クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

今夜20年ぶり復活「ブラックビスケッツ」も! バラエティ番組から誕生した“音楽ユニット”

エンタメ

  • twitter
  • facebook
(左上から時計回りで)内村光良、南原清隆、木梨憲武、石橋貴明
(左上から時計回りで)内村光良、南原清隆、木梨憲武、石橋貴明 クランクイン!

関連 :

内村光良

南原清隆

石橋貴明

木梨憲武

宮迫博之

山口智充

つるの剛士

上地雄輔

野久保直樹

木下優樹菜

里田まい

スザンヌ

 ウッチャンナンチャンの南原清隆、キャイ~ンの天野ひろゆき、台湾出身のタレント、ビビアン・スーからなる3人組音楽ユニット「ブラックビスケッツ」が、今夜放送の『日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2022』(日本テレビ系)で約20年ぶりの復活を果たす。今回は、同グループのように人気のバラエティ番組から登場した音楽ユニットを振り返りたい。

【写真】ポケビ・ブラビほかバラエティ番組から誕生した“音楽ユニット”<フォトギャラリー>

■ ポケットビスケッツ・ブラックビスケッツ



 ブラックビスケッツが生まれたのは、ウッチャンナンチャンの冠バラエティ番組『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(日本テレビ系)。前身番組で誕生していた千秋、TERU(内村光良)、UDO(ウド鈴木)からなるポケットビスケッツを倒すという名目で誕生したライバルユニットで、南々見狂也(南原清隆)、天山ひろゆき(天野ひろゆき)、そしてビビアン(ビビアン・スー)によって結成された(のちに妹分としてケディ・ティンが加入)。両ユニットはさまざまな企画で対決し、番組を盛り上げた。

 90年代後半のCD全盛の時代とあって、両ユニットともシングルではミリオンヒットを記録。ポケビは2ndシングル『YELLOW YELLOW HAPPY』が100万枚以上を売り上げたほか、ブラビの2ndシングル『Timing』は140万枚以上を売り上げ、1998年の年間チャートでも4位に食い込んだ。

■ Pabo・羞恥心



 2005年スタートし、「おバカタレントブーム」の火付け役となったクイズ番組『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ系)で、総合司会の島田紳助さん(2011年に芸能界引退)による呼びかけで誕生したのが女性アイドルグループPaboだ。メンバーに招集されたのは同番組で珍回答を連発していた里田まいとスザンヌ、木下優樹菜さんの3名。グループ名は韓国語で“おバカさん”を意味する。2007年にデビュー曲「恋のヘキサゴン」をリリースした。

 さらに勢いづいた番組からは、つるの剛士と野久保直樹、上地雄輔で結成された羞恥心もデビュー。2008年リリースのデビュー曲「羞恥心」はオリコン年間シングルチャート5位のヒットとなり、Paboと共にこの年の『NHK紅白歌合戦』にも出場した。

■ 野猿



 1980年代から音楽活動にも力を入れていたとんねるず。彼らが『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)で結成した音楽ユニットが野猿だ。番組でとんねるずがKinKi Kidsのパロディを演じた際、番組スタッフがバックダンサーとして踊ったことをきっかけにユニットが誕生。メンバーはとんねるずのほか、同番組に大道具や装飾、特殊効果、カメラクレーンの担当として参加していたスタッフたち合計11名だ。

 1998年から2001年にかけて活動し、「叫び」「Be cool!」などシングル11曲、アルバム3枚をリリース。本物のアーティストさながらの楽曲群は、すべて後藤次利による作曲。ほとんどの作詞を秋元康が手がけていた。1999年には『NHK紅白歌合戦』に2年連続出場を果たした。最後は、2001年5月にテレビ局スタッフらしく「撤収」という名目で解散している。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv