高橋一生&斎藤工&滝藤賢一 独身、結婚、人付き合いを語り尽くす

エンタメ

『東京独身男子』(左から)滝藤賢一、高橋一生、斎藤工
『東京独身男子』(左から)滝藤賢一、高橋一生、斎藤工 クランクイン!

 俳優の高橋一生、斎藤工、滝藤賢一が、あえて結婚しない男子=AK男子を演じることで注目を集める土曜ナイトドラマ『東京独身男子』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)。本作では、あるときを境に結婚を猛烈に意識したAK男子たちが七転八倒するさまを描くラブコメディということで、3人に独身とは何か、結婚とは何か、そして異性との関係で大切にしていることを聞いた。

【写真】高橋一生&斎藤工&滝藤賢一が爽やか! 『東京独身男子』インタビューカット

 50歳まで1度も結婚したことのない男性が4人に1人いるといわれる現代。没頭できる仕事と趣味を持ち家事能力も高く、友達と充実した日々を過ごす“AK男子”は増加中で、本作でもメガバンク勤務の石橋太郎(高橋)、バツイチの審美歯科クリニック院長・三好玲也(斎藤)、大手弁護士事務所のボス弁の岩倉和彦(滝藤)という、独身ライフを謳歌(おうか)するスペックの高い3人が登場する。

 高橋は話を受けたときに「最初は大丈夫だろうかと思いました。あえて結婚しない男子を迎合しすぎるのも…とも思いましたし、リアルに受け取られないかが心配でした」と不安を感じたそう。その中でリアリティを持たすためどういう風に受け取られるかを模索したというが、「見る人に委ねようと思いました」と気持ちが変化してきたという。


 脚本は『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS系)などを手掛けたラブコメの名手・金子ありさが担当。金子作品に出演経験のある斎藤は、「金子さんが男性心を何層もえぐる描写をしてくるんだろうなと覚悟していましたが、そこがとても軽やかで、現代的なものができてます」といい、滝藤も「何度読んでもこの脚本は好きですね」と絶賛する。

 そんな物語で描かれるのは、独身と結婚。3人で唯一家庭を持つ滝藤は「独身は複雑、結婚はシンプル」と称し、「このドラマの男たちを見てると、太郎の部屋や行きつけのバーで夜な夜な集まって他愛のない話をしたり女性を取り合ったり、パーティーに出かけたりと盛りだくさんですよね」。


 一方、「分からない、難しい」と答えに悩んだ斎藤は、「結婚しても独身時代に感じる自由さの孤独はあると思う。結婚しても個人としても生きていくだろうし、自分のエリアみたいなものはあるのかな」と自身がイメージする結婚について真摯(しんし)に明かす。

 そんな滝藤と斎藤が「なるほど」と相づちを打った高橋の答えは「独身は終わり、結婚は始まり」。「独身でいることに別にいいことはないんだろうと思っています。結婚すると、きっと新しい側面が自分の中で見えてくるんだろうなと。子どもができたり、奥さんという帰る場所があると、男性は新しい自分に気づくかもしれないから“始まり”だと思います」と爽やかに語る。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access