菜々緒、悪女役で存在感発揮 刺激が強すぎて祖母泣かす

映画

菜々緒、“悪女”は「持ち味を最大限に生かせる役柄」
 クランクイン!

 140万部を超える伊坂幸太郎の同名ベストセラーを映画化した『グラスホッパー』が公開。ある事件で婚約者を亡くした虫も殺せぬ男・鈴木(生田斗真)が、復讐のため裏社会に潜入し、やがて予期せぬ事態へと堕ちていく、巻き込まれ型エンターテインメントだ。“闇社会のヤンキーセレブ”なるキャッチコピーのついた悪女・比与子役で鈴木を追い込む菜々緒が、自身のおばあちゃんを泣かせたエピソードを明かした。

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access