クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

大倉忠義&大島優子、阿部寛の“スキー下手”に爆笑寸前「東野さんに怒られないか心配」

映画

  • twitter
  • facebook
『疾風ロンド』阿部寛×大倉忠義×大島優子インタビュー
『疾風ロンド』阿部寛×大倉忠義×大島優子インタビュー クランクイン!

関連 :

大倉忠義

阿部寛

大島優子

 東野圭吾の人気小説を映画化した『疾風ロンド』が現在公開中だ。数々のベストセラー小説を世に送り出してきた東野原作、そして主演を務めるのは実力派俳優・阿部寛という魅力的な組み合わせに加え、「関ジャニ∞」大倉忠義、大島優子が作品を彩る。シリアスなサスペンスをもとにコミカルな要素がふんだんに盛り込まれているという魅惑の作品に出演した阿部、大倉、大島に話を聞いた。

【関連】阿部寛&大島優子インタビュー<フォトギャラリー>

 阿部が演じる栗林は、研究所から盗まれた危険な違法生物兵器“K‐55”の回収のため、野沢温泉スキー場で奔走する主任研究員。上司に逆らえず、家庭では息子から蔑んでみられるなど、うだつの上がらない感は半端なく、しかもスキーは下手くそだ。「もともとスキーはできないので、下手な役は問題なかったですね。吉田(照幸)監督から『好きにやってください』って言われていたので、結構コミカルな感じにやりました。東野さんに怒られないかなって心配なぐらいでしたよ」と笑顔で撮影を振り返る。

 阿部が語るように、劇中の栗林は滑走禁止の場所で何度も穴に落ちるなど、笑いをこらえるのが大変なぐらいコミカルな演技を披露している。そんな阿部を助けるパトロール隊員・根津を演じた大倉も「本当に笑いをこらえるのが大変でした。原作を読んでいて、そのイメージで作品に入っていったので、阿部さんの演技をみて『なるほど、そういうことなんだな』って納得しました」と阿部の立ち振る舞いに感嘆する。オリンピックを目指すスノーボード選手の千晶を演じた大島も、阿部の姿を見て試写では大笑いしたという。

 シリアスな演技からコミカルな芝居まで緩急自在の阿部。大島は「色々と追求されていくので、どんどん段取りが変わっていくんです。毎回どういう感じで来るのだろうって楽しみでしたし、ワクワク感がありました」と充実した撮影だったことを語ると、大倉も「これまで阿部さんは出来上がった作品でしか見たことがなかったのですが、リハーサルでは毎回ちょこっとずつ芝居を変えていて、奇声を発したり、色々な面を見ることができました」と脱帽する。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv