クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『シン・エヴァ』宮村優子が振り返る、アスカとの25年 その“苦労”と“喜び”

アニメ

  • twitter
  • facebook
映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』より
映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』より 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』 公開中 総監督:庵野秀明(C)カラー

 TVシリーズ放映から25年。完結を惜しむ声もある『エヴァンゲリオン』シリーズで、パイロットの1人・アスカを演じてきた声優の宮村優子。公開中の映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のアフレコ現場で、庵野秀明総監督から「アスカが宮村で良かったよ」と言葉を掛けられたと宮村は語る。25年間、アスカを背負い続けてきた彼女にその“苦労”と“喜び”を聞いた。

【写真】宮村優子が25年演じ続けたアスカ 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』より

■庵野総監督からの一言「アスカが宮村で良かったよ」

 1995年にTVシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』が放送開始して以降、社会現象になった『エヴァンゲリオン』シリーズ。1997年、98年には『新世紀エヴァンゲリオン劇場版』が公開。2007年公開の映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』からは『新劇場版』シリーズとして再始動。2009年公開の『:破』、2012年公開の『:Q』を経て、公開中の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』で25年以上の歴史の集大成を迎えた。

――公開中の完結編『シン・エヴァンゲリオン劇場版』までの間に、庵野総監督から『新劇場版』シリーズが終わるというのはいつ聞きましたか?

宮村:実は、今でもはっきりとは聞いていないんです。だから、今も終わったという実感はないまま、庵野総監督の発言や世の中の流れから「完結編だ」と感じ取っています。

――意外でした。では、完結編のアフレコで最後に発したセリフは何でしたか?

宮村:完成までにリテイク(収録のやり直し)がたくさん出たので、実は、はっきりとは覚えていなくて。一度目の公開延期(※)の前に、いったん私のパートは録り終わっていたんですけど、庵野総監督をはじめ製作陣の熱意もあり、後から「リテイクが出ました」と呼ばれることが何度かありました。

ただ、ある日のアフレコ現場で「これでもうリテイクは出ないと思います」と言われたのは覚えていて。スケジュールが押していて、私の後に(坂本)真綾ちゃん(真希波・マリ・イラストリアス役)の収録が控えていたので「お先に。お疲れさまでした!」と帰りました。

※映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は当初、2020年6月27日の公開予定がコロナ禍で2021年1月23日に延期。その後、2021年3月8日に再延期された。

映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』より 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』 公開中 総監督:庵野秀明(C)カラー
――はっきりとした区切りは、なかったと。

宮村:製作中は、皆さん本当にバタバタしていたので。私が帰り支度をしていたら「すみません!」と、スタッフの方から呼び止められて、式波・アスカ・ラングレー(『新劇場版』シリーズでの宮村の役名)を「筆記体で書いてください」とお願いされました。「何に使うんですか?」と聞いたら「作品に出てくるので」と言われて。スペルが分からなかったから聞いて、スタッフの方から「ラングレーはこうです」と言われて書いたのが、私にとって、最後の現場でした。

――製作現場の緊迫感が伝わるエピソードですが、庵野総監督からは、アスカを演じてきたことへのねぎらいはありましたか?

宮村:公開が初めて延期される前、自分のパートが終わったときに「本当にありがとう。アスカが宮村で良かったよ」と言われました。私も「ありがとうございます」と返して。庵野総監督は関わったみんなに愛を注いでいるので、ほかのキャストにも感謝を伝えていたと思います。すべてのスタッフやキャストへ心からお礼を言っただろうし、25年間を経て「庵野さんすごい。大人になってる!」と心の中で賛辞しました(笑)。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv