ホテルコパン

市原隼人主演によるグランドホテル形式の群像劇

【解説/みどころ】
市原隼人が主演を務める群像劇。寂れたホテルに偶然か必然か集まったワケありの人物10人の人生が交差し、予想もしないドラマが展開する。市原のほかにも近藤芳正、玄理ら個性派俳優たちがひとクセあるキャラクターで登場。手がけた門馬直人監督はこれまで発表してきた短編が高い評価を受け、今作で長編デビューを果たす注目のクリエイターだ。


【ストーリー】
東京で教師をしていたが今は長野県白馬村のホテルコパンで働く海人祐介。ある日、彼はホテルに来た宿泊客の顔を見て、過呼吸に陥る。現れた客は海人が教師時代に担任し、いじめを苦に自殺で命を断った生徒、守の母親。突然の訪問に海人の心は激しく動揺する。

キャスト
市原隼人近藤芳正大沢ひかる前田公輝水田芙美子栗原英雄玄理大谷幸広李麗仙清水美沙
スタッフ
監督: 門馬直人 脚本: 一雫ライオン
上映時間・制作年
135分/2015年
制作国
日本
映倫区分
PG-12
公式サイト
http://hotelcopain.com/
配給
クロックワークス

ホテルコパンの関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access