クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

佐々木希、女優業に感じる喜びとやりがい「今まで経験してきたものが引き出しに」

エンタメ

佐々木希
佐々木希 クランクイン! 写真:高野広美

 女優、モデル、アパレルプロデュースなどさまざまなジャンルで輝きを放つ佐々木希。6年ぶりの舞台出演となる『醉いどれ天使』では、新境地ともいえる役どころに挑戦する。最近さまざまなキャラクターを演じ、女優業にも意欲的な佐々木に、今の思いを聞いた。

【写真】佐々木希、ママになっても変わらないかわいらしさと美しさ

◆たくましく健気な女性に心ひかれる

 黒澤明監督が三船敏郎・志村喬という名優を迎え1948年に製作した日本映画史に残る伝説の作品を舞台化する本作。三池崇史が演出を務め、桐谷健太、高橋克典、高嶋政宏、田畑智子、篠田麻里子と実力派が顔をそろえる中、佐々木は、主人公の闇市を支配する若いやくざ・松永(桐谷)を陰ながら支える、同郷の幼なじみ“ぎん”を演じる。


――本作は6年ぶり2回目の舞台出演。オファーをお聞きになった時の印象を教えてください。

佐々木:うれしさと、ものすごく覚悟がいるなという気持ちでした。うわぁ、舞台!? 舞台、来た!って(笑)。6年前はまったく何も分からない状態で舞台に挑戦して、すごく不安や葛藤がありました。稽古中も本番もずっとドキドキして気が抜けないという感じだったのですが、会場が一体になる喜びや終わった後の達成感を知ることができたんです。その時の記憶は今もすごく鮮明に覚えていて、アドレナリンもすごかったので、またいつかやりたいなと思っていました。

――今回は、黒澤明監督の名作の舞台化となります。作品の印象はいかがですか?

佐々木:以前より黒澤明監督の作品は拝見していたのですが、『醉いどれ天使』は今回初めて拝見しました。脚本も読ませていただき、「おもしろい!!」とかなり心を動かされました。人間のきれいな部分だけでなく、奥の奥の葛藤だったり、人間くさいところを描いていて。そういう作品も大好きで普段からよく見ているのですが、この作品の人間くささにもすごく心ひかれました。


――演じられる“ぎん”は、どんな女性でしょうか?

佐々木:ぎんは、戦争で足を負傷してダンサーになる夢もなくなって、故郷にも帰れず居場所もないから闇市の居酒屋で働いている女性です。ただ、映画からも脚本からも感じましたが、かわいそうには見えないと言いますか…。いろいろ抱えてはいますが、エネルギッシュで、たくましくて、でも健気な女性。明日はくるし、くよくよしていられないというぎんにすごく憧れますし、共感といいますかすてきな女性だなって思うんです。この作品に出てくる女性は、心が描かれているから、みんな本当にすてきなんですよね。

舞台『醉いどれ天使』ビジュアル

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連情報

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv