クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

比嘉愛未、“どっちつかず”の30代だからこそ…心がけているのは「柔軟性」

エンタメ

 現在放送中のドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』で、桐谷健太演じる刑事・仲井戸豪太の妹で、東出昌大扮するエリート検事・真島修平の部下、立会事務官・仲井戸みなみを演じている女優・比嘉愛未。劇中では、関西弁でツッコミを入れたり、ものまねをしたりと、はじけたキャラクターを演じ、新たな一面を見せている。現在33歳、2005年に女優デビューしてから着実にキャリアを積んできた比嘉だが、本作は女優業の楽しさを再認識させてくれる作品だという――。

ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』比嘉愛未インタビューカット

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access