1ページの恋 関連記事

  • 『1ページの恋』第5話より

    橋本環奈の美しさから目が離せない…! 『1ページの恋』第5話

    エンタメ

     女優の橋本環奈が連続ドラマ初主演を務める『1ページの恋』(AbemaTV/毎週月曜23時)の第5話が18日に放送され、郁巳(板垣瑞生)の言葉に驚いたあかり(橋本)の横顔に、視聴者から「どこからどう見てもかわいい」「美しい」などの声がネット上に寄せられた。@@cutter 幼なじみの大和(濱田龍臣)からの告白に、戸惑いながらも「ごめん…」と返事をしてしまうあかり。一方、理沙(森矢カンナ)は関係を続けていた星野(古川雄輝)に別れを告げる。理沙はあかりの作品が飾られているカフェを訪れると、妊娠がウソであったことをあかりに告白する。そして郁巳は本当に大切なモノを守るために、ある重大な決心を下す…。  マンガを描き、公開し続けることに疑問を感じたあかりは、ツイッターの投稿を削除し、カフェでの展示もやめることに。思い悩んだあかりは、自分の気持ちを見つめ直すために、郁巳と出会った島の海岸へ。砂浜で一人ペンを走らせるあかりの前に、店を辞めた郁巳が姿を表す。驚いたあかりは郁巳に「ここに来たら、また描けるかもしれないって思ってたけど…ダメだった」と打ち明ける。  一方の郁巳が「俺、仕事辞められたんだ」と話すと、あかりの作品を読んだことで仕事を辞める決心がついたと説明。郁巳が「俺はあかりのマンガに救われた」と語ると、あかりはまっすぐな瞳で郁巳を見つめる。カメラがあかりの真剣な表情の横顔を映し出すと視聴者からは「橋本環奈ちゃんかわいい。どこからどう見てもかわいい」などの声が上がった。  そして郁巳はあかりに、急にいなくなったことや、絵を破いたことを謝ると「忘れられなくてゴメン。好きなんだ」と告白。このシーンに対してネット上には「これはカッコよすぎる」「郁巳くんとあかりちゃんが結ばれちゃうの?」などのコメントが寄せられた。

  • 『1ページの恋』第4話より

    橋本環奈「やめて…!」 男に襲われ恐怖の表情 『1ページの恋』第4話

    エンタメ

     女優の橋本環奈が連続ドラマ初主演を務める『1ページの恋』(AbemaTV/毎週月曜23時)の第4話が11日に放送され、親友のあかり(橋本)が男に襲われ、恐怖の表情を浮かべるシーンが描かれた。@@cutter 星野(古川雄輝)からの告白に揺れるあかりだったが、翌朝、星野の友人・理沙(森矢カンナ)から星野との子どもを妊娠していると告げられる。それを聞いたあかりは、星野のことを避けるように。一方、偶然の出会いから郁巳(板垣瑞生)のことを知ることとなった奈津菜(大野いと)。彼女はあかりに、郁巳が実家の民宿が抱える借金を返済するために、キャバクラのボーイとして働いていることを伝える。  借金の肩代わりにキャバクラで働かされている郁巳を助けるため、あかりは1人で彼が働く店へ。あかりは店のボーイに「郁巳くんいますか? どうしても話がしたいんです!」と詰め寄ると、「何を話すんだ」と竜一(渋谷謙人)が姿を表す。“郁巳を解放してほしい”というあかりの望みに、竜一は「なんならアンタが代わりに払うか?」と取りつく島もない。このシーンにネット上には「あかり一人で危ないよぉ…」「あかりあぶないよ…」「あかりピンチ!」などの声が上がった。  店を出たあかりは、郁巳に恨みを持つ同僚の男に腕を捕まれ、人影のない路地に連れ込まれてしまう。男にどう喝され、「やめて…」と恐怖の表情を浮かべるあかり。そこに突如、大和(濱田龍臣)が現れて男をあかりから無理やり引き離す。怒った男は大和を殴りつけ蹴りも浴びせるが、大和は諦めず男に食い下がり男を追い返す。このシーンに視聴者からは「大和頑張れ!!」「いいところに現れる大和かっこよすぎる!!」などの声が殺到。  そして大和は、謝るあかりを強く抱きしめると「俺、あかりのことが好きだ!」と思いを告白する。親友の突然の言葉にあかりは驚きの表情を浮かべる。この大和の告白にネット上には「大和かっこよすぎなんだけど!惚れる!」「おーーやっと!よくやった大和」などのコメントが多数寄せられた。

  • 『1ページの恋』第3話より

    橋本環奈の抱きしめられた表情に「美の暴力」の声 『1ページの恋』第3話

    エンタメ

     女優の橋本環奈が連続ドラマ初主演を務める『1ページの恋』(AbemaTV/毎週月曜23時)の第3話が4日に放送され、あかり(橋本)が有利(古川雄輝)から告白され、抱きしめられるシーンに視聴者から「目が綺麗」「美の暴力」「辛そうな顔がまたかわいい」などの声がSNSに寄せられた。@@cutter 本作は、絵を描くのが好きな主人公・水瀬あかり(橋本)が、初恋の相手の森田郁巳(板垣瑞生)、幼なじみの乾大和(濱田龍臣)、女性の扱いに慣れた大人の星野有利(古川)ら、タイプの異なる3人の男性と繰り広げる純愛ドラマ。  ストラップを拾おうと真冬の川へ飛び込んだあかりはそのまま意識を失い、星野(古川)の家のベッドで目を覚ました。帰り際、あかりはカバンに失くなってしまったはずのうさぎのストラップがついていることに気づく。一方、悪質スカウトに捕まったところを郁巳(板垣)に助けてもらった奈津菜(大野いと)は、お礼として自身が出演する舞台のチケットをプレゼント。郁巳があかりの初恋の人だと知らないまま、奈津菜は郁巳と距離が縮まったことに喜んでいた…。  あかりは、郁巳のことが忘れられないことに悩んでいた。そんなある時、有利から誘いのメッセージが入り、2人は会うことに。あかりは有利から流星群の日に撮影された写真をプレゼントされると「見るたびに郁巳君を思い出しちゃいそうで…」と気まずそうに一言。すると有利はあかりに「何度だって思い出していいと思うよ。無理に忘れる必要もない」と答える。この有利の言葉に対してネット上には「有利くんイケボ…」「大人の余裕」「古川くん好きになってしまう回確定だなぁ」などのコメントが。  そして有利は「今日は告白しにきたの…あかりちゃんと真剣に付き合いたいと思ったから。好きだよ」と想いを告げて、あかりをギュッと抱きしめる。切ない表情で有利に抱きしめられるあかりの表情がアップになると、視聴者からは「辛そうな顔がまたかわいいね」「環奈ちゃんほんと目が綺麗」「美の暴力」などのコメントが殺到した。

  • 『1ページの恋』第2話より

    橋本環奈、古川雄輝とベッドを共に!? 視聴者驚きの『1ページの恋』第2話

    エンタメ

     女優の橋本環奈が連続ドラマ初主演を務める『1ページの恋』(AbemaTV/毎週月曜23時)の第2話が25日に放送され、あかり(橋本)と、彼女を見守る有利(古川雄輝)が同じベットで眠る急展開に視聴者から「ビックリ」「これは、やばい」などの声がSNSに寄せられた。@@cutter 本作は、絵を描くのが好きな主人公・水瀬あかり(橋本)が、初恋の相手の森田郁巳(板垣瑞生)、幼なじみの乾大和(濱田龍臣)、女性の扱いに慣れた大人の男性・星野有利(古川)ら、タイプの異なる3人の男性と繰り広げる純愛ドラマ。  あかりと奈津菜(大野いと)は新たな恋を見つけようと意気込んでいた。劇団のチケット代のためにお金が必要だった奈津菜は、ある日パパ活中に郁巳が働くキャバクラの先輩・竜一(渋谷謙人)に店へ連れ込まれる。女子大生を餌食にデートクラブへ斡旋している竜一は、奈津菜にも交渉を迫る。危険を察知した奈津菜は、その場から離れようとするが逃げ道がない。そんなとき、店にいた郁巳は奈津菜を助けて逃がそうとするのだが…。  郁巳からの電話が心配になり彼の元に駆けつけたあかり。しかしケガをおった郁己は「俺とお前とじゃ住む世界が違うんだよ」とあかりを拒み、その上、彼女が大切にしていたウザギのキーホルダーを川に捨て「お前はあんなもんなくても幸せになれるよ」と言い放ち、その場を立ち去ってしまう。川のそばで、ぼう然自失のあかりのそばに有利が駆けつけると、彼女はキーホルダーを取り戻そうと川の中へ。「あかりちゃん! 落ち着いて!」となだめる有利だったが、あかりは「でも好きなんです!」と取り乱す。このシーンに視聴者からは「泣ける」「号泣」「環奈ちゃんの演技がすごい」などの反響が。  シーンが変わり朝となり、ベッドの上のあかりが目を覚ますと、隣には寄り添うようにして眠る有利の姿が。まさかの急展開にネット上には「やば」「これは、やばい、やつ」「そりゃ横で寝てたらビックリするよね!」などの驚きの声が殺到。一方で、スヤスヤと眠る有利を演じる古川の横顔に「美しすぎる」「寝顔がキレイ」などのコメントもSNSに寄せられた。

  • 『1ページの恋』第1話より

    橋本環奈の“キャバ嬢”姿に反響「一晩でNo.1」 『1ページの恋』初回

    エンタメ

     女優の橋本環奈が連続ドラマ初主演を務める『1ページの恋』(AbemaTV/毎週月曜23時)の初回が18日に放送され、ヒロイン役の橋本が劇中でキャバ嬢姿を披露し、泥酔した姿を見せると、視聴者から「圧倒的天使」「バカ可愛い」の声がネット上に寄せられた。@@cutter 本作は、絵を描くのが好きな主人公・水瀬あかり(橋本)が、初恋の相手の森田郁巳(板垣瑞生)、幼なじみの乾大和(濱田龍臣)、女性の扱いに慣れた大人の男性・星野有利(古川雄輝)ら、タイプの異なる3人の男性と繰り広げる純愛ドラマ。  17歳の冬、あかりは宇木島で出会った郁巳に初めての恋心を覚える。2人は、4年に1度訪れるというセレネ座流星群を見ながらお互いの気持ちを確かめ合いながら、4年後の再会を約束していた。4年後、宇木島を再訪したあかりだったが郁巳との再会は叶わず、そこで“彼女は作らない主義”という有利と出会う。東京に戻ったあかりは就職活動に励むが自分が何をしたいのか分からない。そんな悩みを抱える中、街角で偶然にも郁巳と再会する。  あかりに気づいた郁巳はその場を走り去ってしまう。あかりは郁巳が入っていった店の中へ自分も入ろうとするものの、スーツ姿の男に阻まれる。そんなあかりの目に飛び込んできたのは“体験入店大募集”の貼り紙。郁巳と話したいあかりは、体験入店希望の女性として、その店内に入ることに成功する。キャバクラのボーイとして働いていた郁巳は、ピンクと赤のドレスに身を包んだあかりを見て驚きの表情に。ネット上ではあかりを演じる橋本のキャバ嬢姿に「圧倒的天使すぎて」「橋本環奈がキャバ嬢になったら一晩でNo.1です」「ただただかわいい」などのコメントが殺到。  その後、客から勧められるままに酒を飲んだあかりは泥酔。ほかのキャバ嬢に介抱される彼女が郁巳を見つけると、陽気に笑いながら「あぁ〜郁巳君だぁ〜!」と一言。橋本の酔っ払い演技に視聴者からは「満面の笑顔がバカ可愛い」「酔っ払いキャバ嬢橋本環奈さまかわいい」などの声も寄せられた。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access