドラマ『真犯人フラグ』第9話より(C)日本テレビ

 俳優の西島秀俊が主演するドラマ『真犯人フラグ』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)第9話が12日に放送。クレーマー“バタコさん”こと木幡由実(香里奈)の意味深な言動と狂気の行動に反響が集まっている。

【写真】“バタコさん”は香里奈だった! 狂気のバットを振り下ろす場面カット

 凌介は、菱田(桜井ユキ)から真帆(宮沢りえ)と林(深水元基)が昔サッカー部の同窓会で出会い、一晩一緒に過ごしたことを聞き衝撃を受ける。真帆は酔いつぶれてしまったためそのときの記憶はないが、林はそういう関係になったと言っているという。凌介や瑞穂(芳根京子)たちは、林が事件のなんらかに関係していると推測する。

 ある日、凌介の働く亀田運輸に以前冷凍遺体が送られてきたのと同じように冷凍便が送られてきた。凌介が恐る恐るダンボールを開けると、そこには意識を失っている篤斗(小林優仁)の姿が。凌介は「篤斗! 篤斗!」と叫び、篤斗を抱きしめる。

 また、毎回瑞穂が対応しているクレーマー“バタコさん”こと木幡由実は中村充(前野朋哉)を生きたまま土に埋めようとする。その前に中村は警察に行き、以前凌介の元へ送られてきた子どもの冷凍遺体を確認しに行っていた。中村は木幡に「警察行って確認した。お前…なんで…まだ償えるよ…だから…」と訴える。木幡は「邪魔しないで」といい、中村の頭を金属バットで殴り「影は土に還さなきゃいけないの。あと…一人」と意味深な言葉をつぶやくのだった。

 以前からネット上でうわさされていた木幡の正体。香里奈が演じていたことが判明すると、視聴者からは「香里奈きたああああああ」「バタコさんびっくりしたわー」「狂気の役も似合う」などの声が続出。木幡の意味深な言葉や行動にも「めちゃ怖い」「あと一人って誰よ」「狂気」などの声が集まった。

 また、篤斗が凌介の元へ送られてきた展開にも「篤斗誘拐してたのはバタコさん?」「篤斗は助かるのかな」「衝撃的」「篤斗、菱田さん家の押し入れにいたのかな?」などの声が相次いだ。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv