ジュリアン

終わりなき家庭内暴力、その衝撃的な結末とは?

【解説/みどころ】
これが長編デビュー作となるグザヴィエ・ルグラン監督が、第74回ヴェネチア映画祭で銀熊賞を受賞した社会派サスペンス。家庭内暴力によって引き裂かれたある家族の運命を、息詰まるほどの緊迫感をこめて映し出す。『クレイマー、クレイマー』『シャイニング』を念頭に、脚本を執筆したというルグラン監督のシャープな演出が冴える衝撃作だ。


【ストーリー】
夫アントワーヌの暴力に耐えかねて離婚したミリアム。しかし裁判所の裁定で親権が共同となり、彼女と暮らす11歳の息子ジュリアンは週末ごとにアントワーヌと過ごすことに。ジュリアンは父に脅えながらも、母を守るため自分たちの新居の場所を隠す努力をする。

キャスト
レア・ドリュッケールドゥニ・メノーシェトーマス・ジオリアマティルド・オネヴマチュー・サイカリフロランス・ジャナスサディア・ベンタイエブソフィー・パンスマイユエミリー・アンセルティ=フォルメンティニ
スタッフ
監督: グザヴィエ・ルグラン 脚本: グザヴィエ・ルグラン
原題
JUSQU'A LA GARDE
上映時間・制作年
93分/2017年
制作国
公式サイト
https://julien-movie.com/
配給
アンプラグド

ジュリアンの関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access