クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

池松壮亮、俳優人生“0か100”「役に入ったらとことん振り切る」

映画

池松壮亮、『宮本から君へ』インタビュー
池松壮亮、『宮本から君へ』インタビュー クランクイン!

 さらに今回、池松は鬼気迫る喧嘩(けんか)バトルにも挑戦している。「映像化するのは困難」とされていた、怪物・真淵拓馬(一ノ瀬)との“非常階段の決闘シーン”だ。「実在するマンションの8階で撮影したんですが、周囲の住民の方は皆さん驚いていましたね。もちろん、セーフティーは万全でしたが、ワイヤーで吊るされてのノースタント・アクションは本当に怖かった。階段から落ちる夢を何度も見ましたよ(笑)」と吐露した。


 原作者の新井が、本作のために手書きで記したキャッチコピー「いききっちゃうんだ」という言葉。これは、池松の俳優人生にそのまま重なる。「普段は穏やかに暮らしているんですが、いざ、映画の現場に行くと、脳や体が暴走しそうになることがあるんです。“これはいったいなぜだろう?”と考えたことがあるんですが…僕はすごく極端な人間で、0か100しか興味がないんですよね。だから、役に入ってしまったら、とことん振り切ってしまうんです」。その言葉通り、宮本を見事なまでに“生き切った”池松。0から100へ、本作に身も心も捧げた役者魂が、観る者の胸に突き刺さる。(取材・文:坂田正樹 写真:ナカムラヨシノーブ)

 映画『宮本から君へ』は9月27日より全国公開。

映画『宮本から君へ』本予告(C)2019「宮本から君へ」製作委員会

2ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access