クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

市原隼人、『おいしい給食』で新境地 役者として「常に未完成でありたい」

ドラマ

 映画『リリイ・シュシュのすべて』で鮮烈な俳優デビューを飾ってから20年が経ち、34歳になった市原隼人。中学校の教師・甘利田幸男(あまりだ・ゆきお)とひとりの生徒が「給食をよりおいしく食べる」ために火花を散らす、キャリア十分にして新境地を開いたと言える主演ドラマ『おいしい給食』のシーズン2が放送中だ。給食への愛がダダ漏れの教師・甘利田を演じ、役者として新たな顔を見せている市原。「ほかの作品とははっきり違う」向かい方をしていると言う本作に懸ける熱い思いから、役者という生業への持論、さらに、これからどんな“顔”になっていきたいかについて、思いを語ってもらった。

市原隼人

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv