クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

<2019年女性アイドル>坂道グループ躍進、現役アイドル結婚、卒業…激動の1年を振り返る

エンタメ

(左から)乃木坂46・与田祐希、日向坂46・小坂菜緒、欅坂46・菅井友香
(左から)乃木坂46・与田祐希、日向坂46・小坂菜緒、欅坂46・菅井友香 クランクイン!

 まもなく2019年が終わりを迎える。昨年は相次ぐメンバーの卒業やグループの解散が目立った女性アイドル界だが、今年もさまざまなトピックが目立った。心機一転で躍進を遂げたグループや、かつて“戦国時代”とまで称された現代アイドル界の黎明(れいめい)期を支え続けてきたメンバーの卒業。さらに、常識を覆す決断で彼女たちに新たな希望をもたらしたメンバーもいた。いま一度、過ぎゆく年の最後に振り返ってみたい。

【写真】「女性アイドル顔だけ総選挙2019」トップ20発表

■改名を境にして第三勢力として躍進した日向坂46

日向坂46
 欅坂46のアンダーグループであった“けやき坂46”が、2月に“日向坂46”へ改名して以降の躍進はやはり特筆すべきトピックだ。

 3月発売の1stシングル「キュン」は、初週47.6万枚を売り上げてオリコン週間シングルランキングの1位を獲得。「女性アーティストの1stシングルによる初週売上枚数」で歴代1位となり、さらに、2016年4月発売の先輩グループである欅坂46の1stシングル「サイレントマジョリティー」が記録した26.2万枚を上回り、坂道グループにおける期待値の高さをみせつけた。

 以降、同グループは7月発売の2ndシングル「ドレミソラシド」や10月発売の「こんなに好きになっちゃっていいの?」でも初週40万枚超の売上げを記録。女性アーティスト史上で初の「1stシングルから3作連続での初週40万枚超え」を達成し、9月には自身最大規模となったさいたまスーパーアリーナ公演で2万人を動員した。

■次世代メンバーたちの活躍も目立った欅坂46・乃木坂46

乃木坂46
 後輩グループの躍進が目立った一方、欅坂46では2期生たちの活躍も目立った。

 昨年行われた「坂道合同新規メンバー募集オーディション」を経て同年12月に欅坂46に加入した9人は、4月に初の単独イベント「欅坂46二期生『おもてなし会』」を東京と大阪で開催。グループの冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京)でも、彼女たちをフィーチャーした「殻を破りたい2期生たち」や「2期生の運動能力をチェックしよう」といった企画が組まれ、それぞれのキャラクターがよりきわだつようになっていった。

 さらに、グループとしてもう一つ上げたいのが選抜制への移行だ。これまでは全員選抜制を取っていた欅坂46だが、9月に先述の冠番組で、次回作となる9thシングルにおける17人の選抜メンバーを発表。平手友梨奈や小林由依、渡邉理佐らが選ばれた一方で、ダンスパフォーマンスに定評のある鈴本美愉が落選するなど、ファンの間に動揺も広がった。

 そして、坂道グループ全体を俯瞰(ふかん)してみると、乃木坂46に“世代交代”の波が感じられたのも大きなトピックだった。11月に東京・代々木第一体育館で行われた「乃木坂46 3・4期生ライブ」に象徴されていたが、グラビアでの活躍も目立った3期生の与田祐希や山下美月、4期生の遠藤さくらなど、次世代の活躍が期待されるメンバーたちも存在感を強めていた。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access