賀来賢人インタビュー「がむしゃらにやっている途中」

エンタメ

ドラマ『今日から俺は!!』主演の賀来賢人にインタビュー
ドラマ『今日から俺は!!』主演の賀来賢人にインタビュー クランクイン!

 累計発行部数4000万部を超える西森博之の大ヒット少年コミックを、『銀魂』『スーパーサラリーマン左江内氏』の福田雄一が連続ドラマ化することで早くから注目を集める『今日から俺は!!』。“ゆとり”に“さとり”から、“つくし”世代まで登場しているこの時代に、1980年代の“ツッパリ”ヤンキーヒーローという規格外の主人公・三橋を演じる賀来賢人が、「あの人が出るなら面白そうだから見たいと思わせる、パワーのある役者になりたい」と語った。

【写真】賀来賢人インタビューフォト集

 舞台では活動初期からコメディに出演していた賀来だが、最近までは正統派のイケメン俳優としての印象が強かった。しかし昨年の『スーパーサラリーマン左江内氏』『斉木楠雄のΨ難』という福田作品への連続出演が、賀来のイメージを変えた。

 「舞台という生ものとして通用するものと、映像で見せられるテクニックって、なんとなく違うと思っていたんです。それをつなげてくれたのが福田さん。今回の『今日から俺は!!』はミュージカル『ヤングフランケンシュタイン』の稽古場で、福田さんから直接声をかけていただきました。もちろん、『やります、やります!』と。ほかの人がやることになっていたら、悔しくて“イ~っ”となっていたでしょうね(笑)」。

 原作コミックにも思い入れがあった。

 「友達のお兄ちゃんが持っていて、小学生のときに借りてドハマりしたんです。三橋はちゃらんぽらんだったりわがままだったりもするけれど、最終的には仲間思いだし、自分なりの正義がある。そのギャップがいいし、とにかくかっこいい。いそうでいなかった主人公だと思います。しかも真逆の伊藤(伊藤健太郎)という存在がいて、すごく魅力的な作品です」。


 人気コミックが基というプレッシャーはなかった。

 「僕自身、原作を死ぬほど読んできましたから。もちろんいろんな原作ファンの方がいらっしゃると思いますけど、僕も誰よりも原作ファンだという気持ちです。僕の中にちゃんと三橋がいるので、安心して映像作品としても臨めました」。しかし不安な部分がなかったわけではない。連ドラの主演を張るという責任だ。

 「真ん中に立つという経験が、今まであまりなかったですし。『スーパーサラリーマン左江内氏』のときとは立ち位置が違う。今回は、少年コミックが基のヒーローですからね。三橋と伊藤が完全に核となって引っ張らなければいけない。その存在感が自分にあるだろうかというのは思いました」。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access