<アカデミー賞>史上初の大波乱で幕を閉じる 政治的発言は予想より少ない授賞式に

映 画

大パプニングが起きた、第89回アカデミー賞作品賞発表
Aaron Poole/(C)A.M.P.A.S.

 なんというハプニング!
 
 ほぼ予想どおりに進んだ今年のアカデミー賞は、最後の2分に、とんでもない展開が待ち受けていた。作品賞のプレゼンターは、ウォーレン・ビーティとフェイ・ダナウェイ。彼らが読み上げたのは、世間が予測していたとおり『ラ・ラ・ランド』。だが、『ラ・ラ・ランド』の人々が舞台に上がり、授賞スピーチを始めた途端、実は読み間違えで、受賞したのが『ムーンライト』だったとわかる。それから舞台に上がった『ムーンライト』のバリー・ジェンキンス監督らに、混乱した感じがあったのは否めない。過去89年のアカデミー賞の歴史で、こんなことが起こったのは初めてだ。

関連記事

あなたにおすすめのビデオ&コミック

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最新ニュース

新作ビデオ

  • 今夜、ロマンス劇場で
  • HiGH&LOW THE MOVIE2/END OF SKY
  • 【先行3年レンタル】アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
  • コンフィデンシャル 共助
  • クライシス・オン・アースX 最強ヒーロー外伝
  • アクト・オブ・バイオレンス
  • ザ・ソルジャー 戦火の兵士たち
  • スリープレス・ナイト
  • 聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
  • 星空
  • 祈りの幕が下りる時
  • 劇場版 Infini-T Force/ガッチャマン さらば友よ

新作コミック

ビデオ人気ランキング

コミック人気ランキング

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access