クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

ねことじいちゃん 関連記事

  • (左から)映画『ねことじいちゃん』初日舞台挨拶に登場した立川志の輔、柴咲コウ

    柴咲コウ、猫との生活は「苦労でもあり幸せ」 あふれる猫愛を明かす

    映画

     女優の柴咲コウが2月22日の“猫の日”に都内で、映画『ねことじいちゃん』の初日舞台挨拶に登壇。「苦労でもあり幸せ」と猫への浅からぬ思いを語ったり、劇中の猫と壇上で触れ合ったりして終始笑顔を見せた。@@cutter 本作は、イラストレーター・ねこまきの同名漫画を原作とする実写映画。妻に先立たれ、島で愛猫・タマと一緒に暮らす大吉の日常を描く。監督は『岩合光昭の世界ネコ歩き』(NHK‐BSプレミアム)の岩合光昭、主演は落語家の立川志の輔が務める。。  今回のイベントには主演の立川志の輔や柴咲の他、小林薫、柄本佑、銀粉蝶、山中崇、葉山奨之、岩合監督が出席。  主人公・春山大吉に扮した志の輔は、映画初主演。「監督は、猫のことばっかり。特に私との時は、『OK!』と言った後(撮影でカットがかかった後)はタマへ寄っていって『タマ、お前はなんて素晴らしい…!』とワンカット、ワンカット抱きしめる。私のことは1度も抱かなかった」と述懐。また撮影のリハーサルでは、猫の代わりに「ぬいぐるみを使っていた」と明かし、「アスファルトの長い道を、私が先に歩いて、タマが後ろからついてくるシーンは、(リハーサルで)ぬいぐるみを引きずりながら歩いた。カメラやスタッフは遠くにいる。島の方々も遠くから見ている。何度もぬいぐるみを引きながら歩く私を、何だと思っただろうか」と話し、会場の笑いを誘った。  島の人々や猫たちを夢中にする女性・美智子を演じ、自宅でも猫を飼っている柴咲。猫について「スゴく身近な存在」と述べ、「ウチの猫は真っ白で、保護猫。本当に賢くて、目を合わせると飛び乗ってくる芸ができる。でも最近は、ちょっとでも目が合うと、お皿とかお鍋とか持っていても、飛び乗ってこようとするので大変危険。あとセーターを着てると(肩に乗ってきた時に)ビロビロになっちゃったりする。それが苦労でもあり幸せなところでもある」と目尻を下げた。  映画初監督の岩合監督は、劇中で田中裕子と共演した子猫が「撮影後、僕のところにご褒美としてやって来た。一緒に暮らしている」と告白。出演した猫たちに感謝を述べ、「本当に皆、いい子だね!」と笑顔を見せた。会場には、タマを演じた猫・ベーコンらも登場。共演者らがそれぞれ猫を抱え、笑みをこぼしていた。  映画『ねことじいちゃん』は、全国公開中

  • 岩合光昭監督&主人公の愛猫を演じたベーコン、『ねことじいちゃん』インタビュー

    全シーンに猫を! 猫撮影の達人・岩合光昭監督の並々ならぬこだわり

    映画

     妻を亡くし、愛猫とふたりで暮らす元教師・大吉の日々を綴った人気コミックを、『岩合光昭の世界ネコ歩き』(BSプレミアム)で知られる動物写真家の岩合光昭が監督した注目作『ねことじいちゃん』が公開。映画初主演となる立川志の輔と共に、主演を張っていると言っていい猫のタマ役に抜擢されたベーコンを、「これまで見てきた何万匹という猫のなかでもベスト3!」とメロメロの岩合監督に作品と猫の魅力を聞いた。@@cutter 大吉じいちゃんを中心とした、島の人々の人生ドラマとして染み入る本作だが、岩合監督が撮るからには否が応でも猫好きが満足する猫映画としての期待も注がれる。それは監督自身も承知しており、たたき台となる脚本を読んで、こうリクエストしたという。  「猫の出演箇所が少ないと感じたんです。僕が監督するということを期待してくれる人たちの期待に応えるというと大仰だけれど、どうすればいいかと考えたとき、全シーンに猫が出てくればいいんだと思いました。日本映画では初めてでしょうが、だからこそ挑戦しがいがある。全シーンに猫を。そのことは最初にお願いしました」。 @@insert1  果たして完成作には、どのシーンにも猫が登場。人間のドラマとともに、岩合監督らしい猫に寄り添った映像が溢れる。そんなチャレンジングな作品を共にした役者陣にも監督は感謝。  「本当に素晴らしい俳優さんたちが集まってくださいましたが、本読みのときに、まず『この映画は猫の映画です』とお伝えしたんです(笑)。それでもどうして出演してくださるんだろうと思いましたが、みなさん猫がお好きなんです。それが救いでしたし、みなさんしっかりと役作りされていますから、僕がどうのこうの言うまでもありませんでした」。  さらに完成作をスタッフや役者たちで最初に鑑賞したとき、「終わってすぐ、小林薫さんが(志の輔)師匠に駆け寄って『なんにも心配することないよ』っておっしゃったんです。師匠も初主演ということでプレッシャーを感じていたと思いますが、薫さんのそのひと言で解放されたと思います。僕自身、師匠しかいなかったと思う。とても合っていましたね」と明かした。@@separator そして何より、志の輔とともに猫のタマとしてしっかりと作品の中央に立つベーコンを「きっと僕は何万匹という猫に会ってきたけれど、ナンバー3に入るくらいすごい。素晴らしい猫です」と絶賛。「物おじしなくて人懐こい。オーディションのとき、部屋に入ってきてすぐ、壁に並んでいたスタッフひとりひとりの足元に行って挨拶を始めたんです。『可愛い! もう決まりだね』と声が上がりました」と振り返り、さらに「志の輔師匠にも来ていただいていたのですが、そこで歩いてもらったら、ベーコンが一緒に歩いてくれるんです。そして師匠の顔を2回見上げました。僕は思わず、『そ、それ、本番でお願いします!』と声を上げていました」と笑顔に。 @@insert2  この愛らしい、じいちゃんの顔を幾度も見上げながら一緒に散歩するタマ(ベーコン)の姿は、本編でしっかりと確認できる。  岩合監督ならではの映像が詰まった本作だが、ステキな画ばかりで、人間ドラマと並行して取捨選択していく編集作業はさぞ大変だったのではないだろうか。すると監督は「猫優先です」と笑って即答しつつ、次のように語った。「やっぱり猫は素晴らしいです。それに猫が居心地よく感じる場所は、絶対に人も居心地がいい。そういうシンプルなところに幸せというのはあるんじゃないかと思います」。(取材・文・写真:望月ふみ)  映画『ねことじいちゃん』は2月22日より“猫の日”ロードショー。

  • 映画『ねことじいちゃん』場面写真

    猫仲間にあいさつ&スリスリ『ねことじいちゃん』タマの散歩を追跡した本編公開

    映画

     落語家の立川志の輔が映画初主演を務め、女優の柴咲コウがヒロインを演じる映画『ねことじいちゃん』から、主人公の愛猫・タマの毎朝の散歩を追跡した本編映像が公開された。猫になった気分で島の散歩を楽しむことができる映像となっている。@@cutter 本作は、NHK‐BSプレミアムで放送中の『岩合光昭の世界ネコ歩き』で知られる動物写真家・岩合光昭が映画監督に初挑戦し、Webサイト「コミックエッセイ劇場」で連載中の同名人気コミックを実写化。ちょっとふてぶてしい猫・タマと、そんなタマの言いなりな飼い主・大吉(立川志の輔)のいとしい日々をつづっていく。 @@insert1  このたび公開された本編映像では、大吉の家を飛び出したタマが、路地を走り抜ける場面からスタート。いつも猫たちが集う井戸であいさつをして、郵便ポストの下では馴染みの猫にスリスリ。さらに、美しい浜辺や寺などを駆け回り、島中を見回り警備しているような様子を見せている。  映像の途中、島の住人たちにたびたび撫でられたり、話しかけられたりしても、堂々たる演技を見せているタマ役の猫の名前は、ベーコン(3歳)。その落ち着いた演技ぶりで、岩合監督から“スーパーキャット”と称されている。  本作の撮影では、猫たちに無理強いせず、ストレスがかからないように配慮。猫用の低い照明も用意し、猫の動きも美しく描き出されている。岩合監督の猫へのこだわりと、ベーコンの見事な演技が相まって、猫になったような気分で島の散歩を楽しめる映像となっている。  映画『ねことじいちゃん』は2月22日より全国公開。

  • 映画『ねことじいちゃん』より猫大集合の特別映像解禁!

    猫だらけのシーンにほっこり 『ねことじいちゃん』猫大集合の特別映像解禁

    映画

     落語家の立川志の輔が映画初主演を務め、女優の柴咲コウがヒロインを演じる映画『ねことじいちゃん』から、猫たちのシーンだけを集めた特別映像が解禁。映像は、自然豊かで美しい風景の中、可愛くもたくましく生きる猫たちの姿が生き生きと映し出されている。@@cutter 本作は、NHK‐BSプレミアムで放送中の『岩合光昭の世界ネコ歩き』で動物写真家・岩合光昭が映画監督に初挑戦し、Webサイト「コミックエッセイ劇場」で連載中の同名人気コミックを実写化。ちょっとふてぶてしい猫・タマと、そんなタマの言いなりな飼い主・大吉のいとしい日々をつづっていく。 @@insert1  愛知県・佐久島で35匹の猫たちと共に撮影された本作は、全シーンのどこかに必ず猫がいる。岩合監督は、今作の撮影にあたって、特別に猫用の照明も用意。猫たちの繊細な動きや表情をとらえて、人間と猫の日常を表情豊かに描き出している。  2年前に妻に先立たれ、飼い猫のタマと暮らす70歳の大吉。毎朝の日課はタマとの散歩、趣味は亡き妻の残した料理レシピノートを完成させることで、島にカフェを開いた美智子(柴咲)に料理を教わったり、のんびり毎日を過ごしていた。しかし、寒さが厳しくなったある日、大吉は倒れてしまう。息子から「東京で一緒に暮らそう。タマも」と同居を提案されるも、島を離れることに大吉が悩んでいた矢先、タマが姿を消してしまう。  特別映像は、海を背景に軽やかにジャンプする猫の姿から始まる。次いで、ぽかぽか陽気の中大あくびする猫の姿、井戸端会議をするかのように大集合する猫たち、主人公の大吉と暮らす猫・タマが花畑の中で花びらに顔をすり寄せる姿、港で船から飛び移るボス猫・とらじの姿などが、優しい音楽に乗せて映し出されていく。そのほか子猫が水を飲もうとして滑り落ちた時、ヒロイン・美智子を演じる柴咲がとっさに子猫を助ける場面も登場する。  映画『ねことじいちゃん』は2月22日より全国公開。

  • 映画『ねことじいちゃん』場面写真

    豆ごはん、いなりずし、卵焼きも『ねことじいちゃん』食卓を彩る手料理写真を公開

    映画

     落語家の立川志の輔が映画初主演を務め、女優の柴咲コウがヒロインを演じる『ねことじいちゃん』から、作中に登場するおいしそうな手料理を捉えた写真が公開された。@@cutter 本作は、ちょっとふてぶてしい猫・タマと、そんなタマの言いなりな飼い主・大吉のいとしい日々をつづり、累計35万部を超えたねこまきの同名コミックを実写映画化したもの。日本人として初めて『ナショナルジオグラフィック』誌の表紙を2度飾り、ドキュメンタリー番組『岩合光昭の世界ネコ歩き』(NHK・BSプレミアム)にも出演する岩合が初めての映画監督に挑戦する。  2年前に妻に先立たれ、飼い猫のタマと暮らす70歳の大吉。毎朝の日課はタマとの散歩、趣味は亡き妻の残した料理レシピノートを完成させること。島にカフェを開いた美智子(柴咲)に料理を教わったり、幼なじみや気心知れた友人たちとのんびり毎日を過ごしていた。しかし、寒さが厳しくなったある日、大吉は倒れてしまい、息子から「東京で一緒に暮らそう。タマも」と同居を提案される。大吉が悩む矢先、タマが姿を消してしまう。  本作を彩るのは、フードスタイリストの飯島奈美が手がけた四季折々の料理。岩合監督から「とにかくおいしそうに撮りたい」という注文を受け、現場のすぐ横にガスコンロを置いて準備し、作りたてのつやや湯気を撮影できるように気を配った。加えて、大吉の作る料理は「料理慣れしていない男性が作った料理」だということも意識し、完成系があまりきれいになり過ぎないように注意したという。春夏秋冬を撮影するため、食材もできる限り、地元で採れたものを使っている。  解禁された手料理写真は、きれいに包まれた7つのいなりずし、ほんの少し白身の残った卵焼きをはじめとした朝食、湯気が立ち上り、作り立てを思わせる土鍋入りの豆ごはんの3点。現在公開されている本予告映像でも、出来たての豆ごはんや美智子が作るタイのカルパッチョなど、おいしそうな料理の数々を見ることができる。  映画『ねことじいちゃん』は2月22日より全国公開。

  • 映画『ねことじいちゃん』本ビジュアル

    美味しそうな料理にも注目『ねことじいちゃん』予告&桜満開のポスター解禁

    映画

     落語家の立川志の輔が主演を務め、女優の柴咲コウがヒロインを演じる映画『ねことじいちゃん』から、本予告編とポスタービジュアルが解禁された。予告編は、美しい島を舞台に猫や人々が幸せに暮らす姿が、美味しそうな料理と共につづられる本作の世界観を垣間見られるものとなっている。@@cutter Webサイト「コミックエッセイ劇場」で連載中の同名人気コミックを実写化した本作は、NHK BSプレミアムで放送中の『岩合光昭の世界ネコ歩き』で人気の動物写真家・岩合光昭が映画監督に初挑戦した作品。岩合監督が劇中で登場するネコを表情豊かに描き出しているほか、フードコーディネーターとして数々の映画作品を担当してきた飯島奈美による、豆ごはんやカルパッチョ、卵焼きなど「とにかく美味しそうに」見えることにこだわった料理が、物語をさらに鮮やかに彩る。  2年前に妻に先立たれ、飼い猫のタマと暮らす大吉(立川)、70歳。毎朝の日課はタマとの散歩、趣味は亡き妻の残した料理レシピノートを完成させること。島にカフェを開いた若い女性に料理を教わったり、幼なじみや気心知れた友人たちとのんびり毎日を過ごしていた。寒さが厳しくなったある日、大吉は倒れてしまい、息子から「東京で一緒に暮らそう。タマも」と同居を提案される。島を離れるか残るか悩み始める大吉だが、その矢先にタマが姿を消してしまう。  予告編は、「ここは、じいちゃんと、ばあちゃんと、猫の島」というナレーションと共に、美しい島の風景が映し出される場面から始まる。次いで大吉がタマとのんびり散歩をしたり、料理を楽しんだりと生活を営む姿が、豆ごはんや卵焼きなど、数々のおいしそうな料理の映像と共につづられていく。また、ヒロイン役の柴咲コウが鮮やかな手つきで魚をさばき、カルパッチョを作る姿も収められている。  映像の後半では、息子に東京に行くことを提案されて悩む大吉の前からタマが姿を消してしまい、タマを探す大吉と、さまようタマの姿が映し出される。最後は夕日をバックに、海辺でタマとたわむれる大吉の姿で締めくくられる。  併せて公開されたポスタービジュアルは、満開の桜の下、タマを抱いて優しくほほえむ大吉の姿が捉えられており、その右横には笑顔を見せるキャスト陣の姿が収められている。  なお、本作の公開に合わせて、写真展「ねことじいちゃん」が、2019年1月から富山市民プラザ、日本橋三越本店を皮切りに全国巡回展示が決定しており、本作の写真集も12月に刊行予定となっている。  映画『ねことじいちゃん』は2019年2月22日より全国公開。

  • 『旅猫リポート』場面写真

    『旅猫リポート』新カット&猫欲を満たす癒やし“猫映画”を紹介

    映画

     俳優の福士蒼汰が主演し、『図書館戦争』『植物図鑑』の小説家・有川浩の原作を映画化する『旅猫リポート』より、猫の新場面写真が到着。本作には主人公の愛猫・ナナをはじめとした猫たちが登場するが、その愛らしさに、試写会で観た観客からは「猫が歩いてるだけでも可愛い」「ナナの毛並みがたまらん」といった声が続出。今回は、そんな猫の魅力をたっぷり堪能できる猫映画を紹介したい。@@cutter まずは、今月26日より公開の『旅猫リポート』。 本作は、1人の青年と1匹の猫が人間同士の関係を超えた絆を発揮する旅物語だ。心優しい猫好きの青年・悟は、交通事故に遭った野良猫のナナを助け、5年間飼い猫として共に幸せな生活を送ってきた。しかし、悟はとある事情でナナを手放さなくてはならなくなり、2人は新しい飼い主を探す旅に出発。悟の小学校時代の親友、高校時代の初恋の人など大切な人たちを順に訪ねていく。  主人公の悟を福士が演じるほか、ナナの心の声を女優の高畑充希が担当する。そして今回、新たに猫が登場する場面写真3点が解禁。場面写真には、ナナを飼育かごから出そうとする悟、ベッドの上に横になりながら舌なめずりしてみせるナナ、ソファで穏やかな寝顔をみせる猫の姿を捉えている。  続いて、ドキュメンタリー番組『岩合光昭の世界ネコ歩き』(NHK総合)で知られる動物写真家・岩合光昭が映画初監督を務めた『ねことじいちゃん』(2019年2月22日公開)。ねこまきの同名人気コミックを基に、周囲から頼られる存在だが家では飼い猫の言いなりな70歳の元教師が、親しい友人の死や自身の体の不調に直面するさまを描く。映画初主演となる落語家・立川志の輔が元教師を、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で主演となった柴咲コウがヒロインを演じる。  さらに、来年公開予定の猫映画が『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』。本作は、西炯子の同名漫画を倍賞千恵子、藤竜也、市川実日子の初共演となるキャストで実写映画化。3人の子どもを育て上げ、猫のチビと穏やかに晩年を暮らしている勝(藤)と有喜子(倍賞)の夫婦。夫の勝との暮らしは静かで平穏ではあったが、妻の有喜子にはある不安があり、娘の菜穂子(市川)に「お父さんと別れようと思っている」と打ち明けてしまう。そんな時、チビが姿を消し、その存在を心の拠りどころにしていた有喜子の気持ちは追い詰められていき…。  来年にかけて、続々と公開される猫映画。世界中の人たちが猫を愛しかわいがる時代である今、映画に登場する猫たちの魅力にも注目し、たっぷりと癒やされてほしい。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access