ニコラス・ホルト 関連記事

  • 『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』場面写真

    『ボヘミアン・ラプソディ』女優も 『ライ麦畑の反逆児』サリンジャーを支えた2人の女性

    映 画

     俳優のニコラス・ホルトが小説『ライ麦畑でつかまえて』の作者、J.D.サリンジャーの半生を演じる映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』から、サリンジャーの人生においてキーパーソンとなった2人の女性の存在が明らかとなった。@@cutter まず一人目の女性は、サリンジャーの“二人目の妻”クレア・ダグラス。16歳の時、『ライ麦畑でつかまえて』を発表し、飛ぶ鳥を落とす勢いで認知されたサリンジャーとパーティーで出会い、初めて面と向かって小説を酷評したことで、逆に彼の興味を引いた。  大学生になってからサリンジャーと交際を始めるも破局。別の男性と結婚したが数ヵ月で離婚した後、サリンジャーと1955年に再婚している。結婚後は、世間から離れて自らの殻にこもるサリンジャーを献身的に支えたが、1967年に離婚。しかし離婚後も10年以上2人の子どもと共に同じ家に留まり、後には西海岸で開業し再出発を果たした。  クレアを演じるのは、映画『シング・ストリート 未来へのうた』で、ミステリアスなヒロインのラフィーナに扮したルーシー・ボイントン。ロックバンド、クイーンのボーカルだったフレディ・マーキュリーを描いた伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』では、元婚約者にして生涯を通じた友人となったメアリー・オースティン役を演じている。  二人目の女性は、サリンジャーの出版エージェントであったドロシー・オールディング。才能にあふれる反面、こだわりが強く、周囲と対立し孤立していたサリンジャーを支えたほか、男社会真っただ中だった40年代のアメリカ出版界で著作権代理を行うなど時代の先を歩んでいた。隠遁生活となり、作品の出版を拒否したサリンジャーを「幸せになってほしい」と受け入れ、終生のつきあいを続けたという。  映画『キャロル』『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』『オーシャンズ8』といった話題作に出演するサラ・ポールソンが、ドロシー役を担当。実力派女優であるサラはレズビアンを公表しており、女優ホランド・テイラーとの交際も話題を集めている。  映画界をにぎわす女優たちがキーパーソンとして出演している本作。生誕100年にして初めて明かされるサリンジャーの人生と、彼を“取り巻く女性たち”にも注目したい。  映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』は、2019年1月18日より全国公開。

  • 映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』ポスタービジュアル

    N・ホルトが作家サリンジャーを演じる『ライ麦畑の反逆児』予告公開

    映 画

     俳優のニコラス・ホルトが小説『ライ麦畑でつかまえて』の作者、J.D.サリンジャーの半生を演じる映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』の日本公開が2019年1月18日に決定。予告映像とポスタービジュアルが解禁された。@@cutter 本作は、2019年1月1日に生誕100年を迎えるサリンジャーの謎に満ちた半生と、その小説の誕生秘話を描いたもの。世界中で累計6500万部を突破し、今も毎年25万部ずつ売れている代表作『ライ麦畑でつかまえて』は、日本でも累計320万部を突破している“青春のバイブル”。近年では村上春樹による新訳も近年大きな話題となった。  舞台は、20世紀半ばのニューヨーク。大学中退を繰り返し、小説家として試行錯誤を重ねる20歳のサリンジャーは、社交界のセレブとの恋、作品掲載のキャンセル、第二次世界大戦のトラウマに翻弄されながらやがて初の長編『ライ麦畑でつかまえて』を完成させる。それがベストセラーとなり、時の人となったサリンジャーだが、次第に世間の狂騒から背を向けるようになる…。  映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『X‐MEN』シリーズのニコラス・ホルトがサリンジャーに扮し、ケヴィン・スペイシーが、サリンジャーの才能を開花させたコロンビア大学の教授で文芸誌ストーリーの編集者ウィット・バーネット役を担当。映画『大統領の執事の涙』『ハンガー・ゲーム FINAL』完結編2部作の脚本家で俳優でもあるダニー・ストロングが原作の映画化権を自ら取得し、長編初メガホンを取っている。  公開された予告映像では、サリンジャーが「俺には才能がない」と頭を抱える姿に続き、周囲が「君の小説にはだいぶ問題がある」「お前に語る事があるとでも?」と辛らつな言葉を投げかける様子をスタイリッシュに描写。戦場の最前線を突き進む姿が差し込まれる中、サリンジャーが「大事なのは“何を書くか”だろ?」と出版社の人間に言い放つ場面や、真剣な表情で「ずっと書き続けてた。書き続ける事しかできなかった」と語る場面も確認できる。  ポスタービジュアルは、真っ白い背景の中、サリンジャーが煙のたゆたうタバコを手に、こちらをにらみつける姿をフィーチャー。「孤独のなかで言葉があふれ出す――」というキーフレーズも踊り、常識に屈せずアメリカ文学に革命を起こしたサリンジャーが持つ「若き革命児」のイメージを表現している。  映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』は、2019年1月18日より全国公開。

  • 『THE FAVOURITE(原題)』場面写真

    『聖なる鹿殺し』監督最新作『THE FAVOURITE』、海外版ポスター公開

    映 画

     映画『籠の中の乙女』『ロブスター』『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』で3度のカンヌ受賞を果たしたヨルゴス・ランティモス監督が、女優のエマ・ストーンとタッグを組んだ新作『THE FAVOURITE(原題)』から海外版ポスターが公開された。本作は、現地時間29日よりスタートする第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門でワールドプレミアを迎える。@@cutter 『THE FAVOURITE(原題)』は、18世紀初頭のイングランドを舞台に、虚弱な女王と、そんな女王を操る幼なじみの女性、そして召使いの女の関係を描いた異色時代劇。ギリシャ出身の鬼才、ランティモス監督の新作で主演を務めるのは、映画『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したエマ。さらにレイチェル・ワイズ、オリヴィア・コールマンといった実力派女優に加え、ニコラス・ホルト、ジョー・アルウィンといった英国俳優たちが脇を固める。  18世紀初頭、フランスとの戦争状態にあるイングランド。虚弱な女王、アン(オリヴィア)が王位にあり、彼女の幼なじみ、レディ・サラ(レイチェル)が病身で気まぐれな女王の動かし、実権を握っていた。そんな中、没落したサラの従妹アビゲイル(エマ)が召使いとして参内。その魅力はレディ・サラとアン女王を引きつける。一方、アビゲイルは再び貴族の地位に返り咲く機会を伺っていた。戦争の継続をめぐる政治的駆け引きが続く中、アビゲイルの行く手には数々の試練が待ち構える。  このたび解禁された海外版ポスターは、王冠を戴いて横たわるアン女王の上でパールの鎖を掲げる女王の親友レディ・サラと、目を洗う仕草を見せるアビゲイルの姿が確認できる。3人の女性の関係や、王室と英国の波乱を表すかのような、意味深長な妖しいビジュアルに仕上がっている。  映画『THE FAVOURITE(原題)』は2019年2月より全国公開。

  • 映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』場面写真

    孤高の天才作家サリンジャーの半生を映画化 主演にニコラス・ホルト

    映 画

     2019年1月1日に生誕100周年を迎える小説家J.D.サリンジャーの半生を描いた映画『REBEL IN THE RYE(原題)』が、邦題を『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』として、来年1月より公開される。@@cutter 世界中で累計6500万部を突破し、時代を越えて若者に影響を与えてきた“青春のバイブル”『ライ麦畑でつかまえて』。米国で同書の初版が発売された1951年7月16日以降、現在もその瑞々しさは失われることなく、世界で毎年25万部ずつ売れ続けている。日本でもこれまでに累計320万部を越え、村上春樹による新訳も大きな話題を呼んだ。  本作は、天才作家サリンジャーの謎多き半生を映画化。舞台は、20世紀半ばの華やかなニューヨーク。若きサリンジャーが自分の作風を見つけ出そうと試行錯誤を重ねる姿や、社交界のセレブとの恋のてん末、恩師との運命的な出会い、第二次世界大戦の最前線での経験によるトラウマにもがき苦しむ姿を活写する。そして圧倒的な名声と富を手に入れながら、その絶頂期に文壇から姿を消したサリンジャーの、これまで神秘のベールに包まれてきた謎を明かしていく。  サリンジャーを演じるのは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』や『X-MEN』シリーズへの出演で知られ、モード界の帝王トム・フォードのキャンペーンモデルまで幅広く活躍する俳優のニコラス・ホルト。サリンジャーに多大な影響を与えて才能を開花させたコロンビア大学の教授で、文芸誌「ストーリー」の編集者ウィット・バーネットをケヴィン・スペイシーが務める。  メガホンを取ったのは『大統領の執事の涙』や『ハンガー・ゲーム FINAL』シリーズの脚本家で、俳優でもあるダニー・ストロング。ストロングは原作の映画化権を自ら取得し、初の長編メガホンを取った。  映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』は2019年1月より全国公開。

  • 『トップガン』続編にグースの息子が登場か(※映画『トップガン』場面写真)

    『トップガン2』グースの息子が登場か N・ホルトら候補俳優3名浮上

    映 画

     俳優トム・クルーズ主演の大ヒット映画『トップガン』の続編『Top Gun: Maverick(原題)』。現在、撮影が行われているが、トム演じるマーヴェリックの相棒グースの息子が登場する可能性が出てきた。The Hollywood Reporterによると、ニコラス・ホルト、マイルズ・テラー、グレン・パウエルの3名が有力候補になっているとのことだ。@@cutter 1986年の『トップガン』で、グースことニック・ブラッドショウ(アンソニー・エドワーズ)は、時に無謀で一匹狼的なマーヴェリックを支える親友でもあったが、攻撃訓練中の不慮の事故で亡くなってしまった。その妻キャロル(メグ・ライアン)との間には、ブロンドヘアの幼い男の子がいた。  続編でグースの息子が登場する場合、母親役のメグ・ライアンも続投するのか気になるところ。1作目からは、マーヴェリックのライバルだったアイスマン役の俳優ヴァル・キルマーが、再出演すると伝えられている。  トムとプロデューサーのジェリー・ブラッカイマーらがこの数週間、グースの息子役のオーディションを進めていたとのこと。現在残っているホルトは映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で、マイルズ・テラーは映画『セッション』で、グレン・パウエルは映画『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』に出演していた俳優たちだ。  現在の3名に絞られる以前は、映画『メイズ・ランナー』シリーズの俳優ラン・オブライエンや、海外ドラマ『シャナラ・クロニクルズ』の俳優オースティン・バトラーの名前もあったという。近いうちに正式発表があることに期待したい。  映画『オブリビオン』のジョセフ・コシンスキー監督がメガホンを取る『Top Gun: Maverick(原題)』は、現地時間2019年7月12日より全米公開予定。

  • 第一子出産に喜ぶニコラス・ホルト&ブリアナ・ホリー

    『マッドマックス』ニコラス・ホルト、恋人が第1子出産でパパに

    セレブ&ゴシップ

     映画『X‐MEN』のビースト役や『マッドマックス』のニュークス役を務めた俳優で、女優ジェニファー・ローレンスの元彼としても知られるニコラス・ホルトが、1児のパパになったという。2017年から交際している恋人でモデルのブリアナ・ホリーが、第1子を出産したとPeopleが報じた。@@cutter 「二人は出産を伏せているけど、とても幸せでワクワクしているみたいだよ」と情報筋が語っているが、本人たちや代理人からコメントは出ておらず、出産日や赤ちゃんの性別、名前などの詳細は不明。ニコラスとブリアナは今年3月に一緒に外出しているところを目撃されていたが、ブリアナの腹部が膨らんでいたことから妊娠をウワサされていた。  現在28歳のニコラスと24歳のブリアナは、2017年初めに交際をスタート。Mail Onlineによると、2013年に数ヵ月ほど交際していた時期があるという。ニコラスは2010年から2014年まで、ジェニファーと破局と復縁を繰り返していた。  ロサンゼルスをベースにランジェリーモデルとして活躍するブリアナは、リアリティスターのキム・カーダシアンの継兄弟ブロディ・ジェンナーや、ポップ・ロックバンド「ファイヴ・セカンズ・サマー」のアシュトン・アーウィンと恋愛遍歴がある。

  • リリー・コリンズが『ロード・オブ・ザ・リング』原作者トールキン伝記映画に出演

    リリー・コリンズ、『ロード・オブ・ザ・リング』原作者トールキン伝記映画に出演

    映 画

     映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズや『ホビット』シリーズの原作者J.R.R.トールキンの伝記映画『Tolkien(原題)』に、映画『白雪姫と鏡の女王』(12)の女優リリー・コリンズが出演するという。@@cutter Varietyによると、リリーが演じるのはトールキンが恋に落ちる女性で、のちの妻になるエディス・ブラット。エディスは『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの原作『指輪物語』に登場する11人の王女キャラクターのインスピレーションの源だったそう。  トールキン役には、映画『X‐MEN』シリーズの俳優ニコラス・ホルトに、出演交渉が入ったと伝えられている。メガホンを取るのは、2012年のトーキョー・ノーザンライツ・フェスティバルで上演された映画『ラップランド・オデッセイ』のフィンランド出身のドメ・カルコスキ監督が予定されている。  本作は、フォックス・サーチライトとチェルニン・エンターテインメントが2013年頃から温めていた作品で、脚本は映画『パレードへようこそ』(15)のスティーヴン・ベレスフォードと、映画『Cowboys & Angels(原題)』(未)のデヴィッド・グレッソンが執筆。トールキンの学生時代から、1914年に勃発した第一次世界大戦への従軍、やがて作家の道を歩む姿を描く展開になりそうだ。

  • ギリシャの鬼才ヨルゴス・ランティモス監督の新作でエマ・ストーンと共演するニコラス・ホルト

    ニコラス・ホルト、ヨルゴス・ランティモス監督の新作でエマ・ストーンと共演

    映 画

     ファッション・デザイナーのトム・フォードの初監督作品『シングルマン』以降、映画『X-MEN』シリーズや『マッドマックス 怒りのデス・ロード』など、多くの作品で存在感を放っている俳優ニコラス・ホルトが、ギリシャの鬼才ヨルゴス・ランティモス監督の新作『The Favourite(原題)』に出演するとDeadlineが伝えた。@@cutter 時代ものとなる『The Favourite(原題)』は、17世紀末から18世紀初頭のスコットランド・イングランドを舞台に、ステュアート朝最後の君主アン女王の治世下で権力をめぐり政治の駆け引きを展開した人物達の姿を描くという。  ニコラスはトーリー党の指導者ハーレーを演じるとのこと。キャストには映画『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したエマ・ストーンや、ランティモス監督作『ロブスター』に出演する女優レイチェル・ワイズ、女優オリヴィア・コールマンなどが名を連ねる。

  • 2016年6月に事故死した俳優アントン・イェルチンの写真展がロサンゼルスで開催

    アントン・イェルチン写真展がLAで開催 エイブラム監督やファニング姉妹らが来場

    セレブ&ゴシップ

     今年6月に不慮の事故により27歳の若さで死去した俳優アントン・イェルチンの写真展が、米カリフォルニア州ロサンゼルスで開催されることになり、そのグランド・オープニングにアントンが出演した映画『スター・トレック』シリーズの監督J・J・エイブラムスや女優ダコタ&エル・ファニング姉妹らが駆けつけたという。@@cutter Access Hollywood によると、ロサンゼルスの「Other Gallery」で7日から一般公開されるアントンの写真展は、年末まで開催されるとのこと。5日のグランド・オープニングにはエイブラム監督やファニング姉妹のほかに、アントンの『スタ・トレ』共演者の俳優クリス・パインやジョン・チョー、俳優ニコラス・ホルト、女優のスーザン・サランドンやデミ・ムーア、フランシス・フォード・コッポラ監督の孫で映画監督のジア・コッポラなどの姿があった。  アントンは第二のキャリアと言えるほど写真に情熱を傾けており、亡くなる直前にも複数の国際的な出版社の依頼で写真撮影の準備を進めていたという。写真展では40点が展示され、写真の売り上げはアントンの死後に創設された非営利団体「アントン・イェルチン財団」の活動費に充てられるという。同財団は児童や映画制作に携わる学生の支援活動を行っている。

  • ニコラス・ホルト、今度は傷だらけで高速道路をぶっ飛ばす『アウトバーン』場面写真公開。

    『マッドマックス』のニコラス・ホルト、新作で速度無制限の高速道路を突っ走る

    映 画

     『マッドマックス 怒りのデス・ロード』でハイテンションで荒野を車で突っ走る姿が注目を集めたニコラス・ホルト。待望の最新主演映画『アウトバーン』(6月10日公開)の場面写真とオフショット画像が解禁された。本作でニコラスは、速度無制限の高速道路「アウトバーン」を舞台に高級車で突っ走る。@@cutter 本作は、『マッドマックス』シリーズのジョエル・シルバーが放つ、高速道路を舞台にしたカーアクション。ニコラス演じるケイシーは持ち前の運転テクニックを駆使し、速度無制限の高速道路でのバトルとチェイスに身を投じていく。  天才的な腕を持つ自動車泥棒として活躍していたものの、アメリカを離れてドイツのケルンへ渡ったケイシーは、恋人との出会いを機に裏社会から離れる決意をする。しかし、恋人が腎臓移植をしなければ命が危ういことが発覚。ケイシーは、移植手術の大金を稼ぐため、麻薬王が密輸したコカインをトラックごと奪う話に乗ることに…。  解禁された写真では、傷だらけで不安げな表情が印象的なケイシーの姿が映し出されている。これは、コカインを奪う計画が失敗し、拷問を受けたケイシーが決死の思いで脱走して、追っ手から逃亡しているシーンを映したもの。一方でオフショット写真では、本作のエリン・クリーヴィー監督と楽しそうに話すニコラスの姿も見られる。  メガホンをとったエラン・クリーヴィー監督は、「ドイツのアウトバーンを舞台にしたスリリングなアクション映画であり、そして現代的な愛の物語でもあるんだ」と語っており、どんなニコラス・ホルトの姿を見せてくれるのか、期待が高まる。

  • 『ダーク・プレイス』場面写真

    クロエ・モレッツ、“血まみれの狂気” 『ゴーン・ガール』原作者最新作、衝撃予告解禁

    映 画

     大ヒット映画『ゴーン・ガール』原作者ギリアン・フリンの新たな長編小説『冥闇』を映画化した『ダーク・プレイス』が6月に公開決定。さらに今回、人気女優クロエ・モレッツが“血まみれで狂気の表情を浮かべる姿”という衝撃シーンを映した予告編と、ポスタービジュアルが公開となった。@@cutter 1985年、田舎町で発生した一家殺人事件で、15歳の長男ベンが犯人として逮捕された。ただ一人生き残った末っ子の少女リビーが兄の犯行を証言したため、ベンは終身刑を宣告。その後、リビーは親戚の家々を転々とし、人々からの寄付金で生活を送っていた。そして31歳になった彼女のもとに、有名事件の真相を追う“殺人クラブ”から招待状が届く。兄の事件が迷宮入りするまで残り21日の間に、事件について語れば謝礼を支払うとの申し出を受け…。  過去に呪縛され、歪んでしまった自己世界と血塗られた過去真実と向き合おうとする主人公リビー役にはシャーリーズ・セロン。リビーの真実探しを助ける“殺人クラブ”主宰者ライルにはニコラス・ホルト。さらに容疑者となったベンの恋人としてクロエ・モレッツが出演し、これまで見せることなかった艶やかな小悪魔的な魅力をふりまいている。  予告編では、事件の唯一の生き残りであるリビーが、過去の事件を追う“殺人クラブ”を通して、事件真相を追いかけるさまが描かれている。そんな映像の中、クロエが衝撃的な姿を披露。「世界で最も美しい顔100」に毎年ランクインするキュートな顔に似つかわしくない、血しぶきをまとってナイフをかざす様子には狂気が満ち溢れており、本編で描かれる“心の闇=ダーク・プレイス”に期待は高まるばかりだ。  映画『ダーク・プレイス』は、6月全国公開。

  • ニコラス・ホルト主演映画『アウトバーン』6月10日公開決定

    『マッドマックス』ニコラス・ホルト、主演作公開!オスカー俳優とカーアクション

    映 画

     『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で人気爆発中のニコラス・ホルトが主演する映画『Collide』の邦題が『アウトバーン』に決定し、6月10日より日本公開されることがわかった。@@cutter 本作は、『マトリックス』シリーズのジョエル・シルバーが製作を手掛ける、アクション映画。ドイツのケルンを舞台に、巧妙に仕掛けられた危険な取引に巻き込まれたケイシーが、2つの巨悪組織から逃れて恋人のジュリエットを救うため、高級車を乗り換え速度無制限の高速道路「アウトバーン」を激走する。  主演を務めるニコラス・ホルトは、『X‐MEN:ファースト・ジェネレーション』のビースト役や童話「ジャックと豆の木」をベースにした『ジャックと天空の巨人』といった話題作で主演を務めるなど、今、世界中で注目されている俳優の一人。本作では、『博士と彼女のセオリー』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたフェリシティ・ジョーンズとともに、カーアクションに挑戦する。  また、アカデミー賞主演男優賞に輝くアンソニー・ホプキンスとベン・キングズレーが、主人公ケイシーを追い詰める悪の組織として、名演技を見せる。  映画『アウトバーン』は6月10日より、TOHOシネマズ六本木ヒルズ、TOHOシネマズ新宿ほかで全国ロードショー。

  • ブライアン・エプスタイン(後部左)とザ・ビートルズ

    ジョン・レノンとブライアン・エプスタインの関係が映画化 キャスト候補も浮上

    映 画

     ザ・ビートルズを世に送り出した人物で“5人目のビートルズ”として知られるブライアン・エプスタインの人生を描く伝記映画『A Life In The Day(原題)』が製作されるそうだ。アンジェリーナ・ジョリーが監督した戦争映画『不屈の男 アンブロークン』の主演に抜擢された英俳優ジャック・オコンネルがエプスタイン役、映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(15)のニコラス・ホルトがジョン・レノン役の候補に挙がっているという。@@cutter 1961年に無名時代のザ・ビートルズに出会い、1967年までマネージャーを務めたエプスタイン。薬物の過剰接種により32歳の若さでこの世を去った彼は同性愛者であり、ジョンと特別な関係にあったと噂された。  Deadlineによると、脚本はトニー・ギトルソンが執筆しており、映画『マンデラ 自由への長い道』(14)でメガホンを取ったジャスティン・チャドウィックが監督を務めるべく契約交渉に入っているという。製作は映画『フェイス/オフ』(98)や『チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室』(09)のデヴィッド・パーマット。  ニコラスとジャックの出演は正式決定していないが、決まればニコラスがジョン・レノン、ジャックがエプスタインという配役になるとDeadlineでは伝えている。ジャックはチャドウィック監督とは新作『Tulip Fever(原題)』でタッグ済みだ。  エプスタインの伝記映画は2012年にもベネディクト・カンバーバッチ主演で映画化されると伝えられたが、同作については立ち消えになったのか、進行している様子はなく、今回の映画化は別企画と思われる。

  • 英ミス・ヴォーグ誌発表「最もホットな男子50人」1位 ニコラス・ホルト(25)俳優

    『マッドマックス』ニコラス・ホルト、英誌「最もホットな男子」1位に

    セレブ&ゴシップ

     若い女子をターゲットにした英ミス・ヴォーグ誌が「最もホットな男子50人」を発表。映画『マッドマックス 怒りのデスロード』に出演、女優ジェニファー・ローレンスの元恋人としても知られる俳優ニコラス・ホルトが1位に選ばれた。@@cutter 子役出身のニコラスは現在25歳。ファッションデザイナー、トム・フォードの映画監督デビュー作『シングルマン』(10)で美青年に成長した姿を見せつけて以来、ハリウッド映画に引っ張りだことなった。  2位は高級ブランド、バーバリーのキャンペーンモデルを務めた経験もある美形俳優ダグラス・ブース23歳。ふっくらした唇がトレードマークのUKボーイだ。そして3位は人気ブランド、カルヴァン・クラインの下着モデルに抜擢され、肉体改造も進むティーンアイドル、歌手のジャスティン・ビーバー21歳という結果に。  イギリスの雑誌とあり、イギリス勢が目立つ結果となったランキング。10月号の表紙を飾ったベッカム家の長男ブルックリン・ベッカムは16位にランクイン。“男子”が対象になっているが、19位には33歳のジェイミー・ドーナンや32位は37歳のトム・ハーディなど、既婚男性も“ホットな男子”として名を連ねている。  英ミス・ヴォーグ誌発表「最もホットな男子50人」トップ20は以下の通り。 1位 ニコラス・ホルト(25)俳優 2位 ダグラス・ブース(23)俳優 3位 ジャスティン・ビーバー(21)歌手 4位 クラウド・シモノン(22)モデル 5位 ジェイデン・スミス(17)俳優 6位 ジェレミー・アーヴァイン(25)俳優 7位 マシュー・ビアード(26)俳優 8位 ジャック・キルマー(20)俳優 9位 テオ・ウェナー(28)フォトグラファー 10位 トム・ヒューズ(29)歌手 11位 ハリー・スタイルズ(21)歌手 12位 ウィル・ペルツ(29)俳優 13位 ジャック・オコンネル(24)俳優 14位 ショーン・オプライ(26)モデル 15位 ジェイムス・ベイ(24)歌手 16位 ブルックリン・ベッカム(16)モデル 17位 ジョージ・エズラ(22)歌手 18位 ディラン・ブロスナン(18)モデル 19位 ジェイミー・ドーナン(33)俳優 20位 ジョン・ジョン・フローレンス(22)サーファー

  • 第68回カンヌ国際映画祭

    「第68回カンヌ国際映画祭」フォト特集

    映 画

    現地時間5月13日からフランスで開催中の「第68回カンヌ国際映画祭」。注目作品が集結し、豪華キャスト陣らが登場したフォトコール・レッドカーペットの様子をお届けします!(随時更新)

  • 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 6月20日公開決定

    『マッドマックス』6月20日公開決定、狂気の最新特報解禁

    映 画

     トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルトら豪華キャストを迎えた、伝説的バイオレンスアクションシリーズの最新作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が6月20日に公開決定。さらに、文明が滅び荒廃した世界を舞台に、暴力すべてを支配する狂気的な世界観を60秒に凝縮した待望の日本版特報映像も解禁となった。@@cutter 低予算ながら改造車をふんだんに使い、カーアクション史に金字塔を打ち立てると同時に、無名だったメル・ギブソンをスターダムに押し上げた1作目。荒廃した世界感、改造車、モヒカンヘアーなど、80年代ポップカルチャーに多大な影響を与えた2作目・3作目に続き、4作目となるのが『マッドマックス 怒りのデス・ロード』だ。  特報では、何者かに捕らえられた猿ぐつわ姿のマックス(トム・ハーディ)、装甲車に襲いかかる男、車列で起こる爆発、と「みんな狂ってる」という言葉通りのシーンが連続。  また、「生き残るには全力で走るのよ」と力強く語る女ロードウォーリアーズ、フィリオサ(シャーリーズ・セロン)や、砂漠の支配者イーモタン・ジョー(ヒュー・キース=バーン)、何をしでかすかわからないニュークス(ニコラス・ホルト)の姿も捉えられており、本編の公開に向けて期待は高まるばかりだ。

  • 写真で振り返る2014年破局カップル・フォト特集

    写真で振り返る2014年破局カップル・フォト特集

    セレブ&ゴシップ

    2014年にも様々な恋が生まれ様々な恋が散ったハリウッド。長すぎた春を精算したカップル、短命カップルまで、ハリウッド・セレブの破局総集編をお送りします。

  • <フォト特集>マーベルヒーロー&悪役を演じた俳優 定番から懐かしまで大集結!

    <フォト特集>マーベルヒーロー&悪役を演じた俳優 定番から懐かしまで大集結!

    映 画

     『アベンジャーズ』を始め、『X‐MEN』『スパイダーマン』など数多くする製作されてきた「マーベル・コミックス」原作のヒーロー映画。それらの中でヒーローや悪役を演じてきた俳優を写真でご紹介!

  • 吸血鬼・狼男・ゾンビ…あの俳優たちがこんなモンスターを演じていた!?

    <フォト特集>吸血鬼・狼男・ゾンビ…あの俳優たちがこんなモンスターを演じていた!?

    映 画

    吸血鬼や狼男、ゾンビに透明人間にフランケンシュタイン…そんな王道モンスターをこれまで演じてきた俳優たちをピックアップ! 定番の美形ヴァンパイアから恐ろしいウルフマン、さらに恋するゾンビなんて変わり種まで勢ぞろい。

  • 日本で新作『イコールズ(原題)』を撮影するニコラス・ホルトとクリステン・スチュワートが熱愛!?(中央は監督のドレイク・ドレマス)

    クリステン・スチュワート&ニコラス・ホルト、やはり交際濃厚?

    セレブ&ゴシップ

     日本で新作『Equals(原題)』を撮影中の女優クリステン・スチュワートと俳優ニコラス・ホルトが交際していると、Daily Starが伝えた。@@cutter 8月に入り、ニコラスと女優ジェニファー・ローレンスの破局が伝えられると、すぐに噂になったニコラスとクリステンだが、Daily Starによると、二人は確実につき合っているという。二人に近い関係者が証言したそうだ。  「ニック(ニコラスの愛称)はクリステンに夢中ですよ。二人はまさに夢のような組み合わせです。二人とも名声に抵抗があり、仕事に対する倫理観も同じですから」と、この関係者は語り、「ジェニファーがニックに別れを告げたほぼ直後から、彼はクリステンとの交際をスタートさせました」という。  「でも二人(ニコラスとクリステン)は、関係を公にすることに気が引けてます。二人とも、最高に上手くいっている時でさえプライベートについて話しませんが、二人の関係が(ニコラスとジェニファーの交際時期に)重なっていると思われたくないのです」。  Sun Dailyでは、ニコラスに別れを告げたのはジェニファーだったが、それでもニコラスとクリステンの交際はジェニファーにとって打撃になると見ている。周囲の友人らは前に二人が破局と復縁を繰り返しており、年内中に二人が再びヨリを戻すだろうと予想するほど、ジェニファーとニコラスが完全に切れたとは思われていなかったそうだ。

  • 再び破局が伝えられたジェニファー・ローレンス&ニコラス・ホルト

    『X‐MEN』J・ローレンス&N・ホルトが破局!原因は『トワイライト』女優か

    セレブ&ゴシップ

     ハリウッドの人気若手カップル=女優ジェニファー・ローレンスと俳優ニコラス・ホルトが再び破局したそうだ。二人の破局の陰には、ヴァンパイア映画『トワイライト』シリーズの女優クリステン・スチュワートがいるとの噂が持ち上がっている。@@cutter ジェニファーとニコラスは映画『X‐MEN:ファースト・ジェネレーション』の共演がきっかけで交際をスタート。2013年初めに約2年の交際の末、一度は破局したものの、その数ヵ月後に『X‐MEN:フューチャー&パスト』の撮影が始まるとヨリが戻ったと伝えられていた。  関係者がE!Newsに話したところによると、友好的な破局だったとのことで、二人の間にわだかまりはないという。「二人は仕事の関係で別々に過ごす時間が長く、交際を続けることが困難でした」と、この関係者は語ったそうだ。  しかし一方で現在、新作映画『Equals(原題)』の撮影で来日中のニコラスと共演者のクリステンが交際しているとの噂が浮上している。二人が距離を縮めているという噂は今年5月にも浮上したが、東京にいる二人が早々に、築地で一緒に寿司を食べている姿を目撃され、ファンによって撮影された写真がツイッターに掲載されると瞬く間に、海外メディアが取り上げた。  ジェニファーはニコラスとクリステンが5月に噂になったことを受け、女性誌「Marie Claire」の6月号で、「雑誌に書かれていたことについて、“最高に笑える”と思ったわ。だってクリステンと私は友達なのよ。雑誌を写真に撮って、彼女に送ってこう伝えた。“あなたにも知らせようと思ってね、これはこの上ない事実よ”」と、噂に取り合わなかったことを話していたという。  共演者とよく噂になるニコラスと、過去の恋人にイギリス人男性の多いクリステン。ジェニファーとニコラスが破局したことにより、ニコラスとクリステンのカップル誕生の可能性は高まるか?二人の関係の行方に注目が集まりそうだ。

  • クリステン・スチュワート、ニコラス・ホルトらが映画『イコールズ(原題)』撮影のため来日

    クリステン・スチュワート&ニコラス・ホルトが来日、最新作は日本各地で撮影

    映 画

     新作ハリウッド映画『イコールズ(原題)』の製作発表記者会見が2日に行われ、主演のクリステン・スチュワート、ニコラス・ホルト、ドレイク・ドレマス監督、マイケル・プラス(プロデューサー)が登場。日本の報道陣に向けて、本作の魅力をアピールした。@@cutter マイケルは「この映画を撮れる国は、日本しかありません。世界中でロケハンを行い、最終的にこの地にたどり着いた。製作陣はこの国の現代ミニマル建築と美しい原風景に魅せられており、本作は最高の形になると信じている」と断言。8月4日から28日までの間、日本各地で撮影を敢行するという。  人間としての一切の感情が抑制され、個性が画一化された近未来を舞台とした本作。あらゆる感情は“ウィルス”と診断されてしまう世界のなかで、“愛”に目覚めてしまった男女の葛藤と逃避行を描いていく。  ドレイク監督は「3年がかりで作ってきた作品。ようやく、その夢をかなえる時がきた。だが、今、私の気持ちは非常に落ち着いているのと同時にわくわくしている」と心境を語り、「これは感情と愛について描いた作品だ。老若男女、全世界の人に見てもらいたい」とアピール。クリステンは「自分が演じるニアやニコラスが演じるサイラスに対して、オーバーラップする部分が誰にもあると思う」と付け加えた。  また、「感情を邪魔だと思ったことはあるか?」という質問が報道陣から挙がると、ニコラスは「確かにそう思うこともある。しかし、いいときも悪いときも人生だ。それは感情が伴うからこそのものだと思う」とコメントし、クリステンは「今まで私は、感情にくるまれた人生を送ってきたような気がする。感情というのを恐れていない」と熱弁をふるった。  映画『イコールズ(原題)』は2015年にアメリカで公開予定。

  • 注目のラブラブ・ セレブが大集合!

    注目のラブラブ・ セレブが大集合!フォト集

    セレブ&ゴシップ

     熱愛中、妊娠中、婚約中…夫婦ではないハリウッド・カップルを集め、近況を含めて紹介します!

  • 『X‐MEN:フューチャー&パスト』日本版オリジナルポスタービジュアル

    『X‐MEN:フューチャー&パスト』、豪華過ぎる日本オリジナルポスター解禁!

    映 画

     X‐MENの壮絶な戦いを史上最大規模で描く今世紀最大の超大作『X‐MEN:フューチャー&パスト』。この度、日本オリジナルの劇場用本ポスターが完成。4月19日から全国の劇場で一斉解禁されることが明らかになった。@@cutter 総製作費250億円以上とも言われるこのビッグプロジェクトに、『アベンジャーズ』を凌駕するX‐MENオールスターチームが勢揃い。シリーズ全作に出演したヒュー・ジャックマンはもちろん、未来と過去が舞台になるため、「X‐MEN」の中心キャラクターでもあるプロフェッサーXとマグニート役でWキャストが実現。前者をパトリック・スチュワートとジェームズ・マカヴォイ、後者をイアン・マッケランとマイケル・ファスベンダーが時を超えて豪華共演を果たす。  そしてポスターには、ミスティーク役のジェニファー・ローレンス、ストーム役のハル・ベリーといったオスカー女優の他、総勢11名の最強布陣が集結。ハリウッド史上最も豪華なビジュアルと言えるだろう。悲劇的な近未来と史実も絡んだ70年代。2つの時代で迫るタイムリミットが緊迫感を生み、滅亡が迫る世界を背景に全ての能力を集結して史上“最恐”の兵器・センチネルに立ち向かうウルヴァリンの姿は壮絶なバトルアクションを予感させ、期待が高まる。  『アベンジャーズ』をも上回る巨額を投じて描く、誰も見たことない超絶シーンの連続と、シリーズ初となる3D映像はバトルアクションのスケール感を倍増。その期待度を表すように、予告映像が全米で解禁されると1週間のYouTube再生回数は1890万回以上を記録。これまでの劇場公開とDVDをあわせ、全世界総売り上げ7000億円を超える超巨大シリーズの頂点を極める究極のスペクタクルが遂に幕を開ける。  『X‐MEN:フューチャー&パスト』は5月30日より全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access