覚悟はいいかそこの女子。(まとめ) 関連記事

  • 映画『覚悟はいいかそこの女子。』新場面写真

    ヘタレ男子が恋に一喜一憂『覚悟はいいかそこの女子。』新カット到着

    映画

     俳優の中川大志が主演を務める映画『覚悟はいいかそこの女子。』の場面写真が解禁。公開された場面写真には、中川演じる主人公がヒロインのために一喜一憂する姿が収められている。@@cutter 本作は、少女漫画雑誌「マーガレット」(集英社)で連載された椎葉ナナによる同名コミックを原作にした青春ラブコメディ。“超絶イケメン”で生まれながらの“愛され男子”にも関わらず、実は恋愛経験ゼロのヘタレ男子・古谷斗和(中川)を主人公に、彼が学年一の美女に恋する姿を描いていく。  6月から7月に放送されたテレビドラマ版では、常に女子に囲まれちやほやされていた斗和。“超絶イケメン”で、自身を生まれながらの“愛され男子”と豪語する斗和だったが、10月公開の映画版では、彼女を作ろうと告白をした学年一の美少女、三輪美苑(唐田えりか)にこっぴどく振られてしまい、自分が実は今まで女性と一度も付き合ったことがない「ヘタレ」であると自覚する。  このたび公開された場面写真には、斗和の親友、新見律(伊藤健太郎)、澤田惟智也(甲斐翔真)、久瀬龍生(若林時英)の3人が、美苑に振られた斗和をなぐさめる姿や、副担任の美術教師・柾木隆次(小池徹平)に対し、美苑が自分には見せないような表情で話をしている姿を斗和が目撃して落ち込む姿などが収められている。  さらに斗和が美苑の家に上がり込み手料理を振る舞うシーンのほか、本気で美苑のことを好きになった斗和が、美苑のために一喜一憂する姿も確認できる。さらに、劇中で斗和の想いに対してクールに振る舞う美苑が、実は想いを寄せている柾木と、斗和が対峙するシーンも披露された。  映画『覚悟はいいかそこの女子。』は10月12日より全国公開。

  • 映画『覚悟はいいかそこの女子。』本ポスタービジュアル

    ヘタレな中川大志に胸キュン『覚悟はいいかそこの女子。』ポスター解禁

    映画

     俳優の中川大志が主演を務める映画『覚悟はいいかそこの女子。』から本ポスタービジュアルと場面写真が解禁。公開されたポスタービジュアルでは、中川演じる主人公のヘタレっぷりや、本編を彩るキャラクターたちの姿が収められている。@@cutter 本作は、少女漫画雑誌「マーガレット」(集英社)で連載された椎葉ナナによる同名コミックを原作にした青春ラブコメディ。“超絶イケメン”で生まれながらの“愛され男子”にも関わらず、実は恋愛経験ゼロのヘタレ男子・古谷斗和(中川)を主人公に、彼が学年一の美女に恋する姿を描いていく。  このたび解禁されたのは、この映画の本ポスタービジュアル。今までイケメンとして自信満々だったが、学年一の美女・美苑(唐田えりか)にこっぴどく振られたことで、「オレって、カッコ悪い…?」と自分がヘタレだと自覚する斗和をはじめ、彼の恋を応援する親友の律(伊藤健太郎)や惟智也(甲斐翔真)、龍生(若林時英)の姿も。さらに美苑や斗和と三角関係を繰り広げる美術教師・柾木隆次(小池徹平)も確認できる。  またポスタービジュアルの解禁と併せて新たな場面写真も解禁。場面写真には、柾木が美苑に“頭ポンポン”する様子や、斗和が美苑の家に来た借金取りに詰め寄られ、思わず及び腰になっている姿などが収められている。  映画『覚悟はいいかそこの女子。』は10月12日より全国公開。

  • 伊藤健太郎

    伊藤健太郎のメガネ男子っぷりを原作者も絶賛! 『覚悟はいいか~』

    エンタメ

     伊藤健太郎が出演するドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』(MBS/毎週日曜24時50分・TBS/毎週火曜25時28分)の第2話が放送され、伊藤が演じる“メガネ男子”に、原作者・椎葉ナナが「素晴らしすぎる」と絶賛のツイートを投稿した。@@cutter 本作は“ヘタレ男子マンガの先駆け”と言われる椎葉の同名コミックを実写化した10月12日公開の映画『覚悟はいいかそこの女子。』の前日譚を描いた学園ラブコメディ。中川大志が演じる主人公・古谷斗和(とわ)をはじめとしたヘタレ男子たちが学園中で起こる様々な恋に巻き込まれていく。  超絶イケメンの愛され男子・斗和の真似をしている真島奏太(田中偉登)は、女子生徒から“マジムリ”呼ばわりされ嫌われている残念系男子。何をやっても逆効果の奏太に対して、同級生の早乙女珠子(神門実里)は、密かに想いを寄せていた。ある時、珠子との仲をからかわれた奏太は、珠子の想いを拒絶してしまう…。  第2話では、斗和たちのクラスの副担任で美術教師の柾木隆次役で小池徹平が登場。中川との共演シーンに視聴者からは「小池徹平の異次元感やべー!!」「美術部の顧問が小池徹平なら絶対美術部入るし、副担任が徹平くんの時点で学校行く価値ありすぎ」「お顔キレイすぎるからー!」などの声がSNSに殺到。  そんな第2話をリアルタイムで視聴していた原作者の椎葉は「メガネ男子もともと好きなんですが…律、素敵すぎる…」と健太郎演じる律を絶賛。さらに椎葉は一言「眼福……」とツイートし、健太郎の演技とメガネ男子っぷりを手放しで称賛した。  原作者の絶賛ツイートに、彼やドラマのファンからは「律くんを褒めていただいて、嬉し涙が」「めっちゃ可愛いです 眼福ありがとうございます」「すごく可愛すぎました」など賛同の声が次々とネット上に寄せられた。 引用:https://twitter.com/shiiba7

  • 『覚悟はいいかそこの女子。』に主演する中川大志

    花晴れとのギャップ! 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』初回

    エンタメ

     俳優の中川大志が主演するドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』(MBS/毎週日曜24時50分・TBS/毎週火曜25時28分)の第1話が26日深夜に放送され、中川が演じる“愛され系男子”っぷりに「とにかくかわいいイケメン」」「馳天馬からのギャップがw」などの声が上がった。@@cutter 本作は“ヘタレ男子マンガの先駆け”と言われる椎葉ナナの同名コミックを実写化した10月12日公開の映画『覚悟はいいかそこの女子。』の前日譚を描いた学園ラブコメディ。中川が演じる主人公・古谷斗和(とわ)をはじめとしたヘタレ男子たちが学園中で起こる様々な恋に巻き込まれていく。  超絶イケメンの愛され男子・斗和は、幼なじみの新見律(健太郎)、澤田惟智也(甲斐翔真)、久瀬龍世(若林時英)らとともに学園中の“恋という名の悶絶地獄”に巻き込まれる。超肉食男子の内藤冬馬(杉野遥亮)は、女子から人気の斗和をライバル視。斗和に奪われた女子人気を取り戻すために「顎クイ」「なろ抱き」なんでもありの作戦で手当たり次第に女子にアプローチしていくのだが…。  同日に最終回を迎えたドラマ『花のち晴れ 〜花男 Next Season〜』(TBS系)では、文武両道の生徒会長・馳天馬を演じた中川。本作では『花晴れ』で見せた王子様イケメンキャラから一転、女子から人気だけど、交際経験ゼロの“ヘタレ男子”を熱演している。  斗和が親友たちとハシャギまくる等身大の男子っぷりには「とにかくかわいいイケメン」「馳天馬からのギャップがw」「て、、てん、、じゃなくて、また違う中川大志」など、そのギャップを指摘する声がSNSに殺到。  また、斗和の親友、奥手男子の律を演じた健太郎についても「健太郎くんの表情の演技最高」「メガネやばない?」「律くんやっぱかわいい」などの投稿がネット上に寄せられていた。

  • 映画『覚悟はいいかそこの女子。』に出演する小池徹平

    小池徹平が“先生界のプリンス”に 『覚悟はいいかそこの女子。』出演

    映画

     俳優の小池徹平が映画『覚悟はいいかそこの女子。』に出演することが分かった。“先生界のプリンス”と呼ばれる美術教師役で、中川大志扮する主人公の恋敵を演じる。小池は役柄について「ものすごくきちんと生徒と向き合っていて、とても優しくマジメで僕にないものを沢山もっているステキな先生です」とコメントしている。@@cutter 少女漫画雑誌「マーガレット」(集英社)で連載された椎葉ナナによる同名漫画を基にする本作。勢いで学年一の美女・三輪美苑(唐田エリカ)に告白して撃沈するも、その現実が受け入れられず幾度となくアタックを試みる“究極のヘタレ男子”古谷斗和(中川)の奮闘を描く。  小池が演じるのは、抜群のルックスと生徒思いの優しい性格を兼ね備えた美術教師・柾木隆次。柾木はそのルックスゆえに、女子生徒から日々黄色い声援を浴びており、斗和が“男子高校生界のプリンス”と呼ばれる一方で、柾木は“先生界のプリンス”と呼ばれ、学園中の女子が憧れる存在だ。  柾木は美大への進学を目指している美苑に、授業以外でも絵の指導を行っており、難攻不落と言われる美苑が想いを寄せる相手でもある。小池は「先生役は珍しいので、刺激的で演じていてとても楽しいです」とコメント。「唐田さんとの演技では、頭をポンポンしてあげる描写があるのですが、頭ポンポンなんて犬や猫ぐらいにしかしたことがないので、『えっ、どうやってやればいいんだろう…』と、悩んじゃいましたね(笑)」と撮影を振り返る。  共演する中川については、「中川くんが演じる斗和はとても魅力的で、カッコ良い部分とかわいい部分が沢山あるので、初めて本気の恋に目覚めて悶絶・奮闘する斗和をぜひ応援してあげてほしいです!」とメッセージを寄せている。  映画『覚悟はいいかそこの女子。』は10月12日より全国公開。

  • ドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』に出演する恒松祐里

    恒松祐里、ドラマ版『覚悟はいいかそこの女子。』ヒロインに

    エンタメ

     俳優の中川大志が主演を務め、健太郎、甲斐翔真、若林時英が出演する新ドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』(MBS/毎週日曜24時50分・TBS/毎週火曜25時28分)で、女優の恒松祐里がヒロインを務めることが発表された。恒松は「この作品を見て恋っていいなあと思っていただけると嬉しいです」と語っている。@@cutter 本作は「マーガレット」(集英社)で2014年に連載された椎葉ナナの同名コミックを実写ドラマ化した痛快青春恋愛コメディ。幼い頃から女子に囲まれてきたけど、実は女性との交際経験はゼロという非リア充男子の斗和(中川)を主人公に、同級生で親友の新見律(健太郎)、澤田惟智也(甲斐)、久瀬龍生(若林)らが学校中のさまざまな恋愛模様に巻き込まれていく様をコミカルに描く。ドラマでは10月に公開される映画の前日譚が描かれる。  恒松が演じるのは、主人公・斗和のいとこでチアリーディング部のキャプテンを務める朝倉小雨。小雨は友だちも多く、明るく活発な性格で、チア部と軽音部を掛け持ちするというアクティブなキラキラ女子だ。ドラマでは、ひょんなことから彼女と律が急接近。恋愛経験ゼロの奥手男子とキラキラ女子の恋模様が描かれていく。  恒松は自身が演じる役柄について「小雨ちゃんはいつも笑顔で、明るくて、元気で、私は大好きなキャラクターです」と一言。さらに撮影について「現場では同世代のメンバーが多くて、まるで本当の学校かのように仲が良くて、和気あいあいと撮影することができました」と充実ぶりをアピールした。  また第1話のゲストには杉野遥亮が出演。杉野は“顎クイ”“なろ抱き”なんでもありの超肉食系男子にして斗和のライバル、内藤冬馬を演じる。  ドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』第1話はMBSにて6月24日26時10分放送。TBSでは6月26日25時35分放送。

  • 『覚悟はいいかそこの女子。』に主演する中川大志

    中川大志がヘタレ男子に 『覚悟はいいかそこの女子。』実写化決定

    映画

     俳優の中川大志が、映画『覚悟はいいかそこの女子。』に主演することが発表された。イケメンだけど、実はヘタレな主人公を演じる中川は「今回の主人公のように、ヘタレな役柄は前から演じてみたかった」とコメントしている。@@cutter 本作は「マーガレット」(集英社)で2014年に連載された椎葉ナナの同名コミックを、『ライヴ』『ロボゲイシャ』の井口昇監督のメガホンで実写映画化する痛快青春恋愛コメディ。超絶イケメンだけど、観賞用男子と野次られ、勢いで学年一の美女に告白し撃沈。その現実が受け入れられず、幾度となくアタックする“究極のヘタレ男子”古谷斗和が、初めての恋を成就させるために奮闘する姿を描く。  中川は「僕自身も、虫も、高い所も、お化けも、全部嫌い。怖いものが多いヘタレです」と告白。ヒロインに何度も告白するという主人公について「一度フラれても、好きな気持ちが無くならない限りは、諦めないと思います」と自身との共通点を語っている。  また本作で、斗和の同級生で幼なじみを演じるキャストも続々と決定。黒縁メガネが特徴の奥手男子・新見律役に健太郎、明るくお調子者の澤田惟智也を甲斐翔真が演じ、映画オリジナルキャラクターの久瀬龍生を若林時英が演じる。  さらに映画の公開に先駆けて連続ドラマ化も決定。ドラマでは、原作にもない、映画の“エピソード・ゼロ”ともいえるストーリーを描き、主人公をはじめとするヘタレ男子たちが、学園中で巻き起こるさまざまな恋に巻き込まれていく。  なお本作の主題歌には、ナオト・インティライミのシングル『ハイビスカス』、挿入歌にはサイダーガールの『約束』が決定した。  映画『覚悟はいいかそこの女子。』は10月12日よりロードショー。ドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』は、MBSにて6月24日より毎週日曜24時50分(初回は26時10分~)、TBSにて6月26日より毎週火曜25時28分(初回は25時35分~)放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access