クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

“人見知りはしない”増田貴久、心掛けるコミュニケーションのポリシー

ドラマ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『古見さんは、コミュ症です。』に主演する増田貴久
ドラマ『古見さんは、コミュ症です。』に主演する増田貴久(C)NHK

関連 :

増田貴久

NEWS

 圧巻の歌唱力とダンスで人々を魅了するだけでなく、数々のドラマで活躍を見せるNEWS・増田貴久。現在放送中のドラマ『古見さんは、コミュ症です。』(NHK総合/毎週月曜22時45分)では「フツー」をモットーにしている平凡な高校生・只野仁人役に挑戦している。早くも話題を集める本作で主演を務めるにあたり、高校生役を演じる心境や、コミュニケーションで大切にしていることなどを語ってもらった。

【写真】第4話では、只野(増田)は、古見さん(池田エライザ)、片居(溝端淳平)、万場木(吉川愛)らと海に出かける

◆35歳で高校生役挑戦も違和感なくすんなり

 本作は、池田エライザ演じる人付き合いの苦手な古見硝子をはじめとした高校生たちが、苦悩としなやかに向き合う物語。増田はどんな人にでも優しく寄り添う主人公・只野を好演中だ。35歳の増田が高校生役を演じるということで、放送前から話題を集めていた本作。増田はオファーを受けたときの心境を「『まだ高校生の役を頂けるんだな』と、自分ではそんなに違和感なくすんなり受け入れたんです(笑)」と振り返り、「自分と只野くんの年齢差を考えて『できるかな?』と思う前に『うれしいな』と思いました」と前向きな気持ちだったことを明かす。

 今の自分が高校生の只野を演じる意味についても「今の年齢だからこそ役への理解ができたと思います。人付き合いの経験値を積んだ今の年齢になっていなかったらできなかっただろうな、というのは撮影中にすごく感じていました。逆に今の年齢でこのお話を頂けたことはうれしいし、よかったなと思います」と受け止め、「そもそも自分たちが高校生に見えるかどうか、という話ではないじゃないですか。『35歳なのに…』みたいな目線を超えていきたいです」と作品の本質を伝えられるよう意気込む。

 本作は“人とのコミュニケーション”を優しく丁寧に描いている。増田は自身のコミュニケーション力については「人見知りはしないです」と明かしつつも、仕事をする上で“自分が今これを言っていいのだろうか?”と考えることや、面白いことを思い付いても言えなくなってしまうこともあったという。「デビューしてすぐの頃は誰に対してもそうでした。打ち合わせのときも言葉を選んでしまって、本当はもっと言いたいことがいっぱいあるのに…って」と過去の自分を見つめ直す。

 そんな増田が今、コミュニケーションを取るときに気をつけていることは「しっかり人の話を聞く」「自分の意見を言いすぎない」こと。「自分の正義や自分が正しいと思うことはみんなそれぞれありますよね。自分はこう思うけど、その意見も否定しないよ、というスタンスでいたいです。その人が持っている意見はリスペクトする、ということを心がけています」とポリシーを語る。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv