雪の華 関連記事

  • 『雪の華』W主演の登坂広臣と中条あやみ

    『雪の華』登坂広臣×中条あやみ、2人とも「絶対に末っ子体質!」 撮影を経て実感

    映画

     「なんだか同じ匂いを感じます」と互いの印象を話す登坂広臣と中条あやみ。中島美嘉の名曲を映画化したラブストーリー『雪の華』では、余命宣告を受けたヒロイン・美雪と、100万円と引き換えに1ヵ月だけ美雪と恋人契約を交わす青年・悠輔を演じ、観る者の胸を締め付ける。真っ直ぐに演じた切ない恋愛劇を、終始笑顔で振り返る息ぴったりの2人を直撃した。@@cutter@@insert1  早くに両親を亡くし、妹弟の面倒を見ている悠輔と、一人っ子の美雪を演じる登坂と中条だが、実際には共に姉を持つ2人兄弟。中条は「同じ匂いを感じます。2人とも絶対に末っ子体質!」と撮影を経ての実感を明かす。  登坂も「そうだね、僕もそう思う」とうなずき、「僕はなぜかよく『絶対にお姉ちゃんがいるでしょう』と言われるんです。女性に対する接し方を早くして覚えているらしくて(笑)。悠輔は、美雪がメガネをコンタクトにしてもすぐ言いませんけど、僕はわりとすぐに気づいて言いますし、髪を切っていたら、切ったねって言います」と続ける。「分かります! 登坂さんは荒っぽくないんです」と笑い合う。 @@insert2  さらに中条が「登坂さんは、ちょっとイカつい見た目をしているけれど、実は悠輔と同じピュアボーイなんじゃないかと思うんですよね(笑)。純粋すぎて不器用そう…」と切り込むと、登坂は「バレた?」と照れ笑い。そして「あやみちゃんは本当に愛らしい人懐っこい方で、会う前はクールなイメージがあったんですけど、実際はチャキチャキした女の子でした」と中条の印象を語った。  本作は、夏と冬の2回行われたフィンランドでの撮影も見どころとなっている。中でも夏のロケで撮影された「ふいに手をつないでしまうシーン」が、登坂と中条のお気に入りだという。@@separator 「疑似恋愛で異国の地まで行って、どこか気持ちも通いつつある曖昧な関係な2人なんですけど、余命もあって素直に気持ちを伝えてくる美雪に対し、それを知らない悠輔は『期間限定の恋人契約だから』と素直に乗っかっていけない。そのドギマギしている感じを思い出します」とはにかむ登坂。中条も「ちょっと日が沈みかけたフィンランドの街を、手をつないで恥ずかしがりながら歩く…好きなシーンですね。景色もすごくキレイで」と重ねる。 @@insert3  その上で中条が、「デートを終えた2人が、ホテルの互いの部屋の前で手を放して、寂しそうに自分の部屋に戻っていく場面も好き。現場では、橋本(光二郎)監督が思わず『もう付き合っちゃえよ!』って叫んでいました(笑)」と明かすと、登坂も「確かにそんなに別れ惜しいんだったら、もう付き合っちゃえよって思うよね」と笑顔でテンポよく応じる。  もどかしい関係の美雪と悠輔だが、その始まりは、ひったくりに遭った美雪を悠輔が助けたこと。そのとき悠輔に掛けられた「声出してけよ、声!」というひと言が、美雪を動かしたのだ。 @@insert4  普段は「変に『やらなきゃ!』『うお~っ!』と気合を入れるより、『いつも通りに』と思うほうがフラットになれて、自然と自分の尻を叩ける気がします」というスタンスの登坂と、それにうなずく中条。だが、美雪を演じ終えた中条は「美雪は悠輔の言葉に救われた。そのときの美雪を思うと泣きそうになります」と語る。  登坂も「響く言葉ですよね。悠輔も美雪に言いながら、自分自身に対しても言っているのかなと感じました」と感慨深げ。中条は「日常でもついつい伝え忘れてしまってなかなか言えないことってたくさんあると思うんですけど、ちゃんと声に出して伝えていかなきゃいけないですし、そう気付かされる作品だったなと思います」としみじみと続けていた。(取材・文・写真:望月ふみ)  映画『雪の華』は2月1日より全国公開。

  • 映画『雪の華』ジャパンプレミアにて

    『雪の華』登坂広臣&中条あやみ、海外での“モイモイ”交流を告白 中島美嘉もサプライズ登場

    映画

     三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの登坂広臣と女優の中条あやみが、24日に都内で開催された映画『雪の華』ジャパンプレミアに出席。登坂はフィンランドで撮影が行われた本作について、スタッフへ感謝を示しながら「本当に熱い作品になったと思います」と語った。@@cutter ガラス工芸家を目指す、ぶっきらぼうだが実は優しい青年・悠輔(登坂)と、余命1年を宣告され、悠輔に100万円で1ヵ月限定の恋を持ちかける美雪(中条)が織りなす恋模様を描く本作。ジャパンプレミアには、共演者の高岡早紀、浜野謙太、田辺誠一、そしてメガホンを取った橋本光二郎監督も出席した。  中条は初めて訪れたというフィンランドでの撮影を「スタッフの方にも、フィンランド人の方がいて。朝、現場に入ると、『おはよう』の代わりに『モイモイ』って言ったりとか」と回想し「お互い(言葉を)覚え合って、挨拶を交わしたりするのが、すごく楽しかったです」とニッコリ。  これを聞いた登坂も「会えばみんな『モイモイ』と言ってくるので、『モイモイ』って言って返して」と懐かしそうに振り返り「(現地のスタッフとの)距離感も近かったですし、本当に皆さん、この作品をいい作品にしようとして、全力で取り組んでくれていたので、本当に熱い作品になったと思います」白い歯を見せた。  当日は、一同が撮影中の思い出をイラストにして発表する一幕も。中条は劇中で悠輔が工房で作るガラス球を、登坂はフィンランドのサンタ村を訪れる中条との様子をかわいらしく描いた。一方、その独特なタッチから“画伯”と称される田辺は「オーロラ」の絵を見せ、登坂は「字、書くのずるくないですか?(笑)」とツッコミを入れていた。また、この日は映画が生まれるきっかけとなった主題歌『雪の華』で知られる歌手・中島美嘉がサプライズで登壇。「一番最後に、これはすごい!っていう台詞が私の中であって。そこでウルっとして帰りました」と映画の感想を語った中島は『雪の華』を熱唱して会場を感動に包み込んでいた。  映画『雪の華』は2月1日より公開。

  • 『雪の華』ポスター

    登坂広臣×中条あやみ、期間限定の恋の行方は…『雪の華』涙の本予告

    映画

     三代目J Soul Brothersの登坂広臣と女優でモデルの中条あやみが共演する映画『雪の華』の本予告とポスターが解禁された。本予告の映像では中島美嘉の歌声に乗せ、初々しいデートシーンや、冬のフィンランドの広大で美しい白銀の世界が描き出されている。@@cutter 本作は、冬ラブソングの定番である中島美嘉の同名の楽曲をモチーフにした橋本光二郎監督、岡田惠和脚本によるラブストーリー。音楽は世界的バイオリニストの葉加瀬太郎が劇伴フルスコアを初めて手掛けている。  余命1年と宣告された美雪(中条)の夢は、両親が出会ったフィンランドでオーロラを見ること、そして人生で初めての恋をすることだった。ある日、ひょんなことで知り合った青年・悠輔(登坂)の働く店が危機に陥っていることを知った美雪は、100万円を出すことを条件に期間限定の恋を持ちかける…。  本予告では、美雪が悠輔とお弁当を食べたり、水族館でデートしたり、帰り道に相手が見えなくなるまで手を振ったりと、美雪がノートに書いた“夢”=恋人としたいこと、を叶えていく姿が描かれる。デート中も気丈に振る舞い常に笑顔を絶やさない美雪だったが、予告の後半では、「頑張ったんだよ、私。一生分頑張った」と母親(高岡早紀)に抱きつき涙する姿も。  さらに、予告映像には本編の2分の1を撮影したフィンランドの夏と冬の息をのむほどに美しい景色も映し出される。夏のカラフルな景色に加え、冬のフィンランドの一面の銀世界も見どころだ。  雪の中を駆け抜ける体当たりの演技を披露した登坂は「過酷な撮影になりましたが、フィンランドならではの画をとることができました。走るシーンは、カメラが回っているときは平気だったんですが、終わってみたらめちゃめちゃ寒くて(笑)ただ大変だった分、すごくいいシーンになっていると思います」と話している。  中条は「自分が出演した映画を見て涙が出るのは久しぶり」と語り、「美雪は今まで演じたことがないキャラクターで難しい部分もありましたが、登坂さんはすごく優しい方で、私が悩んでいるときもいつも悠輔でいてくれたのが本当にありがたかったです」と撮影を振り返っている。  ポスターには、ダイヤモンドダストが舞う冬のフィンランドの雪景色の中で、一つの毛布にくるまって寄り添う2人の姿が写し出されている。  また、11月23日より発売されるムビチケの最新ビジュアルも到着。悠輔と美雪が雪景色の中で切ない表情で見つめ合う冬のフィンランド編、ドレスアップした2人が美しい夜景と街並みをバックに幸せそうに見つめ合う夏のフィンランド編の2種類となっている。  映画『雪の華』は2019年2月1日より全国公開。

  • 映画『雪の華』場面写真

    『雪の華』劇中カット初公開 音楽は葉加瀬太郎が全編担当

    映画

     ヴァイオリン奏者の葉加瀬太郎が、中島美嘉のヒット曲を映画化した『雪の華』の劇中音楽を手がけることが発表された。葉加瀬にとって、映画全編の音楽を担当するのは今回が初となる。また、併せて劇中カットが初公開された。@@cutter 本作は、三代目 J Soul Brothersの登坂広臣と中条あやみが共演するラブストーリー。登坂は、ガラス工芸家を目指すぶっきらぼうだがまっすぐな青年・綿引悠輔を、中条は幼い頃から病弱で、余命宣告を受けながらもフィンランドに行って赤いオーロラを見ることを夢見る平井美雪を演じる。メガホンを取るのは映画『orange‐オレンジ‐』『羊と鋼の森』の橋本光二郎監督。脚本を『8年越しの花嫁 奇跡の実話』『ひよっこ』の岡田惠和が手がける。  音楽を手掛けた葉加瀬は、同名の楽曲が映画のモチーフになっていることについて、「『雪の華』のメロディを何とか僕のヴァイオリンで表現したいと考え、オープニングとエンンディングにもってくることにしました」とコメント。  今回、初めて全編を通して映画音楽を手掛けることについて、「同じ曲が調を変えテンポを変えて、何度も出てくることによってどんどん心に積まれていき、最後にクライマックスを迎えるというのが僕の好きな映画音楽です。作品全体を通して、徐々に心に染みていくのが理想ですね。それは、すべての音を手掛けるからこそ初めて出来ることで、とても楽しい作業でした」と、喜びを語っている。  併せて初公開された劇中カットでは、悠輔が笑顔でクリスマスツリーを運ぶ姿、美雪が満開の桜の枝を掴もうと手を伸ばす姿、フィンランドの雪景色の中で見つめ合う2人の姿が収められており、フィンランドと東京で織りなす2人のラブストーリーの一端を見ることができるものとなっている。  映画『雪の華』は2019年2月1日より全国公開。

  • 『雪の華』第1弾ビジュアル

    登坂広臣×中条あやみ『雪の華』、あの名曲が流れる特報公開

    映画

     三代目J Soul Brothersの登坂広臣と女優でモデルの中条あやみが共演する映画『雪の華』の公開日が2019年2月1日に決定し、第1弾ビジュアルと特報映像が解禁となった。中島美嘉の歌う『雪の華』が流れる特報映像には、登坂と中条が東京とフィンランドを舞台に織りなす期間限定の恋模様が収められている。@@cutter 本作のヒロインは、余命を宣告された美雪(中条)。彼女は両親が出会った約束の地・フィンランドでオーロラを見ることと、人生で初めての恋をすることを願っていた。ある日、ひったくりにあった美雪は、ガラス工芸家をめざす青年・悠輔(登坂)に助けられる。悠輔が男手一つで兄弟を育てており、働く店が危機に陥っていると知った美雪は「私が出します、100万円。その代わり1ヵ月、私の恋人になってください」と、期間限定の恋人になることを持ちかける。  解禁となったビジュアルでは、本編の半分が撮影されたフィンランドの美しい雪景色の中で、さまざまな思いを胸に切ない表情を浮かべる悠輔と美雪の姿が対になり、壮大なラブストーリーの幕開けを予感させるデザインとなっている。  特報映像は、余命宣告を受けた美雪が、差し迫った声で「1ヵ月…1ヵ月でいいので、私の恋人になってください」と悠輔に切願する“2人のはじまり”、そして「余命1年、私の夢――恋がしたい。」という、胸を締め付けるような美雪の思いを映し出す。  また、ハンバーガーを食べる悠輔とそれを楽しそうに見守る美雪、帰りに最後まで美雪を見送る悠輔、フィンランドで初めて手をつなぐ二人…といったデートシーンも。一見そっけない態度とは裏腹に優しさを見せる悠輔に、期間限定と知りつつ惹かれていく美雪と、美雪の明るさや純粋な想いにどんどん心が溶かされていく悠輔。ぎこちなくも初々しい想いを互いに募らせていく二人の姿に、中島の透んだ歌声と歌詞が重なる映像となっている。  映画『雪の華』は、2019年2月1日より全国公開。

  • (左から)映画『雪の華』に出演する登坂広臣、中条あやみ

    中島美嘉のラブソング『雪の華』、登坂広臣&中条あやみ主演で映画化

    映画

     歌手・中島美嘉の冬のラブソングの定番『雪の華』が、登坂広臣と中条あやみ主演で映画化されることが発表された。登坂は「僕自身が普段アーティストとして活動しているからこそ、中島美嘉さんの楽曲『雪の華』をモチーフとした作品に携われることを光栄に思います」とコメントを寄せている。@@cutter 登坂が演じるのは、ガラス工芸家を目指すぶっきらぼうだがまっすぐな青年・綿引悠輔。中条は幼い頃から病弱で、余命宣告を受けながらも憧れの地・フィンランドに行くことを夢見る平井美雪に扮する。また、美雪の母親・平井礼子役で高岡早紀、悠輔らを見守る先輩・岩永役で浜野謙太、美雪の担当医師・若村役で田辺誠一も出演。監督は『orange‐オレンジ‐』や『羊と鋼の森』で知られる橋本光二郎。脚本は『8年越しの花嫁 奇跡の実話』、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』などの岡田惠和が担当する。  解禁になった20秒の超特報映像は『雪の華』のイントロに乗せて「神様、どうか一度だけ、私に恋をください。」という美雪の願い、そしてフィンランドと東京それぞれの美しい景色、さらには雪の中で切なげに見つめ合う悠輔と美雪の姿を映し出す。登坂はフィンランドでの長期ロケを敢行した本作での撮影を「同じアーティストとして楽曲に対して感じたことを、自分なりに落とし込みながら、作品の世界観や悠輔という役と向き合ってきました」と回想している。  一方の中条は「美雪を演じていて、人は誰かを一生懸命愛し、愛される為に生まれてきたんだなと感じました。そんな美雪の姿に私自身も、勇気付けてもらったように、1人でも多くの方に美雪のパワーが届きますように」と願いを込める。  また、中島も「私がこの曲をはじめて歌ったのは丁度15年前で、映画になると知ったときはビックリしましたが、良い曲というのは時代を超えるんだなということを今、あらためて感じています」とコメント。さらに「登坂さんと中条さんが演じることで『雪の華』という曲自体にも新しい見え方が生まれると思いますし、本当にこの曲を歌わせてもらって良かったと改めて感じています」と作品の出来に期待を寄せている。  映画『雪の華』は2019年2月に全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access