クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

キャリアに影響なし? 同性愛者だとカミングアウトした俳優たちが大活躍

映画

大作主演にアカデミー賞司会…ハリウッドで活躍するカミングアウトした俳優たち(左からルーク・エヴァンス、エズラ・ミラー、ニール・パトリック・ハリス)
大作主演にアカデミー賞司会…ハリウッドで活躍するカミングアウトした俳優たち(左からルーク・エヴァンス、エズラ・ミラー、ニール・パトリック・ハリス)(C) AFLO

 来年2月に開催される第87回アカデミー賞授賞式の司会者に、ゲイであることを公にしているニール・パトリック・ハリスが決定した。人気コメディ番組『ママと恋に落ちるまで』で一般人にも幅広く名を知られるハリスは、チャーミングな魅力で愛される上、ブロードウェイで大活躍する真の実力派でもある。

【関連】カミングアウトした人気有名人たち<フォトギャラリー>

 授賞式の司会も得意としているニールは、これまでに2度のエミー賞、4度のトニー賞でホストを務めてきた。現在北米で大ヒット公開中のデヴィッド・フィンチャー監督作『ゴーン・ガール』にも重要な役で出演しており、ハリウッド内での彼のパワーは上昇する一方だ。

 ニールは長年の恋人デヴィッド・ブーティカとこの秋、同性結婚を果たした。それより前にこの2人は、代理母を通じて双子をうけてもいる。それらのニュースはメディアを賑わせるが、記事も好意的で、彼のキャリアに悪影響を及ぼしている気配はまるでない。

 しかし、ひと昔前は世間やマスコミの反応も違った。1989年にカミングアウトしたルパート・エヴェレットは、そのせいで偏見をもたれ、仕事が来なくなったと不満をもらしていた。エレン・デジェネレスは1997年にカミングアウトし、それに伴って、彼女が主演するコメディ番組『Ellen(原題)』の役柄にもカミングアウトさせたが、その翌年、番組は打ち切りとなっている。

 しかし、現在放映中のエレンの昼間のトーク番組は好調で、エレンは2006年と昨年、オスカーのホストも務めている。2006年のオスカー授賞式の舞台で、エレンは、「なんてすばらしい夜でしょう。多様な人種、宗教、性的嗜好の人たちが、ひとつの部屋に集まっている。私はこれを広めていきたい」と語り、拍手を浴びた。

 実際、少しずつ、そんな動きは広まってきているようだ。『スター・トレック』のザカリー・クイント、『ドラキュラZERO』のルーク・エヴァンス、『ザ・フラッシュ』映画版の主演に抜擢されたエズラ・ミラーなども、キャリアは好調だし、女優エレン・ペイジも、最近はプロデューサーにも進出する活躍ぶりだ。

 俳優なのだからなんでも演じられるのに、つまらない偏見で役柄を限定するなど、そもそもばかばかしい話。保守的で頭の堅いハリウッドも、ようやく現実の世界に追いつきつつあるのだ。(文:猿渡由紀)

関連情報

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access