クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ヒットし過ぎて放送禁止に!? 中国エンタメの“今”を物語る時代劇ドラマとは?

海外ドラマ

2018年No.1ヒットとなった中国時代劇ドラマ 『瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』
2018年No.1ヒットとなった中国時代劇ドラマ 『瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』(C)2018 Dongyanghuanyu Film & Television Culture Co., Ltd. All Rights Reserved

 近年、日本でリリースされる中国時代劇ドラマの本数は、韓流時代劇に反比例して増加していることをご存じだろうか? 中国では国策により時代劇ドラマが制限されて一時期よりも本数は減少しているが、巨額の製作費で豪華絢爛な歴史絵巻を見せる中国ドラマに対する関心は、日本のみならず世界中で高まり続けている。そんな中、ヒットし過ぎて中国で放送が見送られたといわれる1本の時代劇ドラマに世界の関心が寄せられている。

【写真】2018年No.1ヒットとなった中国時代劇ドラマ『瓔珞(エイラク)』

 その時代劇ドラマが、2018年にGoogleで「世界で最も検索されたTVドラマ」となった大ヒット作『瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』だ。規制により通常中国からはアクセスできないGoogleで選ばれていることから、本作がどれほど世界中で支持されているかおかわりいただけるのではないだろうか。さらに、本作は、世界90ヵ国に輸出され、米Variety誌が選ぶ「ベスト海外ドラマ」に選出されるなど、中国ドラマとしては異例の高い評価を獲得している。

 これには中国時代劇ドラマが今や世界に影響をもたらすほどハイクオリティな作品を生み出し、成長を遂げている背景があると言える。とくに、『瓔珞(エイラク)』に関しては、これまでの時代劇ドラマとは一線を画すその設定や演出にも大きな注目が集まった。

 『瓔珞(エイラク)』は、清朝・乾隆(けんりゅう)帝時代を描いた宮廷ドラマで、主人公の瓔珞は女官から乾隆帝の妃となり死後には孝儀純(こうぎじゅん)皇后の称号を得た実在の人物がモデル。作中、瓔珞は封建的なルールに反旗を翻す現代的な女性として描かれており、身分の高い相手に対しても決してひるまず、自分の信念を貫き“やられたらやり返す”。その姿は、中国でも大人気となった日本ドラマ『半沢直樹』を彷彿とさせる。

 弱きを助け悪を挫く正義感あふれる彼女の姿は、視聴者から「スカッとする」「痛快!」ともてはやされ、彼女が後宮で出世していくサクセスストーリーも大きな支持を得た。いわば時代劇でありながら現代社会にも通じる人物設定やストーリー展開が人々の共感を集めたといえる。

次ページ:中国ではWebドラマがヒットしている

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連情報

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv