クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

斎藤工「今の世の中に必要なのは“ホスピタリティ”」 妊娠する男性役を演じて

映画

  • twitter
  • facebook
斎藤工
斎藤工 クランクイン! 写真:松林満美

 斎藤工が妊娠する男性役に挑んだNetflixシリーズ『ヒヤマケンタロウの妊娠』が、全世界独占配信中だ。共演の上野樹里が後ろから斎藤を抱きしめ、斎藤の大きなお腹を愛おしそうに撫(な)でる姿を写したメインビジュアルが大きな話題を呼んだ本作。妊娠する男性という役を演じる中で、斎藤は妊娠や出産、さらには子育ての現状について「実感に近い」思いを感じたという。

【写真】丁寧に役を演じた斎藤工 撮り下ろしフォト集 ■上野樹里演じる亜季と対峙することで作り上げたキャラクター

 本作は、すべての男性が妊娠するようになってから約50年後の世界を舞台に、突然の妊娠に悪戦苦闘する主人公・桧山健太郎とその周囲の人々を描いた社会派コメディ。桧山のパートナー・亜季を上野樹里が演じる。

 「もしも男性が妊娠したら?」をテーマにした本作は、斎藤にとって初の“妊娠”経験となる。初めての挑戦には戸惑いも大きかったのではないかと思ったが、斎藤は「映画やドラマは“まさか”を描くもので、予期せぬ何かが起こることで物語ができあがるので、(妊娠する男性という役に対し)全く抵抗感も違和感もなかったです。企画をいただいた時から、この作品を通じて見えるものは多様性につながるという確証を感じていました」と本作への思いを口にした。


 とはいえ、演じる上での難しさもあった。特に物語の前半は、妊娠中のマイナートラブルや体の変化をリアルに丁寧に描いており、「家族など身近な女性の人に話を聞かせてもらったり、さまざまな作品の中で描かれていたものを参考にさせていただきましたが、中でも(原作の)坂井恵理先生がご自身の体験を描かれた作品からは大きな影響を受けました」と、入念にリサーチして臨んだことを明かす。特に苦労したのは「自分の欲するものと、自分に宿るものが欲するもの、という2つの意思をどう感じるのか」という感覚。「それは実際に感じてみることはできないので、聞いた話から想像して演じました。ですが、実際にお腹をつけていただいたりする中で、自分の中の重心が変わっていくことを感じていました。上半身に意識があったものが、だんだんと体の中央にずれていくような感覚は実感に近いものがあったので、不思議で貴重な体験をさせていただきながら、撮影に臨みました」。

 さらに、上野と対峙(たいじ)して芝居をすることで、桧山と亜季の立ち位置も明確になっていったという。

 「上野さんが演じる亜季には、いわゆる“働く男性”的な概念が宿っていますが、それに対して、桧山はいわゆる女性的な立場を経験する、対になる関係性です。この対比によってそれぞれのキャラクターが描かれています。ですが、演じるうえでは、キャラクターの中だけで生まれたもので構築するのではなく、現場で上野さん演じる亜季と対峙することで、桧山という役を作り上げることができました」。


 そんな上野とは、撮影現場では「食に関していろいろな交流をさせてもらった」と明かす。斎藤自身、コロナ禍になってから「自分の体内と向き合うようになった」と言い、現在では「体の9割が菌でできているので、その9割を良い状態にすることを考えて、お味噌汁や糠漬け、玄米のような腸内の菌に良いものに食生活を変えています」と話す。それだけに、食に関して詳しい上野とは話があったようで「上野さんのお知り合いの農家の方にお米を送っていただき、僕は発酵の濃度の高い飲み物をお返ししたり、親戚みたいな関係でした」と笑った。

次ページ

■今の世の中に必要なのは“ホスピタリティ”

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv