サスペリア 関連記事

  • ルカ・グァダニーノ監督、『サスペリア』インタビュー

    “『サスペリア』の全てを自分の肉体にしたい” 監督が語るオリジナルへの狂愛と再構築

    映画

     17歳の少年と24歳の青年が織りなすひと夏の恋を描いたラブストーリー『君の名前で僕を呼んで』で、昨年、大きな話題を呼んだイタリアの名匠ルカ・グァダニーノ監督。次回作に注目が集まるなか、彼が選択したのは、なんとカルトホラーの金字塔『サスペリア』のリメイクだった。この極端な振り幅に驚いた映画ファンも多いと思うが、彼はなぜ、今、このタイミングで、ここに行き着いたのか? 来日中のルカ監督本人にその真意を聞いた。@@cutter 本作は、1977年に製作された鬼才ダリオ・アルジェント監督の伝説的ホラーをルカ監督が再構築した衝撃作。70年代のドイツ・ベルリンを舞台に、ダンサーたちが次々と行方不明となる名門舞踊団に隠された秘密に肉迫する主人公の姿を描く。『フィフティ・シェイズ』シリーズのダコタ・ジョンソンが主人公スージー役を務めるほか、『フィクサー』のティルダ・スウィントン、『キック・アス』のクロエ・グレース・モレッツ、さらにはアルジェント監督版でスージーを演じたジェシカ・ハーパーらが出演。音楽は、「ホラーを煽るだけの音楽は作らない」ことを条件に、ルカ監督自らが口説き落としたレディオヘッドのトム・ヨークが担当。その初劇伴とは思えないおぞましくも官能的なメロディは、前作で伝説的なサウンドを生み出したプログレッシブバンド・ゴブリンにはない新たな世界観を醸し出している。 ●『サスペリア』への人喰い的な愛  10歳のとき、サマーキャンプで訪れた北イタリアの映画館で『サスペリア』のポスターを目撃し、「その強烈なヴィジュアルからイメージがどんどん広がっていった」というルカ監督。そして3年後、国営テレビで同作が放送されることを知った彼は、1人で部屋にこもり、鍵をかけ、その作品の世界に酔いしれた。「剥き出しの狂気、ゴブリンのかつてない異様な音楽、魔女という概念が持つ魅惑的な力…私は恐怖に怯えながらも気持ちが高揚するのを感じた。“もっとこの作品を詳しく知りたい”という思いから図書館に通い詰め、夢中になって公開当時の新聞記事を読み漁った」。 @@insert1  ルカ少年を狂喜乱舞させた『サスペリア』は、やがて映画作家となる彼に大きな影響を与えた1作であることは間違いない。だが、そこまで作品に惚れ込むと、通常は自身の大切な宝物として胸に刻み、その聖域には決して足を踏み入れないもの。なぜ“リメイク”という発想が生まれたのか?「それは、カニバリズム(人喰い)的な愛と言えるかもしれない。昔、自分が求めている人を愛するがあまりに食べてしまう男の話を本で読んだことがあるが、私はその内容に激しく動揺しながらも、“愛”というものが何なのかを同時に教えられた。もちろん私は人喰い人種ではないけれど(笑)、『サスペリア』に関しては、その全てを自分の肉体にしてしまいたいという愛が強かったのだと思う」。@@separator●女性の中にある“闇”を探る  人喰い的な愛…あの美しくも切ない『君の名前で僕を呼んで』を作った監督とはとても思えない衝撃的な告白にしばし絶句するが、その真意を聞いて腑に落ちた。「この作品は単なる魔女映画ではない。女性の素晴らしさを称えながらも、女性の中にある“闇”のようなものを探る映画だ。母親は命を産み出すと同時に、自分の子供を操ろうとし、ときに敵になる場合がある。その局面が私にとって非常に興味深いテーマだった」と強調。そしてあくまでも「自分の表現でそのテーマをさらに掘り下げ、再構築してみたかった」と熱弁を振るうルカ監督の胸中には、前作をなぞり自己満足に耽る安易な発想は微塵もない。 @@insert2  若い頃、ダリオ監督をインタビューする機会に恵まれ、以降、長年にわたり親交を温めてきたというルカ監督。彼のためだけに試写会を開き、完成した作品を披露したそうだが、ダリオ監督は「とてもデリケートで、インテリジェンスに富んだ映画。私が作ったものはもっと猛々しかった」と公式のコメントを出した。これに対してルカ監督は、「私から言わせれば、彼の映画はまるでおとぎ話のようで、私の作品以上にデリケートだったよ」とニッコリ。師弟関係とも言える2人が、お互いに「君の映画はデリケートだ」と言い合っているところが実にユニークだが、その判断は観客に委ねよう。  振り返れば、ルカ監督が『サスペリア』のリメイク権を取得したのが2008年。当初、ほかの監督、キャストで製作する予定だったが、ある理由からその可能性がなくなり、「じゃあ、私が監督しよう」と手を挙げた。ところが、「当時は今のように映画製作の資金を簡単に集められるポジションにはいなかった。だから結局、10年もかかってしまった」と苦笑いを浮かべるルカ監督。ある意味、『君の名前で僕を呼んで』の高い評価と大ヒットがリメイク版製作への道を拓いてくれたといっても過言ではないだろう。(取材・文・写真:坂田正樹)  映画『サスペリア』は1月25日より全国公開。

  • 『サスペリア』でティルダ・スウィントン演じる(左から)マダム・ブラン、クレンペラー博士

    ティルダ・スウィントンが怪演 『サスペリア』見た目では分からない衝撃の1人3役

    映画

     オスカー女優のティルダ・スウィントンが、映画『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督が傑作イタリアン・ホラーを再構築した『サスペリア』で、まったく異なるタイプの3役を怪演していることがわかった。@@cutter 本作は70年代のドイツを舞台に、名門バレエ・カンパニー「マルコス・ダンス・カンパニー」に巣食う禁断の秘密を描いた1977年公開の同名映画を、グァダニーノ監督がオリジナルとは異なる視点で大胆にアレンジした作品。女優のダコタ・ジョンソンが主演を務め、劇伴初となるロックバンド、レディオヘッドのトム・ヨークが音楽の全プロデュースを務めている。  1977年。新人ダンサーのスージー・バニヨン(ダコタ)は、ベルリンを拠点とする世界的に有名な舞踊団「マルコス・ダンス・カンパニー」に入団するため、夢と希望を胸にアメリカからやってきた。初のオーディションでカリスマ振付師マダム・ブランの目に留まり、すぐに大事な演目のセンターに抜てきされる。そんな中、レッスンを続けるスージーのまわりで、ダンサーが次々と失踪。一方、心理療法士クレンペラー博士は、患者であったダンサー(クロエ・グレース・モレッツ)の行方を探すうち、舞踊団の闇に近づいていく。やがて舞踊団に隠された恐ろしい秘密が明らかとなり、スージーの身にも危険が迫る…。  今作でティルダが演じるのは、カリスマ振付師マダム・ブラン、クレンペラー博士を含む計3役。1役目のマダム・ブランは、ダンサーたちから絶大な信頼を寄せられる指導者である一方、舞踊団の長老たちとともに禁断の秘密を抱えるキャラクター。2役目のクレンペラー博士は、ルッツ・エバースドルフという名義で本編にクレジットされているが、この役もティルダが演じている。クレンペラー博士に扮する際は、特殊メイクによって82歳の男性心理療法士に変貌。妻と生き別れになり心に大きな悩みを抱えるキャラクターを見事に演じきっている。  残るもう1つの役の詳細は明かされていないものの、ほかの役柄とはまた異なる、衝撃的な怪演を披露しているという。本作でティルダと4度目のタッグを組んだグァダニーノ監督は「ティルダはいとも容易く、いつだって最高の演技をする。彼女には、言葉で言い表せられないほどいつも感動してきた」とその演技力を絶賛している。  映画『サスペリア』は1月25日より全国公開。

  • 映画『サスペリア』日本オリジナルポスタービジュアル

    『サスペリア』本予告&日本オリジナルポスタービジュアル解禁

    映画

     女優のダコタ・ジョンソンが主演を務め、映画『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督が傑作イタリアン・ホラー映画を再構築した映画『サスペリア』から、ショッキングな内容を匂わせる本予告映像と日本オリジナルポスタービジュアルが解禁された。@@cutter 本作は70年代のドイツを舞台に、名門バレエ・カンパニー「マルコス・ダンス・カンパニー」に巣食う禁断の秘密を描いた1977年公開の同名映画を、グァダニーノ監督がオリジナルとは異なる視点で大胆にアレンジした作品。本年度のヴェネチア国際映画祭コンペティション部門で上映された際、歓声と怒号の入り混じる賛否両論が巻き起こり、「本年度最大の問題作」と大きな話題を集めた。劇伴初となるロックバンド、レディオヘッドのトム・ヨークが音楽の全プロデュースを務めている。  解禁された本予告映像では、アメリカからやってきた主人公スージー・バニヨン(ダコタ)がカリスマ振付師マダム・ブラン(ティルダ・スウィントン)の指導の下、レッスンに励む中、カンパニー所属のダンサー、パトリシア(クロエ・グレース・モレッツ)を探す父親に遭遇する場面で雰囲気が一変。  奇妙な笑い声を上げる女性、赤いロープ以外何も身に付けていないダンサーたちが一心不乱に踊る姿、何者かを目がけて振り下ろされる鋭利な鎌などが次々と登場した後、原作のキーフレーズと同じ「決してひとりでは見ないでください」というナレーションで幕を下ろすという、センセーショナルでショッキングな展開を予感させる内容となった。  また、日本オリジナルポスタービジュアルでは、力強い表情を浮かべたスージーの背後に、思い思いの官能的なポーズを取るダンサーたちとその上に君臨するマダム・ブランが真っ赤に染まった姿で配置され、斬新なビジュアルに仕上がっている。グァダニーノ監督は「素晴らしいポスター。この日本のポスターが僕は世界のいろんなバージョンの中で一番好きかもしれない(笑)」と、本ポスタービジュアルを絶賛し、太鼓判を押している。    映画『サスペリア』は2019年1月25日より全国公開。

  • 映画『サスペリア』メインビジュアル

    トム・ヨークの不穏な音楽が流れる『サスペリア』予告&場面写真解禁

    映画

     女優のダコタ・ジョンソンを主演に迎え、映画『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督が傑作イタリアン・ホラー映画を再構築した映画『サスペリア』のティザー予告が解禁。音楽を手掛けたレディオヘッドのトム・ヨークによる不穏なメロディーが流れる中、美しくも恐ろしい、予想のつかない物語の展開を予見させるものとなっている。@@cutter 本作は70年代のドイツを舞台に、名門バレエ・カンパニー「マルコス」に巣食う禁断の秘密を描いた1977年公開の同名作品を、グァダニーノ監督がオリジナルとは異なる視点で大胆に再構築した作品。本年度のヴェネチア国際映画祭コンペティション部門で上映された際には、その内容に賛否両論が巻き起こった。ダコタのほかに、ティルダ・スウィントンやクロエ・モレッツらが出演する。  予告編は、雨の中、ひとりの女性が名門バレエ団を訪れるシーンからスタート。一心不乱に踊る主人公のスージー・バニヨン(ダコタ)の姿が映された後、「そこには悪魔が巣くってる」というセリフが続く。そしてカリスマ振り付け師マダム・ブラン(ティルダ)やバレエ団の長老たち、ほぼ全裸に赤いロープだけの衣装を身に付けて不気味に踊るダンサーたち、壁をのぼる女性、振り上げられる凶器といった恐怖体験を予見させる映像が次々と展開。1977年公開のオリジナル版『サスペリア』で、当時日本中を席巻したキャッチコピー「決してひとりでは見ないで下さい」という忠告で、映像は幕を閉じる。  併せて解禁された場面写真は、力強く正面を見据えるスージーの姿をはじめ、ティルダ演じるマダム・ブラン、赤いロープを身に付けたダンサーたち、女性と手を握り合うスージーの姿が収められている。  映画『サスペリア』は2019年1月公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access