クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

小芝風花、乗り越えてきた悔しさは「全部今につながっている」

エンタメ

小芝風花
小芝風花 クランクイン!

 『トクサツガガガ』(NHK)、『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)、『妖怪シェアハウス』(テレビ朝日系)と、近年女優として進境著しい活躍を見せる小芝風花。TBSドラマ初主演を務める新作では、男装の主人公に体当たりする。数々の作品で不器用ながらも真っすぐなヒロインを演じ、多くの共感を集めてきた小芝に、未知の領域のキャラクターを演じる思いを聞いた。

【写真】さわやかなイケメン! 小芝風花の男装撮り下ろしショット

◆男性になった自分を見た感想は「少年感がすごい」

 主演を務めるドラマ『書類を男にしただけで』(TBS/10月11日14時)は、「男に生まれてみたかった」「こんなとき男だったら…?」と、女性の日常に散りばめられた理不尽さや悔しさを痛快に描く社会派ラブコメディ。小芝は、転職活動でうっかり、たまたま男として採用試験を突破し、大企業にエリートとして入社することになった主人公の女性・箕輪祐希を演じる。


 本作のオファーを聞いた時は、「私で大丈夫かな?」と不安に思ったそう。しかし、脚本を読んでみると「女性なら誰しもが共感できる内容で、『男だから』『女だから』ということは関係なく、自分のやりたいことや好きなことに真っすぐ向き合っていける、受け入れてくれる世の中になったらいいなという作品だと思いました」と前向きに臨めたという。

 男性となった自身のビジュアルには「少年感がすごい」と苦笑いするが、「バリバリ仕事ができる大人の男性感を出したかったのですが、そこはスタッフ・キャストの皆さんのお力をお借りして、男っぽくなったらいいなって」と笑う。


◆男性と女性の演じ分けは「意識せず自然体のまま」

 今回、男性ビジュアルの役と女性役の両方を担当するが、演じ分けはあまり意識していない。「祐希は性別のせいで差別されたり、大きな仕事を任せてもらえなかったりしていたのが、男性になった途端入社してすぐに大きな仕事を担当させてもらえたりする。本人は全く変わらず、人間性も仕事のやり方も何も変わっていないのに、男と女っていうだけで、周りの見方がこんなにも違うということを表現したいので、自然体のまま根本的には何も変えずにいたいです」。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access