ニュートが“忍びの地図”に! 『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』の意外なトリビア

特集・レポート
2020年11月6日 20:10
ニュートが“忍びの地図”に! 『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』の意外なトリビア
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』がもっと楽しくなるかも!?  写真提供:AFLO

 現在、『金曜ロードSHOW!』において開催中の「4週連続ハリポタ&ファンタビ!祭り」。11月6日(金)の第3夜に放送されるのは、シリーズ第3作目となる『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2004年)である。(文=Nana Numoto)


■作品は一気に大人向けに

監督に抜擢されたアルフォンソ・キュアロン 写真提供:AFLO
 第1夜~第2夜の『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年)、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002年)で監督を務めたクリス・コロンバスが降板し、アルフォンソ・キュアロンが新たな監督に起用される。前2作と比べ大人向けな演出が増え、作品を楽しめる層がより厚くなったことがうかがえる。今回はそんな『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』の中から、第4夜放送の『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(2018年)の主人公ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)とも関連のある“秘密”を紹介したい。

■ニュート・スキャマンダーが登場!

「忍びの地図」にご注目! 写真提供:AFLO
 今夜の放送で注目してほしいのは、ハリー(ダニエル・ラドクリフ)がホグワーツをこっそり抜け出しホグズミード村へ行くために使うアイテム「忍びの地図」だ。元々はロン(ルパート・グリント)の双子の兄であるフレッド(ジェームズ・フェルプス)とジョージ(オリヴァー・フェルプス)が、ホグワーツの管理人、フィルチ(デヴィッド・ブラッドリー)から盗み出したものである。双子からハリーに手渡された「忍びの地図」は、ホグワーツのどこに誰がいるのかが人目でわかる地図なのだ。

 実はこの地図、ハリーの父、ジェームズ・ポッター(エイドリアン・ローリンズ)を含む、リーマス・ルーピン(デヴィッド・シューリス)、ピーター・ペティグリュー(ティモシー・スポール)、シリウス・ブラック(ゲイリー・オールドマン)の親友4人組がホグワーツ在学中に製作したもの。それが巡り巡ってハリーのもとに届いたのであった。

ニュート・スキャマンダーの足跡も 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』より 写真提供:AFLO
 そんな「忍びの地図」には『ファンタスティック・ビースト』シリーズで主人公を務めるニュートの足跡も記されている。ニュートは1897年生まれであるため、ハリーの在学中にホグワーツに現れたのなら97歳ということになる。作中では画面の右下辺りにニュートの名前が確認できるだけで姿が映ることはないが、97歳のニュートもぜひ見てみたいものである。

次ページ:ハーマイオニーの強烈パンチに裏話

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

イチオシ!

Nana Numoto(ライター)

ハリー・ポッター

映画

カルチャー

ライフスタイル

特集・レポート

あわせて読みたい

「クランクイン!」「クランクイン!トレンド」で働いてみませんか?
編集スタッフ/外部ライター/動画編集

おすすめフォト

行きたい!ランキング

欲しい!ランキング

イチオシ!ランキング