クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

「ハロプロ研修生」出身グループが大活躍! 厳しい“アイドルの卵”育成制度とは

エンタメ

  • twitter
  • facebook
ハロプロの研修生出身者で構成された「こぶしファクトリー」
ハロプロの研修生出身者で構成された「こぶしファクトリー」

関連 :

こぶしファクトリー

モーニング娘。

Juice=Juice

アンジュルム

 昨年末の日本レコード大賞で最優秀新人賞を受賞、2月発売の最新シングルはオリコン週間シングルランキングで1位を獲得した8人組・こぶしファクトリー。次世代の主役を狙うアイドルグループの中でも、歌、ダンスともにスキルの高さで定評がある彼女たちは、全員がハロプロの研修生出身だ。今年も、この研修生による恒例の発表会「春の公開実力診断テスト」が5月5日に開催されるが、このイベント、中野サンプラザが満員になるほどで、チケットを取るのも難しいと言われている。そんな「ハロプロ研修生」とはどんな組織なのだろうか。

【関連】「モーニング娘。」フォトギャラリー

 ハロプロ研修生の前身「ハロプロエッグ」は、未来のハロプロアイドルを育成すべく2004年にスタート。歌やダンスのレッスンを受けながら発表会公演や各種イベントに出演。実力や人気が認められるとデビューを検討される。初期メンバーでは、真野恵里菜や和田彩花(アンジュルム)、福田花音らがデビューを果たしている。また現・アップアップガールズ(仮)のメンバーたちも在籍。2011年からは「ハロプロ研修生」と名称を改めている。

 2010年からモーニング娘。の新メンバーオーディションが復活したが、研修生からも工藤遥、小田さくらなど合格者を輩出。現リーダー・譜久村聖も研修生出身だ。アンジュルムやJuice=Juice、カントリー・ガールズにも研修生出身メンバーが入り、現在はハロプロ内で研修生出身者は過半数を超えている。そのモー娘。などのオーディションの参加者から、合格はしなかったが優秀だった人材が研修生として加入するケースも増え、それによりルックス、実力ともレベルが上がり、研修生人気の上昇につながった。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv