クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『科捜研の女』1999年の第1回を見てみたら…沢口靖子の今とは全然違うキャラにびっくり

エンタメ

  • twitter
  • facebook
沢口靖子
沢口靖子 クランクイン! 写真:松林満美

 どんなにヒットし、どんなに長く続いたシリーズにも必ず「第1回」が存在する。長く続いたシリーズであればあるほど、紆余曲折を経て今の姿があるはず。長い歴史をまだ知らない第1回は、いったいどんな形でスタートを切ったのか? 知られざる第1回を振り返る「第1回はこうだった」。今回は女優・沢口靖子主演のドラマ『科捜研の女』(テレビ朝日系)Season1、第1話をプレイバック!

【写真】いつまでも美しい沢口靖子(今年撮影)

 同作は、京都府警科学捜査研究所(科捜研)の法医研究員・榊マリコ(「榊」は正式には木+神)の活躍を描く科学捜査ミステリーシリーズ。1999年にスタートしたSeason1から足掛けなんと23年、現行のテレビドラマでは最も長く続いている人気シリーズだ。そんな『科捜研の女』のSeason1第1話はどうだったのか?

■ 全然クールじゃないおてんばマリコ ゴミ袋に頭を突っ込み初登場!

 今では常に冷静沈着で、“クールビューティー”という形容がぴったりのキャラクターのマリコ。ときにおっちょこちょいな側面もあるが、基本的には科捜研を引っ張る頼もしい存在だ。

 しかしそんな今のマリコに慣れていると、第1話の初登場シーン、事件現場のゴミ袋に頭を突っ込み、刑事に首根っこをつかまれているマリコを目の当たりにすると衝撃的だ。マリコが事件現場のゴミ捨て場を観察していたところ、警官に不審者と勘違いされてしまったというのが事の真相だが、この波乱の幕開けが物語るように、第1話ではこの後もマリコの周りでいろいろ起きる。

 キャラクターも、今より気性が荒い。新しく京都府警に赴任してきた刑事部長・倉橋(渡辺いっけい)に遭遇すると、あろうことかマリコは即ビンタ! 仮にも上司なのに…。この背景には、マリコが共に事件を捜査していた城丸刑事(伊藤裕子)との会話がある。結婚したい彼氏がいるという城丸は、バツイチの相手が“前妻”の悪口ばかり言っているとマリコに話す。その前妻こそが、何を隠そうマリコだったのだ。城丸の彼氏が倉橋だと知ったマリコのビンタは、交際相手に自分の悪口を言っていた前夫へのお仕置きだったのだ。

 さらにその後、今度は城丸がわざわざマリコのラボまで乗り込んできて、「私の男に何してくれてんの」と言わんばかりにマリコにビンタをお返し! ここまで全て京都府警内で起きたことで、なかなか話題に事欠かない警察署である。

 このように第1話のマリコは勝ち気で「おてんば」とさえ言いたくなる。クールビューティーとはかけ離れているが、でもそれがキュートにも感じられる。一体この23年の間で、何が彼女を変えさせたのだろう。数多の事件を通して人間の嫌な部分をたくさん見てきたことだろう。殉職した同僚を見送った回数も少なくない。とにかく、23年の月日でマリコの性格が第1話より落ち着いたことは確実だ。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv