走れ!T校バスケット部 関連記事

  • 『走れ!T校バスケット部』主演の志尊淳

    志尊淳、際立つ役柄の多彩さにも「どんな役もアプローチと思いは同じ」

    映画

     ゲイの青年にトランスジェンダーのヒロイン、宇宙人アイドル…役柄の多様さという点で、同世代の中でも群を抜く志尊淳。だが当人は、その点について特別な思いはないという。彼にとっては全ての役が特別であり、個性的なのだ。映画『走れ!T校バスケット部』で演じたのは挫折を乗り越え成長していく主人公。一期一会の思いで熱い青春を駆け抜けた彼に思いを聞いた。@@cutter 志尊が演じた陽一は、かつて名門校でエースとして活躍するも、壮絶ないじめに遭い、バスケを諦めてT校へ編入。新たな仲間たちと出会い、再び夢を追いかけ始める。  「スポーツ群像劇をやったことがなかったので、やってみたいと思っていた」と語る志尊。バスケットボールは初挑戦だったが、撮影前から元日本代表選手の指導の下、約3ヵ月の特訓を受けた。バスケだけでなく、全体として大切にしたのが“等身大”の人物像とリアリティ。古澤健監督から言われていたのは「フェイクドキュメンタリー調にしたい」ということ。  「“いじめ”、“弱小高校が勝ち上がっていく”という言葉だけ聞くと、きれいごとのシンデレラストーリーだと思われやすいと思うんです。でも実話を元にしているので、いかに表面だけではなくリアリティと説得力を持ってやれるかが大事だと思って。見ている方に僕と同じ目線でバスケ部の空気感を感じてもらうことができたら、仲間やバスケを通じて陽一が成長していく姿に希望や可能性を見出していただけるんじゃないかと」。  当然だが、23歳となれば現場でも年下の俳優と接する機会が増えてくる。今回で言うと、佐野勇斗、佐藤寛太、西銘駿らが“後輩”に当たる。「自分の中で後輩という存在がなかなか慣れない部分でもあったんですけど、『淳くん! 淳くん!』という感じで来てくれるとすごくかわいいなって思います(笑)。僕も先輩にかわいがっていただいたので、そうありたいと気張っていますし、自分は先輩にあまりグイグイと行けなかったので『ご飯行きましょうよ!』とか言われると『何食べたい? 何でもいいぞ!』って思っちゃいます(笑)」。  そういった20代前半の、特に“イケメン”とカテゴライズされる俳優は、どうしても少女漫画原作や学園モノの青春ラブストーリーに高校生や大学生の役柄で出演することが多くなりがちである。@@separator そんな中、志尊が演じる役柄の多彩さは、いわゆる性的マイノリティ(『半分、青い。』『女子的生活』)、激しいアクションを求められるヤクザの用心棒(『探偵はBARにいる3』)、さらには地球侵略を目論みアイドルとなる宇宙人(『ドルメンX』)と同世代の中でも際立っている。  だが当人は「そう言っていただけるのが不思議な感じがするくらい、自分の中で特別な思いは抱いていない」とあっけらかんと語る。  「何の特徴もないように見える学生の役でも、その役について考えていくと、一個人として必ずそれぞれの色を持っている。その内面を掘り下げていくアプローチ、人生を全うしようという思いはどの役も変わらないんです。ただ“マイノリティ”と言われる方々を演じる際に、その立場を象徴して発信する部分もあるので、そこでの責任の重さは自覚しています。でも、そういう役が『続いてるね』と言われても、僕の中でそうした感覚は全くないですね」。  “属性”ではなく、その人の中にある個性へのまなざし――。その誠実さが、多様な役を彼の元に呼び込むのかもしれない。「今、俳優という仕事のどこに魅力を感じるか?」という問いに対して出てきた答えも、自身の役柄のことではなく、“相手”への興味だった。  「演技で会話をする相手によって、引き出されるものが違うのが新鮮で面白いですね。対峙して『この人、すごいな』と感じる部分がそれぞれにあって、でもそれはカメラの前で面と向かって対峙している僕だからこそ感じられるものなんですよね。それが楽しいです」。(取材・文・写真:黒豆直樹)  映画『走れ!T校バスケット部』は公開中。

  • 映画『走れ!T校バスケット部』プレミア試写会にて

    志尊淳、早見あかりに“振られた”秘話告白 戸塚純貴はまさかの途中退場

    映画

     俳優の志尊淳、佐野勇斗、早見あかり、戸塚純貴が、11日に都内で開催された映画『走れ!T校バスケット部』プレミア試写会に出席した。志尊は撮影中に早見に“振られた”秘話を明かし、戸塚はまさかの途中退場で会場を沸かせた。@@cutter バスケットボール部の強豪高校を、いじめが原因で自主退学し、多田野高校(通称T校)に編入した田所陽一(志尊)が、同校の弱小バスケ部で仲間と共に成長していく姿を描く本作。試写会にはほかに、佐藤寛太、鈴木勝大、西銘駿、阿見201、椎名桔平、古澤健監督も登場した。  志尊はキャストのチームワークを高めるため、人狼ゲーム(村人に化けた狼=人狼を探すパーティゲーム)を行ったと振り返り「すごくみんながハマってね。いいコミュニケーションになった」とニッコリ。「ぶっちぎり」とその腕前を称賛された志尊は「皆、酷いのがですね、段々僕が理論武装をしていくんですよ。そうすると、最初は『淳くん、え~』ってなるんですけど、最終的に、重ねていくごとに『志尊うるさくない? とりあえず志尊、最初に潰そうか』っていう話になりまして」と述懐。「僕は後半はいつも審判をやっておりました」と笑顔で続けた。  一方、T校バスケット部マネージャーの佐藤浩子を演じた早見は、志尊に食事に誘われた時のことを「『カレー食べに行くけど行く?』って言われて、『私はカレーは食べたくない』って言って断ったり(笑)」と回想。志尊は「振られましたね。でも僕は懲りずに誘わせていただきました」と振り返り、早見は「ありがたいです。本当に。楽しかった」と白い歯を見せた。  イベントの序盤では、バスケオタクで寿司屋の息子でもある川崎裕太に扮した戸塚が、まさかの途中退場する一幕も。戸塚は「3分歩いた先の劇場で、19時から本番がありまして。オルタナティブシアターですね。舞台『カレフォン』というのを21日までやっていますので!」とちゃっかり宣伝。共演者につっこまれるも「最悪、僕と一緒に劇場に行くっていうパターンも…。ない?」と続けて会場を沸かせていた。  映画『走れ!T校バスケット部』は11月3日より全国公開。

  • 『走れ!T校バスケット部』

    志尊淳主演『走れ!T校バスケット部』本ポスター&予告編解禁

    映画

     俳優の志尊淳が主演を務める映画『走れ!T校バスケット部』から、予告映像とポスタービジュアルが解禁となり、特典付き前売券と劇場限定入場者プレゼント情報も発表された。予告映像には、志尊扮する主人公が、弱小バスケ部の面々と絆を深めていく様子が収められている。@@cutter 本作は、バスケットボール部の強豪高校を自主退学し、多田野高校(通称T校)に編入した田所陽一(志尊)が、同校の弱小バスケ部へ入ることで成長する姿を描く。解禁された予告映像には、いじめを受けて転校してきた陽一が、T校バスケット部のメンバーと絆を深め、和気あいあいとじゃれあう様子が散りばめられている。  映像では、ゾノこと牧園浩司(佐藤寛太)の告白が失敗した様子を盗み見て笑い合ったり、ガリこと川崎裕太(戸塚純貴)の実家である寿司屋でウィンターカップへの出場に向け決起する場面に加え、キャプテンの矢嶋俊介(佐野勇斗)が陽一に語り掛けるシーン、陸上部とバスケ部を掛け持ちする俊足の持ち主・川久保透(鈴木勝大)の笑顔、円陣を組み「俺たちは、どのチームにも負けないくらい固い絆で結ばれてる」と熱く叫ぶ陽一の姿なども確認できる。GReeeeNの主題歌『贈る言葉』も重なる中、椎名桔平や竹中直人、友情出演の竹内涼真や千葉雄大らの姿も盛り込まれている。  ポスタービジュアルには、陽一を中央にT校バスケット部が勢ぞろい。このビジュアルが全面的にあしらわれたA4クリアファイルが特典として付く前売券&ムビチケカードは、9月29日より、合計1万部限定で全国の劇場窓口にて順次発売。さらに、劇場限定入場者プレゼントとして、全国20万名限定で“B.LEAGUE公認”の「トレーディングカード【T校バージョン】」の配布も決定した。こちらは全7種類のうち、いずれか1枚をプレゼント。どちらのプレゼントも非売品となっている。  映画『走れ!T校バスケット部』は11月3日より全国公開。

  •  映画『走れ!T校バスケット部』キックオフミーティングにて

    早見あかりが劇的ゴール! 志尊淳率いるT校バスケ部がプロ相手に大金星

    映画

     俳優の志尊淳が8日、「テレビ朝日夏祭り」で開催された主演映画『走れ!T校バスケット部』キックオフイベントに登場。共演する早見あかり、戸塚純貴、佐藤寛太、鈴木勝大と共に、プロバスケットボールBリーグの選手たちとフリースロー対決を繰り広げ、まさかの勝利を収めた。@@cutter 志尊らはT校の赤いユニフォーム姿で登場。あいにくの雨模様の中、屋外のイベントとなったが、会場には多くのファンが足を運び、名前入りのボードを掲げながら熱い声援を送っていた。  完成した映画を一足先に観た志尊は「撮影は去年だったけど、懐かしい思いになったし、こんな素敵な青春を疑似体験させてもらったんだなと思いました」としみじみ。早見は撮影期間を振り返り「合宿だったよね」と楽しそうに振り返る。  志尊らは撮影前からプロの選手の指導を受けながらバスケの練習に打ち込んだそうで「撮影の3ヵ月前から、撮影中も、ゴリゴリにしごいていただきました!」と充実した表情を見せ「生半可な気持ちではやってません。未経験でボールも触ったこともないところからやらせてもらいましたので」と言葉に力を込めた。  この日は、Bリーグ・千葉ジェッツの原修太選手、川崎ブレイブサンダースの藤井祐眞選手らが来場し、T校とフリースロー対決。雨と風が吹き、しかもボールはビーチボールということもあって、プロ選手でも決められない状況が続き、両チーム無得点の中、T校4人目の戸塚が風を計算し、下からボールを放り見事にゴール! これにプロチーム5人目の藤井選手がなりふり構わず、通常のバスケットボールでシュートを決めて同点に追いつく。  ここでT校最後の志尊が決めれば勝利というところだったが、無情にもシュートは外れ、延長戦へ。延長では先攻の原選手がまさかの失敗後、T校のマネジャー、早見が近距離からのシュートを決め、T校バスケ部がプロを相手に大金星。メンバーたちは抱き合って喜びにひたっていた。  映画『走れ!T校バスケット部』は11月3日全国公開。

  • 『走れ!T校バスケット部』に出演する千葉雄大

    『走れ!T校バスケット部』千葉雄大が“イケメン教師”役で友情出演

    映画

     志尊淳が、弱小バスケ部に所属する高校生を演じる映画『走れ!T校バスケット部』に、教師役で千葉雄大が出演することがわかった。昨年、千葉は、映画『帝一の國』で志尊と共演したばかりとあり、「またすぐに共演できて嬉しかったです」と喜びを語っている。@@cutter 本作は、バスケットボール部の強豪高校を自主退学し、多田野高校(通称T校)に編入した田所陽一(志尊)が、同校の弱小バスケ部へ入ることで成長していく青春ストーリー。千葉は、転校してきた陽一を初日から優しくフォローする教師・北条一紀役で登場する。  千葉は、「今日撮影に来てみたら、“学校一のイケメン教師役”と書いてあって(笑)恐れ多かったですし、緊張もしていたのですが、(監督の)古澤さんもお久しぶりでご一緒できましたし、現場のスタッフさん達も前ご一緒した方がいらっしゃって、すごく肩の力が抜けました」とコメント。  共演する志尊について、「前回の共演では生徒同士でしたが、今回は生徒と先生役で、ちゃんと先生に見えたらいいなと思います」と語り、「陽一(志尊)の転校初日シーンの撮影だったのですが、学校の良い雰囲気が、伝わればいいなと監督とも話していたので、なごやかな雰囲気で撮影できて良かったです」と撮影を振り返った。撮影の合間には、「先生に見える?」と緊張する千葉に「先生にしか見えないよ!」と志尊が答えるやり取りもあったという。  そして、「僕もバスケットシーンの撮影は、何度かやったことあるのですが、結構大変で、バスケットが話でも大切な軸となってきますし、山場になると思うので、僕も皆が頑張った成果をスクリーンで観るのが楽しみです。頑張れ!!」と先生らしく、共演者にエールを送った。  今回、志尊に加え、佐野勇人、戸塚純貴、佐藤寛太、鈴木勝大の生徒役5名が学ラン姿で強いまなざしを向ける新ビジュアルも解禁された。  映画『走れ!T校バスケット部』は11月3日全国公開。

  • 志尊淳、胸キュンから怪演まで…LGBTもリアルに この6年の進化と真価

    志尊淳、胸キュンから怪演まで…この6年の進化と真価

    エンタメ

     放送中の連続テレビ小説『半分、青い。』をはじめ、『女子的生活』(ともにNHK)、『トドメの接吻』(日本テレビ系)など、2018年上半期はLGBTに関わる役が多かった志尊淳。だが、今月15日公開の『劇場版ドルメンX』、今秋の『走れ!T校バスケット部』ではそれらの役とは全く違った表情を見せている。彼がさまざまな作品に引っ張りだこな理由を探る。@@cutter 志尊の俳優デビューは、2011年の「ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズン」。赤髪のおかっぱ頭が特徴の向日岳人役を約3年間演じた後、2014年にスーパー戦隊シリーズ『烈車戦隊トッキュウジャー』(テレビ朝日系)の主役に抜てき。間を置かず主演映画『先輩と彼女』の撮影に入り、同年7月期の連続ドラマ『表参道高校合唱部!』(TBS系)のオーディションを勝ち抜き、重い心臓病を抱える美青年・夏目快人役を好演した。  どちらかというと爽やかな役柄が多かった志尊に、新たな魅力が垣間見えたのは、2016年の連続ドラマ『そして、誰もいなくなった』(日本テレビ系)。会社の先輩に嫉妬し、元カノに執着し、上司を殺害して横領金を奪い行方不明になる衝撃的なキャラクター・五木啓太役で志尊はまさに“怪演”を見せ、俳優としての振り幅を証明してみせた。前述の『トドメの接吻』でも、No.1ホストに恋い焦がれるあまり凶行に走る後輩ホスト・小山内和馬役を、再び「これでもか!」と怪演。山崎賢人や新田真剣佑、菅田将暉ら同作に出演した人気俳優陣の中でもひと際異彩な存在感を見せつけた。  一方で、2017年に出演したドラマ『きみはペット』(フジテレビ)では、美人OL・スミレ(入山法子)の“ペット”として飼われるバレエダンサー・モモ役を愛くるしさいっぱいで熱演し、女性視聴者を胸キュンさせることに成功。同年4月公開のヒット映画『帝一の國』でも、親友の赤場帝一(菅田)を頭脳でサポートするキュートな高校生・榊原光明役で、“ニャン”という口癖を違和感なく使いこなして話題に。二十歳を超えた大人になったからこそ目立つ甘いルックスを余すことなく生かし、世の女性陣の心にしっかりと刻まれることになった。@@separator その裏には、俳優としての着実な経験の蓄積がある。2017年5月の初主演舞台『春のめざめ』では、多感な思春期を迎えた少年の憤りや苦悩を生々しくも幻想的に表現。公演前に本人が「自分の全てをさらけ出したい」と言っていた通りの体当たり演技で高評価を得ている。また、見た目や声はもちろん、所作やオーラまで完ぺきなトランスジェンダーの女性・小川みきを演じた『女子的生活』では、事前の勉強をもって入念に役作りに取り組み、「女よりも女らしい」という評価を得た。  実は志尊はデビュー直後の2012年に『青空の卵』(BS朝日)でも女装の青年役に挑んでいる。原作は『女子的生活』と同じ坂木司の小説だ。彼が演じた“人魚姫”は、盲目の大学生の後をつける謎の人物で、実は歌舞伎の女形役者。トランスジェンダーではないものの、女装や女性のしぐさを取るという部分では『女子的生活』と共通点が多い。当時から抜群に美しい女性姿の志尊は、一つひとつの動きが丁寧でキレイだったが、俳優業を始めたばかりのフレッシュ感がありありと見えて微笑ましさも誘う。 それがわずか約6年後、同じ原作者の『女子的生活』では女性姿に艶めかしさもプラスし、たとえ仕草が男性的になったとしてもしっかり女性の匂いを残す名演を披露。所作そのものの技巧より、存在ごと役の人生を生きるようになった。この2作の違いに、役者としての志尊の進化と真価が見られる。  端正な見た目を活かした美青年、その清廉さを容易に裏切る演技力の基盤の厚さ。年齢を問わないキューティーさを自在に操り、時には性別すらも超えて“魅せる”こともできる。『半分、青い。』では「ボクって…」が口癖の藤堂誠(通称:ボクテ)を演じ、朴訥(ぼくとつ)さとかわいらしさを併せ持ったゲイになりきっているが、『劇場版ドルメンX』ではピュアでがむしゃらな宇宙人役。今秋の『走れ!T校バスケット部』では生来の運動能力を生かし高校生を熱演している。今後はどんな予想外の演技を見せてくるのか。楽しみでならない。(文/松木智恵)

  • 『走れ!T校バスケット部』ロゴ

    志尊淳主演『走れ!T校バスケット部』個性あふれる部員紹介の特報到着

    映画

     同名小説を実写化した汗と涙の直球青春スポーツ映画『走れ!T校バスケット部』から、初解禁となる特報映像が到着した。映像には、志尊淳が演じる主人公をはじめ、個性豊かなT校バスケット部メンバーたちの姿が収められている。@@cutter 古澤健監督がメガホンを取った本作は、名門バスケットボール部のエースとして活躍しながらも、イジメを受けてT校に転校してきた田所陽一(志尊淳)をはじめとするT校バスケット部メンバーが奮闘する姿を描く。弱小バスケットチームの成長を通じて、17歳の高校生の悩みや葛藤、仲間との絆、家族の想いも映し出す。  志尊とともにT校メンバーに扮するのは、佐野勇斗、早見あかり、戸塚純貴、佐藤寛太、鈴木勝大、西銘駿、阿見201。バスケットの知識はまったくない顧問・小山先生にYOU、陽一を心配しつつも温かく見守る父親・正道に椎名桔平、他界した陽一の母親・佳代に真飛聖、合宿先の怪しい管理人役に竹中直人と、ベテラン勢が脇を固めた。また、竹内涼真が早見が演じるマネージャー・浩子の兄で、大学のスター選手という役どころで友情出演することでも話題を集めている。  解禁された映像では、個性豊かなT校メンバーたちのキャラクター像が明らかになった。主人公の陽一をはじめ、「絶対強いチームにすっから!」とヤル気満々のキャプテン・矢嶋俊介(佐野)、バスケオタク&ムードメーカーで寿司屋の息子・川崎裕太(戸塚)、とにかく女子にモテたいがためにバスケを始めた牧園浩司(佐藤)、陸上部とバスケ部を掛け持ちする俊足の持ち主・川久保透(鈴木)が登場。また、後輩の根来修(西銘)と斎藤健太(阿見201)の姿も確認できる。  映画『走れ!T校バスケット部』は11月3日全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access