クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

デヴィッド・フィンチャー 関連記事

  • 名作『市民ケーン』誕生の壮絶な舞台裏! D・フィンチャー『Mank/マンク』予告解禁

    映画

     俳優ゲイリー・オールドマンが主演を務め、デヴィッド・フィンチャーが監督を務めるNetflix映画『Mank/マンク』より、主人公マンク(オールドマン)を取り巻く個性豊かなキャラクターが次々に登場し、複雑で怪しげな人間ドラマを予感させる予告編と、マンクら登場人物がゆがんだ絵画のように変貌し、ただごとではない展開を示唆する衝撃的なキービジュアルが解禁された。

  • ブラッド・ピット主演『ワールド・ウォーZ』続編、資金難で制作取り止めか

    映画

     ブラッド・ピット主演のゾンビ映画『ワールド・ウォーZ』。今春から初夏にかけて始まる予定だった続編の撮影に向けてプレプロダクションが始まっていたそうだが、“待った”がかかったという。続編の先行きが不透明になってきた。

  • 『ワールド・ウォー Z』続編、フィンチャー監督&ブラピで来年6月から撮影

    映画

     人類とゾンビの戦いを描いた2013年のヒット映画『ワールド・ウォー Z』の続編が、2019年6月に撮影を始める予定だという。前作で主演したブラッドが続投し、ブラッドとは1995年の映画『セブン』などでタッグを組んだデヴィッド・フィンチャー監督がメガホンを取る。

  • 『ワールド・ウォー Z』続編、デヴィッド・フィンチャー監督がブラピと再タッグ

    映画

     ブラッド・ピット主演でヒットした2013年のゾンビ・パニック映画『ワールド・ウォー Z』。数年前から続編の話が浮上し、2015年には映画『インポッシブル』(13)の監督フアン・アントニオ・バヨナのメガホンで制作されると伝えられるも実現しなかった。しかし、続編企画が大きく前進しているという。ブラッドと過去に何度もタッグを組んでいるデヴィッド・フィンチャーが監督を務めることに決まったとのことだ。

  • シャーリーズ・セロン×D・フィンチャー監督、新FBIドラマでタッグ

    海外ドラマ

     海外ドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』を製作するデヴィッド・フィンチャー監督が、映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(15)の女優シャーリーズ・セロンとタッグを組み、新ドラマ『Mindhunter(原題)』を製作するという。

  • 『ドラゴン・タトゥーの女』D・フィンチャー&R・マーラ、新作ドラマで再タッグか

    海外ドラマ

     ハリウッドでリメイク映画化した北欧ミステリーの傑作『ドラゴン・タトゥーの女』(12)にリスベット役で出演した女優ルーニー・マーラが、同作の監督デヴィッド・フィンチャーが手がける新ドラマ『Utopia(原題)』に出演する可能性が出てきた。

  • 三船美佳、離婚裁判の心境を吐露「人生も次に何が起こるか見えない」

    映画

     ロックバンド「THE虎舞竜」のボーカル・高橋ジョージと離婚裁判中の三船美佳が12日、都内にて行われた映画『ゴーン・ガール』のデジタル配信記念トークイベントに出席。鬼才デヴィット・フィンチャー監督が男と女の欲望むき出しの真実の姿を描いたサイコ・サスペンスである本作に絡め、精神科医の名越康文氏と共に自身の心情を語った。

  • 『ER 緊急救命室』S・スピルバーグ、D・フィンチャーら有名監督製作、海外ドラマ

    海外ドラマ

     映画とテレビドラマの垣根がなくなって久しい近年。著名な映画監督が次々と海外ドラマ界に進出している。最も有名なところでは、スティーヴン・スピルバーグが『ER 緊急救命室』をはじめ、『フォーリング スカイズ』『SMASH』『アンダー・ザ・ドーム』『エクスタント』など多くのドラマの製作を務め、ヒットへと導いている。ほかにも「あの監督も?」という作品を挙げてみよう。

  • 『ゴーン・ガール』主演&監督、ヒッチコックのリメイクで再タッグ

    映画

     全米から始まり世界で大ヒットを記録した『ゴーン・ガール』の主演、ベン・アフレックとデヴィッド・フィンチャー監督が再びタッグを組むことが分かった。2人は巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督の名作『見知らぬ乗客』のリメイクに挑戦するという。

  • “恋人に殺意を抱いたことがある人”が1割 D・フィンチャー最新作は現実に起きる?

    映画

     デヴィッド・フィンチャー監督最新作『ゴーン・ガール』は、誰もが羨むベストカップル、ニックとエイミー夫妻の5年目の結婚記念日に、妻の突如失踪事件が起こるサイコスリラー。このような事件は現実に起こりうるのか…。このたび、11月22日「いい夫婦の日」を前に、本作を配給する20世紀フォックス映画が、パートナーに対する調査を行なったところ「10人に1人がパートナーに殺意を抱いたことがある」という衝撃の事実が発覚した。

  • ハリウッド・フィルム・アワード、豪華スターが受賞!作品賞は『ゴーン・ガール』

    映画

     アカデミー賞の前哨戦と言われる第18回ハリウッド・フィルム・アワードが現地時間11月14日に発表され、デヴィッド・フィンチャー監督の『ゴーン・ガール』が目玉となる作品賞に輝いた。また実在した数学者で暗号解読者のアラン・チューリングを描く『The Imitation Game(原題)』が、ベネディクト・カンバーバッチの男優賞を含む4部門を獲得し最多受賞となった。

  • D・フィンチャー新作『ゴーン・ガール』混乱を誘う新予告編&ビジュアル解禁

    映画

     『セブン』『ドラゴン・タトゥーの女』などスタイリッシュな映像と、観る者を引き込むストーリーテリングで世界中の映画ファンから熱い視線を浴びるデヴィッド・フィンチャーの最新作『ゴーン・ガール』の新予告編とポスタービジュアルが届いた。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access